TOP > 知る > 新冠町まるわかり情報【観光・グルメ】
美しいサラブレッドが牧場で遊ぶ

新冠町まるわかり情報【観光・グルメ】

新冠(にいかっぷ)町は、日高エリアのほぼ中央に位置し、札幌市内から車で約2時間の町。名馬の産地として知られます。また、レコードと音楽による町づくりを掲げ、日本全国から思い出のぎっしり詰まったレコードの収集を進めています。

新冠町の基本情報

所在地

日高振興局中部に位置する。

面積

585.81km2

人口

5,325人・2,755世帯*

*令和3年3月末現在

由来

『にいかっぷ』とは『ニカプ』、楡(ニレ)の皮のこと。アイヌの人々の時代から着物や薬の材料として暮らしに欠かせなかったニレの皮が語源です。

引用:新冠はどんなまち?

新冠町へのアクセス

<札幌からのアクセス>

札幌市内から車(高速道路利用)で約2時間。

札幌駅前~新冠まで道南バス『ペガサス号』で約2時間20分。

JR利用の場合、苫小牧駅で乗り継ぎが必要です。苫小牧駅~新冠駅まで約2時間30分。

<道外からのアクセス>

「新千歳空港」や「苫小牧港」が利用できます。

「新千歳空港」から車(高速道路利用)で約1時間20分。

「新千歳空港」から道南バス『都市間高速バス』で約2時間30分。

苫小牧フェリー乗り場~新冠町まで車(一般道)で約1.5時間。

新冠町の気候

気候は温暖で年間平均気温は8.4℃。積雪も少なく、過ごしやすい気候が特徴です。

<夏>

夏は涼しい気候です。8月の平均気温20.8℃。

<冬>

降雪量は道内の中でも少ない地域です。1月の平均気温-3.6℃。1月の積雪量57cm。

新冠町のグルメ

ピーマン、アスパラ、『にいかっぷピーマンようかん』、『にいかっぷピーマンチップス』などが特産。新冠珍菓『ばふんまんじゅう』はいったいどんな味なのか好奇心をそそられます。

新冠町の観光

『レ・コード館』は、歴史的な価値のある蓄音機や黎明期のレコード盤などが展示されている博物館。美しいジャケットや懐かしい音を楽しめます。展望タワー『優駿の塔』では、新冠の街並みや牧場風景、日高山脈、太平洋などの雄大な自然を一望できます。

『レ・コード館』となりの『道の駅サラブレッドロード』には、物産館、レストラン、フラワーショップなどが揃っています。

国道235号線から山間部に向かう約8kmの道程には牧場が連なっており、入り口の駐車公園からは『サラブレッド銀座』と呼ばれる牧場風景が一望できますよ。競馬好きの方はぜひ訪れたいスポットです。

イベント

・にいかっぷふるさとまつり(7月)

新冠町の周辺情報

新冠町に隣接する自治体の情報はこちら

帯広市

日高町

新ひだか町

平取町

中札内村

 

恵まれた気候と豊かな自然に囲まれた魅力ある町です。

【参考】新冠町 新冠町観光協会

【画像】stock_pix、花咲かずなり、Gold / PIXTA(ピクスタ)