TOP > 知る > 滝川市まるわかり情報【観光・グルメ】
滝川市の菜の花畑

滝川市まるわかり情報【観光・グルメ】

北海道の中央に位置する滝川市は、味付けジンギスカン発祥の地。美しい空と澄んだ風を感じられるグライダー体験もできます。

滝川市の基本情報

所在地

滝川市は、北海道のほぼ中央、札幌市と旭川市の中間に位置します。

面積

115.90km2

人口

39,225人・21,242世帯*

*令和3年1月末現在

由来

滝川市の語源は、アイヌ語の「ソーラプチ」=「滝下る所」を意訳したものです。  また、空知川の中流には滝のような段差がありアイヌの人々から「ソーラプチペツ」= 「滝のかかる川・滝の川」と呼ばれており、滝川という地名がつけられました。

引用:滝川市のプロフィール(歴史) / 滝川市ホームページ

滝川市へのアクセス

<札幌からのアクセス>

JRと車の利用が可能です。

JRは、特急の利用で約50分。車は高速道路利用で1時間~1時間30分程度です。

<道外からのアクセス>

飛行機で「新千歳空港」もしくは「旭川空港」へ向かい、そこから滝川市へアクセスできます。

「新千歳空港」からは電車で約85分、「旭川空港」からはバス、JRの利用で2時間ほどです。

滝川市の気候

夏と冬の気温の差の激しい内陸性気候で、年平均気温は7℃前後。雪は、11月上旬から降り始め、4月上旬まで続きます。

<春>

4月中旬ごろには雪が解け、5~6月にかけて草花が咲き始めます。

4月や5月は最低気温がマイナスになることもあり、春といえども「寒い」と感じることが多いかも。

<夏>

夏は気温が高くなるも、湿度が低いので最も快適に過ごすことができる季節。

最高気温は35℃前後。

<秋>

9月上旬ごろになると、季節風が北風に変わり次第に気温が下がり始めます。

<冬>

11月上旬には初雪が舞い始め、11月下旬には根雪となり街は白一色に。

年平均降雪量は7mほど。12~3月までの平均気温はマイナス4℃前後。最低気温は−27℃です。

滝川市のグルメ

滝川市は、ジンギスカンの発祥の地です。滝川市に本社を構える『松尾ジンギスカン』は全国的にも有名ですよね。

値段も安く、ほかのお肉よりもヘルシー。お酒と一緒に楽しむのにも最適です。

滝川市の観光

上昇気流が発生しやすく、航空管制の制約も少ない滝川市はスカイスポーツが盛んです。『たきかわスカイパーク』は全国トップクラスの設備を備えており、全国からグライダー愛好者が集まります。一般の方でも気軽にいつでもグライダーの体験ができるのは、日本中でもここだけ!

また、菜の花畑も有名。5月下旬から6月上旬には市内が黄色に染まり、美しい景観を楽しむことができますよ。

イベント

・たきかわ菜の花まつり(2月)

滝川市の周辺情報

滝川市に隣接する自治体の情報はこちら

砂川市

赤平市

深川市

新十津川町

 

一年を通して、自然と触れ合い、さまざまな体験をすることができる滝川市。季節ごとに異なった楽しみ方ができますよ。

【参考】滝川市役所公式ホームページ滝川市の概要

【画像】 @@&@@ / gontabunta / DREAMNIKON / PIXTA(ピクスタ)