TOP > 食べる > 北見の鉄板!ホタテエキスで幸せ感じるホテル黒部の「オホーツク北見塩やきそば」
北見塩やきそば

北見の鉄板!ホタテエキスで幸せ感じるホテル黒部の「オホーツク北見塩やきそば」

2021.01.04

オホーツクエリアの中核都市の1つ、北見市。北海道の中でも屈指の広さを誇り、さまざまな名産があります。今回ご紹介する『オホーツク北見塩やきそば』は、そんな北見の名物をギュッと一皿に。ではなく、1つの鉄板の上で融合させたB級グルメです。

食べ応え満点で、また食べたくなるオホーツクでしか食べられない塩やきそば。今回ご紹介する老舗ホテル「ホテル黒部」のレストラン「シェルブルー」でいただける『オホーツク北見塩やきそば』1,000円(税抜)は、いままで知っていた焼きそばの概念を覆してくれますよ。

ただの焼きそばとは一味もふた味も違うその魅力を、ご紹介していきます!

ホテルのレストランで食べるワンランク上のやきそば

2007年4月に誕生した『オホーツク北見塩やきそば』は地産地消にこだわり、やきそばに使う麺やタレなどありとあらゆるものがこのやきそばのために開発されました。

特にしっかり決まっているのが塩やきそばに関する8ヶ条です。『オホーツク北見塩やきそば』のルール8ヶ条については以前掲載した記事『アツアツの鉄板の上には北見の全部が詰まってる!「オホーツク北見塩やきそば」』で詳しく紹介していますので、気になる方はぜひご覧ください。

記事はこちらから

現在、北見市で食べられるオホーツク塩やきそばは、全部で12種類。その中でも、ランチから食べられるお店は、観光やビジネスの合間に食べるには最適です。

魔法の水で立ち上るホタテの湯気

オホーツク北見塩やきそばは、シズル感なしでは語れません。運ばれて最初にかけるのがこの“魔法の水”。この水は、ホタテの煮汁なんです。それをアツアツの鉄板の上にかけると、ジュワ~っと立ち込める濃厚な香り。ホタテや素材それぞれの香りをまずは鼻で楽しめます。

魔法の水で適度にほぐれた麺は、ホタテの煮汁を吸って、ツヤツヤ。

これで食べる準備はOKです。

具がゴロゴロ!一つひとつの素材がスター!

「シェルブルー」で提供される『オホーツク北見塩やきそば』の特徴は、ダイナミックに入っている野菜と、食べ応えのあるホタテ、そしてそれをまとめる温泉卵です。

四角い鉄板の上には、ジャガイモが半分もゴロリ。そして、北見特産の玉ねぎがたっぷりと入っています。

ホタテやジャガイモ、玉ねぎなど北見のスター素材が同居しているにも関わらず、ケンカすることなく見事に美味しさを演出しているのは、まさに魔法の水のおかげなのかもしれません。

とろーり温泉卵を割って召し上がれ

オホーツク北見塩やきそばの上に鎮座した温泉卵。そのままでも十分美味しいやきそばですが、ぜひとも温泉卵を割って、麺をからめて食べてみてください。

トロットロの卵黄の中から出てくるやきそばを一口食べると、もうやみつきになってしまいますよ!

 

ホテルレストランの落ち着いた雰囲気の中で、美味しそうな音を聞きながらやきそばを食べる。一見ミスマッチのような感覚にもなりますが、オホーツクの贅沢な素材を楽しめる料理を贅沢な空間で楽しむのも一興でしょう。

オホーツクエリアにお越しの際は、ぜひ「ホテル黒部」でワンランク上の『オホーツク北見塩やきそば』を楽しんでみませんか?

<店舗概要>

■ホテル黒部レストラン「シェルブルー」
■住所:北見市北7条西1-1
■TEL:0157-23-2251(代表)
■営業時間:11:00~14:00(ランチタイム)、14:00~20:30(ディナー)(L.O. 19:45)

【画像】ホテル黒部

⇒こんな記事も読まれています

札幌ラーメンといえばここ!におわない行者ニンニクと、熟成味噌の深いコク「ラーメン札幌一粒庵」

【北大生御用達】スープ―カレーと言えばここ!北大13条門からすぐの「Picante」