よつ葉のソフトクリーム

寄るたびに食べちゃう…!北海道・道の駅おすすめ「濃厚ソフトクリーム」6選

北海道といえば、乳製品を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか? 広大な土地で育った牛からとる牛乳はとっても濃厚。今回はそんな牛乳から作られた濃厚ソフトクリームをご紹介します!

道の駅で楽しめるので、ドライブの目的地にしてみるのもいいかもしれませんね。

1:ミルキーベル / サーモンパーク千歳(千歳市)

「サーモンパーク千歳」の魅力はレストランがとても充実しているところ。なかでも「ミルキーベル」のソフトクリームは絶品! 千歳市にある細澤牧場でとれた牛乳を100パーセント使用しており、北海道ならではの濃厚なソフトクリームが楽しめます。

さらに濃厚さを求めるなら『ワッフル練乳ミルク』がおすすめ。ソフトクリームと練乳の甘さが口いっぱいに広がりますよ。

<施設情報>
■施設名:サーモンパーク千歳
■住所:千歳市花園町2丁目4-2
■電話番号:0123-29-3972
■営業時間:9~20時30分
■定休日:年末年始(12月29日~1月1日)

■店舗名:ミルキーベル細澤牧場 サーモンパーク店
■電話:080-6079-7527
■営業時間:10~18時

千歳ってどんなところ?
#千歳グルメ #新千歳空港

【もっと詳しく】絶品と話題のピザって?見どころ満載の道の駅「サーモンパーク千歳」(2021年6月9日掲載)

2:THE SANDO / 道の駅 かみしほろ(上士幌町)

「道の駅 かみしほろ」にある「THE SANDO」は十勝産の素材を使った“ふんわり、しっとり”の新感覚のモダンサンド専門店。『チョコレートナッツサンド』や、『アンサンド』、『ポテトサラダサンド』などいろいろな種類のサンドがあります。

そして楽しめるのは、サンドだけではありません。『モダンソフトミックス』はソフトの巻が大きいタイプで口当たりがふんわり! 写真右側はミルクとほうじ茶のミックス。味も濃厚でとてもおいしいですよ!

<施設情報>
■施設名:道の駅 かみしほろ
■住所:河東郡上士幌町字上士幌東3線227番1
■電話番号:01564-7-7722
■営業時間:9〜18時(4月末から10月上旬)、9〜17時(10月下旬〜4月上旬)
■定休日:年末年始

■店舗名:THE SANDO
■電話番号:01564-7-7722
■営業時間:9~17時

【もっと詳しく】まるでオシャレなカフェのよう!地元の人もトリコになる「道の駅 かみしほろ」(2021年5月2日掲載)

3:よつ葉 / 道の駅パパスランドさっつる(清里町)

斜里郡清里町にある「道の駅パパスランドさっつる」。“パパス”とはスペイン語で“じゃがいも”という意味があり、特産品のじゃがいもから名付けられました。天然温泉も併設した、毎日にぎわっている印象の道の駅です。

ここで楽しめるのは、「よつ葉」のソフトクリームのテイクアウト。カップで販売されています。

あっさりした甘さのソフトクリームで、温泉後に食べるとさらにおいしく感じますよ!

<施設情報>
■施設名:道の駅 かみしほろ
■住所:河東郡上士幌町字上士幌東3線227番1
■電話番号:01564-7-7722
■営業時間:9〜18時(4月末から10月上旬)、9〜17時(10月下旬〜4月上旬)
■定休日:年末年始

【もっと詳しく】おいしい中華ここにあり!天然温泉と中華料理で癒される「清里町の道の駅」(2021年5月12日掲載)

4:道の駅とようら(豊浦町)

胆振地域の西端に位置する豊浦町はイチゴとホタテの名産地として知られており、「道の駅とようら」では特産のイチゴのソフトが楽しめます。

『いちごソフト』400円(税込)は、豊浦産イチゴの手作りジャムを北海道産の生乳で作ったソフトクリームに練り込んだ人気の商品。

ジャムには地元生産者が育てた多品種のイチゴを使用し、加える材料は砂糖とレモン汁だけ。シンプルに素材の味を楽しむことができるソフトクリームです!

<施設情報>
■施設名:道の駅とようら
■住所: 虻田郡豊浦町字旭町65番地8
■電話番号:0142-83-1010
■営業時間:9~17時(テイクアウト 10~16時)
■定休日:なし

【もっと詳しく】サクサクのホタテフライの虜!名産のイチゴやホタテを味わえる「道の駅とようら」(2021年4月13日掲載)

5:道の駅サンフラワー北竜(北竜町)

“ひまわりの里”として有名な町、北竜町。そんな北竜町でぜひ訪れてほしいのが「道の駅サンフラワー北竜」。さまざまなグルメを楽しめる道の駅です。

北竜町は“黒千石大豆(くろせんごくだいず)”の名産地でもあり、売店では『ひまわりソフト』や『黒千石ソフト』を味わうことができます!

『黒千石ソフト』は“黒千石きな粉”の香ばしいトッピングと、濃厚でクリーミーなソフトクリームが相性抜群です。

<施設情報>
■施設名:道の駅サンフラワー北竜
■住所:雨竜郡北竜町字板谷163番地2(国道275号沿い)
■電話番号:0164-34-3321
■営業時間:8~22時(売店 8~21時)
■定休日:年中無休(施設メンテナンスのため11月中旬に3日間の休館予定)

【もっと詳しく】圧巻のひまわり畑は見もの!竜がお出迎えしてくれる道の駅「サンフラワー北竜」(2021年7月6日掲載)

6:知床食堂 / 道の駅 知床・らうす(羅臼町)

「知床食堂」さんは「道の駅 知床・らうす」の2階にあります。おいしい海鮮丼が食べられる食堂として有名ですが、実はほかにもイチオシメニューが!

きれいな青色をしたソフトクリーム『知床深層水バニラソフト』。バニラの甘さの中にほんのり塩味がする、ちょっぴり変わり種のソフトクリームです。

さっぱりしているのでお腹いっぱいでも食べられちゃいます。食後のデザートとしてもおすすめですよ!

<施設情報>
■施設名:道の駅 知床・らうす
■住所:目梨郡羅臼町本町361-1
■電話番号:0153-87-5151
■営業時間:9~17時(4~9月)、10~16時(11~3月)
■定休日:年末年始(12月28日~1月5日)

■店舗名:知床食堂
■電話番号:0153-87-4460
■営業時間:8~18時30分L.O.(5月上旬~10月下旬)、8~16時30分L.O.(11月初旬〜4月下旬)

【もっと詳しく】キラキラの海鮮がまぶしい!海の幸の宝庫、羅臼町で味わう「前浜海鮮丼」(2021年5月8日掲載)

 

気になるソフトクリームは見つかりましたか?

どんどん暑さが増していくこれからの時期にはぴったりのスイーツなので、ぜひチェックしてみてくださいね!

※こちらの記事は北海道Likersの過去掲載記事をもとに作成しています。メニューや営業時間はお店の公式SNS等でご確認ください。

⇒こんな記事も読まれています

オムライスが感動のおいしさ…!まるでタイムスリップしたみたいなレトロ喫茶店(中標津町)

口いっぱいにほお張りたい…!絶品の「サンドイッチ」が食べられるおしゃれカフェ6選