特選ちらし丼

地元民がおすすめする小樽ランチ13選!海鮮丼やラーメン、おしゃれカフェまで

北海道を代表する観光地・北海道小樽市。新鮮な海の幸をつかった海鮮丼、ラーメンやB級グルメなど、小樽市ならではのグルメがいっぱいです。

ランチタイムに営業している店舗も多く、絶品グルメをお手頃価格でいただけますよ。今回は、地元民おすすめの小樽ランチスポットをご紹介いたします!

1:若鶏時代なると 本店 / 小樽市稲穂

小樽で60年以上愛されている、「小樽なると屋」。

秘伝のスパイスで味付けされたジューシーな『若鶏半身揚げ』や、北海道名物の“ざんぎ”がリーズナブルに味わえることで幅広い人に愛され続けてきた老舗です。

そんな「小樽なると屋」を代表するメニューといえば、100%国内産の鶏の半身を丸ごと揚げた『若鶏半身揚げ』。皮はパリッと、お肉はジューシーでボリューム満点! あっさりとした特製の塩コショウが舌を飽きさせません。

『若鶏半身揚げ』の魅力の1つが、1度に手羽先、むね肉、もも肉の3つの部位を食べられること。最後まで異なる味わいのおいしさを楽しめます!

表面がカリカリで香ばしい手羽先、さっぱり口にとろける肉離れの良いむね肉、ジューシーな味が口の中に広がるもも肉。これらを食べ比べながらいただくのは、至高のひと時です。

<店舗情報>
■店舗名:若鶏時代なると 本店
■住所:北海道小樽市稲穂3丁目16番13号
■電話番号:0134-32-3280
■営業時間:11~21時(ラストオーダー20時30分)
■定休日:不定休
■駐車場:あり

【関連記事】
60年愛される続ける伝統の味!「小樽なると屋」の若鶏半身揚げを自宅でも

2:北のどんぶり屋 滝波食堂 / 小樽市稲穂(三角市場内)

小樽駅を出て徒歩約3分の三角市場構内にある「北のどんぶり屋 滝波食堂」。

昭和20年創業という老舗店で、観光客や市場で買い物をして立ち寄るお客さんで連日にぎわっています。

そんな「北のどんぶり屋 滝波食堂」で並んででも食べたいのが、10種類の中から3種類もしくは4種類のネタを選べる名物『元祖わがまま丼』。

ご飯の量は普通サイズと小サイズから、いくら、生うに、かに以外のネタは重複して組み合わせることができ、自分好みに海鮮丼をカスタマイズできちゃいます。普通サイズはご飯の量が多めなので、海鮮をメインに味わいたい方や小食な方は小サイズで十分です。

セットの味噌汁はプラス300円で、『かに汁』に変更可能。身がぎっしり詰まっていて食べ応えがあり、かにの出汁がしっかり出ていて、海鮮丼との相性抜群です。

<店舗情報>
■店舗名:北のどんぶり屋 滝波食堂
■住所:北海道小樽市稲穂3丁目10番16号 三角市場内
■電話番号:0134-23-1426
■営業時間:8~17時
■定休日:無休(元日のみ)

【もっと詳しく】
並んでも食べる価値あり!小樽駅から徒歩3分の老舗「北のどんぶり屋 滝波食堂」

3:味処たけだ / 小樽市稲穂(三角市場内)

「味処たけだ」は、同じく小樽三角市場内にある創業50年以上の「武田鮮魚店」が営む食堂です。

おいしさの秘訣は社長が毎日、自らの目利きによりセリ落とす海鮮をいただけること! 直売店に並ぶ鮮魚をその場で食べられるので、新鮮さはお墨付きです。

そんな「味処たけだ」の看板メニューは、航空会社のANAと共同製作した、生うに・かに・いくら・サーモンの豪華4点盛の『ANA特製丼』。

甘みがある生うには口の中でふわっととろけ、粒が大きいいくらのプチプチ食感、身がぎっしり詰まったかにの濃厚な味わい、脂がたっぷりのったサーモンと、口の中でとれたての海鮮の豊かなハーモニーを堪能できる一杯です。

底が深いどんぶりに溢れるくらいの海鮮と白米がぎっしり詰まっていて、食べ応えも満点!

<店舗情報>
■店名:小樽三角市場内・食堂 味処たけだ
■住所:北海道小樽市稲穂3丁目10-16 三角市場内
■電話番号:0134-22-9652
■営業時間:7~16時
■定休日:元旦

【もっと詳しく】
鮮度抜群!ANAと共同製作した海鮮丼が名物の食堂「味処たけだ」

4:小樽ポセイ丼 総本店 / 小樽市堺町(堺町通り商店街)

「小樽ポセイ丼 総本店」は小樽の人気スポット“堺町通り商店街”にある海鮮丼屋さん。そんな「小樽ポセイ丼 総本店」では、コスパよくおいしい海鮮丼が食べられます!

まずご紹介するのは『ポセイ丼』。濃厚なうに、甘みがあるホタテ、ジューシーなかになど9種類のネタが少しずつ食べられる海鮮丼です。肝心なお値段は、味噌汁がついて2,200円! ご飯の量と具材とのバランスがよく、満足度の高い一杯です。

そして、小樽で海鮮丼を安くお腹いっぱい食べたい方は『運河丼』がおすすめ。ワンコインの500円で食べられる『運河丼』は、お店の目玉商品。数量限定なので早い者勝ちです!

ご飯もどんぶりにぎっしり詰まっていて、量と価格に負けることなく味も抜群。

しっかり脂ののったサーモンや甘みのあるホタテの他、トビッコのプチプチ食感も同時に楽しむことができ、「本当にこれで500円!?」とびっくりしてしまう程のコスパの高さです。

<店舗情報>
■店舗名:小樽ポセイ丼 堺町総本店
■住所:北海道小樽市堺町4-9
■電話番号:0134-61-1478
■営業時間:11~21時(L.O.20時15分)
■定休日:なし

【もっと詳しく】
観光地・小樽なのにワンコイン!? お値段以上の味にうなる「コスパ最強の海鮮丼屋」

5:澤崎水産 海鮮食堂3号店 / 小樽市色内(小樽出抜小路内)

小樽運河の写真撮影スポットとして有名な“浅草橋”の目の前に店を構える「澤崎水産 海鮮食堂」。

「海鮮食堂 澤崎水産3号店」では、かにを根室から買い付けているので、根室名産の質の高い花咲ガニがいただけます。ほかにもタラバガニや毛ガニなど、かにの種類が豊富なのも「海鮮食堂 澤崎水産」ならではの魅力です。

そんな「海鮮食堂 澤崎水産」で、かにが好きな方に食べてほしいのが『かに・カニ丼』。

甘じょっぱい“花咲ガニ”がいっぱい敷きつめられ、太い足の“タラバガニ”が豪快にのっています。旨味がギュっと詰まった“花咲ガニ”と肉厚な“タラバガニ”を同時にいただける、贅沢な一品です。

<店舗情報>
■店舗名:海鮮食堂 澤崎水産3号店
■住所:北海道小樽市色内1丁目1番 小樽出抜小路内
■電話番号:0134-23-2112
■営業時間:11~20時(L.O.19時30分)
■定休日:夏季(5~10月)無休、冬季(11~4月)木曜

【もっと詳しく】
花咲、タラバ、毛がに…!かに好きにはたまらない、「かに屋直営の海鮮食堂」(小樽市)

6:中華食堂 龍鳳(りゅうほう)/ 小樽市稲穂

小樽駅から徒歩10分ほどのところにある「中華食堂 龍鳳(りゅうほう)」は、飛びぬけたボリュームとユニークなオリジナルメニューが名物の中華料理店。並ぶこと必至、麺は売切れ次第終了なので、すんなり入店することが難しい超人気店です!

「中華食堂 龍鳳」は、小樽のソウルフードである“あんかけ焼そば”をPRする団体“あんかけ焼そば親衛隊”の協力店であり、本来の“あんかけ焼きそば”の味を大切にしながらも、洋食を取り入れた斬新なメニューが多くあることで有名です!

そんな「中華食堂 龍鳳」のあんかけ焼そばは、“超大盛”! 普通サイズで麺2玉分、ハーフサイズで麺1玉(100引き)。さらに大盛りは麺3玉分(プラス100円)というボリューム! シェアは禁止なので、小食な方はハーフサイズがおすすめ。

しかし、「中華食堂 龍鳳」の驚きは“あんかけ焼きそば”のボリュームだけではないんです。なんと“あんかけ焼きそば”の味が23種類もあります!

『江頭第10使徒焼きそば』『幸せの黄色いあんかけ焼きそば』『ピンクフロイド焼きそば』など……気になるネーミングの焼きそばがメニューにズラリ。

ボリュームとユニークな味の両方が楽しめる、おすすめの名店です。

<店舗情報>
■中華食堂 龍鳳
■住所:北海道小樽市稲穂4-4-9
■電話番号:0134-23-9918
■営業時間:11~17時(麺がなくなり次第終了)
■定休日:木曜

【もっと詳しく】
普通サイズが超大盛!? クセの強いメニューが並ぶ「行列が目印の中華食堂」(小樽市)

7:中華食堂 桂苑(けいえん)/ 小樽市稲穂

JR小樽駅から徒歩5分ほど、商店街のアーケード内にある「中華食堂 桂苑(けいえん)」。

昭和39年創業の老舗で、“あんかけ焼そば”の草分け的存在として、長年の間多くのお客さんに愛されてきた名店です。

そんな「中華食堂 桂苑(けいえん)」の定番メニューといえば、王道の『あんかけ焼そば』。

麺はもちもち食感の中太麺で、ところどころについた焦げ目の香ばしさがたまりません! エビ、豚肉、もやし、玉ねぎなど、約9種類のたっぷりの具材と熱々の餡が絡み合います。

野菜の味と食感が際立ち、ごま油がふわりと香るあっさり醤油味で、やみつきになること間違いなしです。

<店舗情報>
■店舗名:中華食堂 桂苑
■住所:北海道小樽市稲穂2丁目16-14
■電話番号:0134-23-8155
■営業時間:11~20時
■定休日:木曜

【もっと詳しく】
行列でも並ぶ価値あり!地元に愛されて50年以上、小樽のソウルフードの名店

8:餃子職人の店 青空餃子店® / 小樽市銭函

昭和6年ころに建てられた古民家を改築した「餃子職人の店 青空餃子店®」は、古さを残しつもアジアンテイストを取り入れた外観や内装。“古民家餃子茶屋”という表現がぴったりの人気スポットです。

そんな「餃子職人の店 青空餃子店®」に来たからにはぜひ食べてもらいたいのが、看板メニューの『ジャンボ餃子』。

まず見た目のインパクトに驚き! 約10cmはあるのでひとつの餃子を食べるのに3口くらいかかりそうです!

餃子を割るとなかには肉と野菜がぎっしり。ジューシーな肉の旨みと野菜のシャキシャキ食感がマッチして、口の中で豊かなハーモニーが楽しめます。

もちもちで厚めの皮は、強力粉100パーセントに鶏ガラスープを練り込んでいるそうで、焼け目はパリッパリ! しっかりと下味がついているのでタレなしでも美味しくいただけます。

<店舗情報>
■店舗名:餃子職人の店 青空餃子店® 餃子茶屋 あおぞら銭函3丁め
■住所:北海道小樽市銭函3丁目509-6
■電話番号:0134-62-6606
■営業時間:水~金 11~17時、土日 11~19時 ※餃子が売切れ次第終了
■定休日:月曜・火曜

【もっと詳しく】
開店時にはもう行列!地元に愛されて20年以上「10cmのジャンボ餃子」(小樽市銭函)

9:民宿青塚食堂 / 小樽市祝津

「青塚食堂」はJR小樽駅から車で15分ほど、「おたる水族館」や「にしん御殿 小樽貴賓館(旧青山別邸)」の近くにあります。

焼き物や丼物、刺身、定食など小樽の海の幸を存分に楽しめる、漁師さん直営の食堂兼民宿です。

「青塚食堂」は『特大にしん焼き』が有名。店の外に炭火焼き台があり、35センチほどある“にしん”が串刺しで焼かれている姿に驚く方も多いでしょう。

写真は、『特大にしん焼き定食』。炭火でじっくり焼き上げ、表面はパリッと、なかはホクホクやわらかいです。身が厚いだけあって、しっかり脂がのっていますよ。

その他には、温かいそばの上に“身欠きにしんの甘露煮”がのっている『にしんそば』もおすすめです。

<店舗情報>
■店舗名:民宿青塚食堂
■住所:北海道小樽市祝津3丁目210番地
■電話番号:0134-22-8034
■営業時間:10~20時(ラストオーダー19時)
■定休日:なし
■駐車場:あり

【関連記事】
海鮮丼だけじゃない!ほかとは一味違う海鮮を味わえる「地元民おすすめ食堂」

10:らーめん みかん / 小樽市新富町

「らーめん みかん」では札幌の名店の味、“純すみ系ラーメン”が味わえます。こだわりラーメンを味わおうと、足を運ぶ人が多いので、“並ぶこと覚悟”ですよ。

“純すみ系”といえば“濃厚味噌”。「らーめん みかん」も『味噌』がダントツ人気です。

麺の上にはチャーシュー、メンマ、刻みネギ。たっぷり味がしみ込んだモヤシとたまねぎが入っています。

肉感を残したジューシーなチャーシューと、底には角切りされたトロトロチャーシューも! 麺は札幌味噌ラーメンの定番ともいえる黄色い“中太縮麺”。濃厚なスープと絡み、相性抜群です。

<店舗情報>
■店舗名:らーめん みかん
■住所:北海道小樽市新富町13-13(南樽市場隣)
■電話番号:0134-22-1221
■営業時間:11~18時、水曜は11~15時 ※スープがなくなり次第終了
■定休日:木曜
■駐車場:あり

【関連記事】
行列覚悟!地元民がおすすめ、札幌・名店の味を引き継ぐ「らーめん みかん」

11:ら~めん 渡海家(とかいや)/ 小樽市稲穂

小樽市にある2003年創業の「ら~めん 渡海家(とかいや)」。10年以上フランスで修業経験を持つ料理人が作るラーメン店として、有名です。

イチ押しは、『にんにくチャーシュー味噌ら~めん』。ネーミングを聞くと“超濃厚味噌”をイメージするかもしれませんが、あっさり系で上品な味わいが特徴です。スープは白味噌仕立てで優しい口当たり。

ラーメンを覆うようにのったチャーシューはこの上なく香ばしい! 食べた瞬間はカリッとした食感ですが、中はホロッとやわらかく、しっかりと炙っているので脂っこくないんですよ。

<店舗情報>
■店舗名:ら~めん 渡海家(とかいや)
■住所:北海道小樽市稲穂3-7-14
⇒詳細はこちら

【関連記事】
リピーター続出中の名店!並んでも食べたい「フレンチ仕込みラーメン」

12:View Cafe Your Time / 小樽市張碓町

「View Cafe Your Time」は小樽市にある絶景が自慢のカフェです。小樽市張碓町にあり、小樽から札幌方面に向かって約30分、車で走ると木造2階建てのカフェが左手に見えてきます。

店内からは、息をのむほど美しい小樽の海を眺めることができます。天気の良い日には青い空と海の美しいコントラストが楽しめます。

おすすめメニューは、オープン時から提供している『角煮のせカレー』。1日20食限定の早いもの勝ち!

スパイスが効いた濃厚なルゥーカレーとコーンライスの甘みがとてもマッチ! 角煮はホロホロやわらかく、脂身が少ないのであっさり食べることができます。

店内に入るとカレーのいい香りが漂うので、きっとそそられますよ。

<店舗情報>
■店名:View Cafe Your Time
■住所:北海道小樽市張碓町351番地
■電話:0134-62-1239
■営業時間:11~19時
■定休日:火曜、第1・3・5水曜(12月~2月は火~水曜)

【関連記事】
地元民おすすめ!小樽の海を見渡す絶景カフェ

13:小樽バイン / 小樽市色内

地元民や観光客で賑わう「小樽バイン」はJR小樽駅から小樽運河などの観光名所に向かう途中にあります。ワインショップが併設されており、北海道内のワイナリーから仕入れた道産ワインや、地元『おたるワイン』など、100種類以上が揃います。

ワインカフェのメニューにはショップで販売されている中から、お店が厳選するワインが常時10種類用意されています。お昼からワインを嗜むのもいいですよね。

ワインだけでなく、イタリアン系のメインメニューを中心にワインに合うランチや一品料理がたくさんありますよ。写真の『バインチーズフォンデュ』は、丸いフランスパンをくり抜いて器にし、中には小樽ワインで溶いたチーズがたっぷり! チーズの味が優しいのでワインによく合います。

<店舗情報>
■店舗名:小樽バイン
■住所:北海道小樽市色内1-8-6
■電話番号:0134-24-2800
■営業時間:月曜~木曜11~20時、金曜~日曜・祝祭日11~21時
■定休日:不定休
■駐車場:パーク24特約駐車場あり(カフェ利用で3時間、ショップ利用で2時間無料)

【関連記事】
築100年以上のレトロ空間!道産ワインを飲み比べできる「小樽バイン」

 

絶品グルメが盛りだくさんの小樽市。小樽に行ったら絶対食べたい海鮮丼をはじめ、地元の方に長年愛される名店が揃い、一度は訪れたいお店ばかりでしたね。

小樽市を訪れた際は、ぜひおいしいご当地グルメを楽しんでみてください!

※こちら記事は北海道Likersの過去掲載記事をもとに作成しています。メニューや営業時間はお店の公式SNS等でご確認ください。

小樽ってどんなところ?
#小樽グルメ  #小樽観光

⇒こんな記事も読まれています

海上から見る幻想的なブルーに感動!地元民もおすすめ、小樽の「青の洞窟」クルージング

コスパ最強!味・量・価格に大満足、小樽の地元民が通う「ジェラート専門店」