TOP > 知る > 遠軽町まるわかり情報【観光・グルメ】
コスモス園

遠軽町まるわかり情報【観光・グルメ】

遠軽(えんがる)町は湧別川の上流に位置し、肥沃な大地は北海道開拓当初から農耕地に適した環境として繁栄した町。日本一の規模を誇るコスモス園が見ものです!

遠軽町の基本情報

所在地

北海道の北東部、オホーツク管内のほぼ中央、内陸側に位置しています。

面積

1,332.45km2

人口

19,329人・10,140世帯*

*令和3年2月末時点

歴史

遠軽町、生田原町、丸瀬布町、白滝村の4町村の合併により、平成17年10月1日に新たな「遠軽町」として誕生しました。

引用:沿革 / 遠軽町

遠軽町へのアクセス

<札幌からのアクセス>

JR石北本線(特急も停車します)を使い、約3時間40分。

『特急オホーツク』を使用すれば乗り換え不要でアクセスできます。

<道外からのアクセス>

飛行機にて「新千歳空港」から最寄り空港である「紋別空港」もしくは「女満別空港」まで行きます。

「紋別空港」からは車で40分、「女満別空港」からは車で1時間30分の距離です。

遠軽町の気候

夏は涼しく過ごしやすいですが、冬は寒さが厳しくなります。

<夏>

梅雨や台風の影響を受けることが少なく、7~8月は晴天の日が続きます。最高気温が30℃を超えることがあるものの、8月の平均気温は20℃と比較的涼しい気候で湿度も低いです。

<冬>

北西の季節風の影響を受け、-20℃度を下回ることも。降雪量は遠軽町内の各地域によって大きく異なりますが、本州日本海側の豪雪地帯に比べ、雪質は軽く降雪量が少ないといえます。

遠軽町のグルメ

 

アスパラといえば春ですが、遠軽では『遠軽にょっきーず』と呼ばれる夏アスパラも出荷しています。湿度の低い冷涼な気候を活かした『白滝じゃが』や、エゾ鹿肉や珍しいヒグマの肉の缶詰が観光客に人気です。

遠軽町の観光

遠軽駅から徒歩約30分のところにある『太陽の丘えんがる公園虹のひろば』のコスモス園は、10ヘクタールの広大な花畑が夏から秋にかけて色鮮やかな花々が咲き誇ります。日本一の規模を誇るコスモス園です。 全体を一望できる展望台もあり、映画のワンシーンのような美しい景観を楽しむことができますよ。

遠軽町の周辺情報

遠軽町に隣接する自治体の情報はこちら

北見市

 

一年を通して過ごしやすい気候であり、気候を活かした農産物も豊富です。春には日本最大のコスモス園に多くの方が足を運ぶようですよ。

【参考】遠軽町公式サイトえんがる町観光協会

【画像】JUNA 、freeangle、kiki / PIXTA(ピクスタ)