雨竜沼湿原

雨竜町まるわかり情報【観光・グルメ】

雨竜(うりゅう)町は北海道の北西に位置する町です。町の北に恵岱別(えたいべつ)川、北東に雨竜川、東に石狩川、南に尾白利加(おしらりか)川と、周囲を川に囲まれた自然が豊かな地域です。農業を基幹産業としており、おもにお米の生産に力を入れています。

雨竜町の基本情報

所在地

北海道空知総合振興局に属する町です。

北竜町、妹背牛町、滝川市、新十津川町、増毛町に隣接しています。

面積

191.15km2

人口

2,230人・1,082世帯*

*令和3年5月末現在

由来

雨竜(うりゅう)とは、アイヌ語の地名「ウリロペツ」(鵜の多い川という意味)より転訛したもので、雨竜川の河口に多くの鵜が生息していたことから、このような名が付けられたといわれています。

引用:雨竜町の紹介 / 雨竜町ホームページ

雨竜町へのアクセス

雨竜町にJR駅はないので、車やレンタカー、バスでアクセスします。

<札幌からのアクセス>

車で高速道路を利用して札幌市から雨竜町まで約1時間30分。バスは『高速るもい号』で札幌駅前から雨竜町まで約2時間です。

JRは札幌駅から滝川駅まで『特急ライラック・カムイ』に乗り約50分。『空知中央バス』に乗り換えて滝川駅から雨竜町まで約25分です。

<道外からのアクセス>

「新千歳空港」または「旭川空港」の利用がおすすめです。

「新千歳空港」から雨竜町まで車で高速道路を利用して約1時間50分。JRは札幌駅まで『快速エアポート』で約40分、札幌駅からJRもしくはバスで雨竜町へ。

「旭川空港」から雨竜町までは車で一般道路を走り約1時間です。JRは旭川駅から深川駅まで『特急ライラック・カムイ』で約20分、『空知中央バス』に乗り換えて、深川十字街から雨竜町まで約30分です。

雨竜町の気候

大陸性気候で、寒暖差が比較的大きい地域です。5~9月の農耕期の平均気温は17℃ほど。

<春>

融雪は4月上旬から中旬ですが、山間地は2週間ほど遅れます。

<夏>

7月中旬から8月上旬にかけて最高気温が30℃を超える日があります。

<秋>

初雪は10月末頃です。

<冬>

根雪はおおむね12月上旬です。1~2月には、最低気温が-25℃を下回ることがあります。

雨竜町のグルメ

雨竜町の特産品はお米、メロン、トマト、アスパラなどです。お米の『うりゅう米』は町の定めた基準で作られており、鮮度と食味を大切に生産している一品です。

また、人気の高い『雨竜米アイス』は少しお米の食感を残したオリジナルのアイス。期間限定で道の駅『田園の里うりゅう』にあります。

雨竜町の観光

雨竜町にはラムサール条約に認定された『雨竜沼湿原』があります。日本で有数の山岳型高層湿地帯として知られており、池塘(ちとう)といわれる100以上の沼があります。およそ6月下旬から10月上旬までの期間に開かれており、木道(歩道)を散策しながら雄大な景色を楽しめます。

イベント

・秋の大収穫感謝祭・新米祭り(9月)

雨竜町の周辺情報

雨竜町に隣接する自治体の情報はこちら

滝川市

新十津川町

妹背牛町

増毛町

 

豊かな自然が残る雨竜町は、良質な特産品や雄大な景観を堪能できる湿原など、魅力あふれる町です。

【参考】雨竜町ホームページ北海道空知総合振興局、Google マップ

【画像】rocketman、gonbe、onyu / PIXTA(ピクスタ)