TOP > PR > 思わず感動!? JA道央で獲れた甘くておいしい「ハウスアスパラ」が食べたい

思わず感動!? JA道央で獲れた甘くておいしい「ハウスアスパラ」が食べたい

肉巻き、バター炒め、グリル……。多様なメニューで食卓彩ってくれるアスパラガス。

国内生産量第1位を誇る北海道では、毎年春になるとおいしいアスパラガスをいただけますが、アスパラを育てたことがあるという方は少ないのではないでしょうか。普段食べている野菜も生産過程を知っていたらよりおいしくいただけるかもしれません。

今回は、北海道の新鮮なアスパラガスを存分に楽しめるおいしい情報をご紹介します。

知ってた?アスパラガスには2種類ある

アスパラガスには“ハウス栽培”と“露地(ろじ)栽培”の2種類があるのを知っていますか? 1つは、通称“ハウス物”と呼ばれるハウス栽培のアスパラガス。収穫時期は3月下旬から5月中旬です。もう1つは通称“露地物”と呼ばれる屋外栽培のアスパラガス。5月中旬から6月に収穫します。

アスパラガスは輸入物も多く、1年中出回っているイメージがありますが、春から初夏にかけて旬を迎える国産のアスパラガスは特別な味わい! 鮮度抜群で甘みがとても強く、シャキシャキとした歯ごたえが特長です。

甘さが違う!JA道央のハウスアスパラ

ぜひとも食べていただきたいのはJA道央のハウスアスパラです。

ポカポカのハウス内でぐんぐん育ったアスパラガスの収穫は朝のみ。早朝から生産者により1株1株丁寧に収穫されたアスパラガスは、根元までやわらかく、みずみずしい食感です。そして、北海道のアスパラガスならではの特長は、なんといっても豊かな甘み。ひと口味わうごとに感動すること間違いなしです!

茹でたアスパラガスそのものの味を楽しんでも、ベーコンなどと炒めてもおいしくいただけますが、農家さんのおすすめは“グリル焼き”だそうです。その調理法を伺いました。

生産者直伝!アスパラガスがさらにおいしくなる「グリル焼き」

アスパラガスの根元を軽くピーラーでむき、グリルで焼き色がつくまで香ばしく焼きます。仕上げに塩・オリーブオイルをかけたら完成! 甘さがギュッと詰まったアスパラガスとめぐりあえます。

⇒思わず感動するアスパラガスはこちら!

北海道の生産者と全国の消費者をつなぐ「HOKUREN GREEN + PLUS」

甘くてみずみずしいJA道央の新鮮なハウスアスパラ。「今すぐにでも味わいたい! でも、北海道在住でなければ、難しそう……」と感じる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そんな方におすすめのサービスがホクレンのサイト『HOKUREN GREEN+PLUS』。生産者が育んだ農畜産物や特産品を、インターネットを通じて直接購入できます!

春のハウスアスパラや、夏のメロンやとうもろこしなど、北海道には1年を通して旬の味覚が揃っているので、家族で楽しんだり、大切な人へ贈り物をしたり、年中活用できますよ。

春に旬をむかえるJA道央の“ハウスアスパラ”。まずはこの機会に甘くてみずみずしい北海道のアスパラガスを堪能してくださいね!

【もっと詳しく】
北海道の旬の味覚が全国どこでも楽しめる「HOKUREN GREEN+PLUS」

新しい購入のカタチ!「育てる+PLUS企画」も要チェック

HOKUREN GREEN+PLUS』が展開する斬新なサービスが『育てる+PLUS』。生産過程を見守りながら、お家で待っているだけで食べ頃をむかえた農畜産物が届きます。北海道在住の方はもちろん、北海道以外の方にもおすすめです。

プロジェクト参加者限定のLINEアカウントに、2週間に1回程度生育状況や生産者からのメッセージが画像や動画で届き、農畜産物がぐんぐん育つ様子を楽しめます。食育にもぴったり。

【もっと詳しく】
成長過程を見守れる「育てる+PLUS」

 

北海道の旬を全国の食卓へ。外出しづらい今の時代にぴったりのサービスです。ぜひ一度活用してみては?

【参考】JA道央コミュニティ誌 2018 no.4

【画像】t-skywalker, Tony,keiphoto, Oskanov,YUMIK / PIXTA(ピクスタ)

*決済方法はクレジットカードと代金引換。郵便振替でのお支払いが可能です。

Sponsored by ホクレン農業協同組合連合会