遊楽部

何問読める?北海道民でも読めそうで読めない北海道の「難読地名クイズ」全10問

アイヌ語が地名の由来になっていることが多い北海道。一見すると何と読むか分からない地名がたくさんあります。

今回は、北海道民でも苦戦してしまうかもしれない難読地名をご紹介します! ぜひお友達や家族とチャレンジしてみてくださいね。

Q1:音調津

A1:おしらべつ

”音”をどう読むかがポイント。感じも読みの響きもどことなく上品な感じがしますね!

アイヌ語で「磯多き所」という意味なんだそう。

【もっと詳しく】どこか音楽っぽい?広尾が奏でる読めそうで読めない「音調津」【北海道難読地名クイズ】

Q2:苫鵡

A2:とまむ

由来となったのはアイヌ語の「トマム(Tomam)」で、「湿地」を意味する言葉。

リゾート地としても有名で冬はスキーなどのウインタースポーツ、夏は雲海などが楽しめます!

カタカナ表記が多いそうですが、一部の飲食店や郵便局などでは漢字での表記を用いているところもあるそうですよ。

【もっと詳しく】漢字で書くとわからない!? 一度は聞いたことがある北海道のリゾート地「苫鵡」【難読地名クイズ】

Q3:財田

A3:たからだ

ついつい「ざいた」って読んでしまいそうになりますが、もちろん違います。”財”と書いて”たから”とよみます。

財田は洞爺湖のほとりにある、のどかな土地。キャンプなどにもおすすめですよ!

【もっと詳しく】ざいた…じゃないならなんて読む?この夏に行きたい「財田」【北海道難読地名クイズ】

Q4:比布町

A4:ぴっぷちょう

なんだかかわいらしい名前ですね! 町の名前なのでさすがに簡単すぎでしょうか?

比布町は、「世界一大雪山がきれいに見えるまち」といわれています。大雪山の真正面にある町で、連なる山々を端から端まで眺めることができますよ。

【もっと詳しく】簡単な漢字なのに読めない…大雪山が世界一きれいに見える場所「比布」【北海道難読地名クイズ】

Q5:歌棄

A5:うたすつ

なんとか読めそうなレベルでしょうか……?

アイヌ語としての意味は「砂浜・の根元」。どうやら漢字とは関連性がなさそうですね。かきを始めとする海の幸が楽しめる場所としても有名な地です!

【もっと詳しく】【北海道難読地名クイズ】平安貴族が怒っちゃう?読めそうなのに読めない「歌棄」

Q6:焼尻島

A6:やぎしりとう

ブランド羊の放牧が盛んに行われている地としても有名な焼尻島。残念ながら”やぎ”はいないそう。

島の3分の1が、天然記念物に指定されている原生林におおわれる自然豊かな地域です。

【もっと詳しく】【北海道難読地名クイズ】道民なら読めて当然?大自然とヒツジの島「焼尻島」

Q7:忍路

A7:おしょろ

初見で読むのは難しそうですね……。

アイヌ語で湾、「尻のような窪み」を意味するオショロ・コッが、その由来。港町であることをうかがわせます。

【もっと詳しく】【北海道難読地名クイズ】小樽市民しか読めない?お忍びで訪れたい漁村の風貌「忍路」

Q8:一已

A8:いちやん

“已む”は“やむ”と読むので、“む”が“ん”に変わったと考えればそんなに難しくないのかもしれませんね。

桜と道内では珍しいカタクリの名所としても有名です。

【もっと詳しく】【北海道難読地名クイズ】パッと見簡単?読めそうで読めない「一已」は桜とカタクリの名所

Q9:生振

A9: おやふる

”生”は”おや”と読みます。アイヌ語が由来で、旧石狩川に沿って東西に伸びていた丘を指す「川尻の丘」という意味なんだそう。

川に囲まれたこの土地ならではの名前ですね。冬にはワカサギ釣りが体験できますよ!

【もっと詳しく】【読めそうで読めない地名クイズ】あなたは生を何と読む?氷上ワカサギ釣りができる「生振」

Q10:遊楽部

A10: ゆうらっぷ

鹿部町や興部町につられて“べ”や“ぺ”と読んでしまった人もいるかもしれません。

渡島管内八雲町にある地名で、公園や川の名前として今も親しまれています。温泉が多いことでも有名。

【もっと詳しく】ゆうらくぶ、じゃないですよ!酪農の町・八雲に残る「遊楽部」【北海道難読地名クイズ】

 

北海道の難読漢字、みなさんはいくつ読むことができましたか?

北海道を訪れた際には、ぜひ地名に注目してみてくださいね!

※こちら記事は北海道Likersの過去掲載記事をもとに作成しています。

⇒こんな記事も読まれています

さすがに読めない?全問正解できたらすごい「漢字3文字」の北海道難読地名クイズ全5問

道民なら読める?噛むほど旨味があふれてくる北海道の定番おつまみ「冬葉」