TOP > 知る > 湧別町まるわかり情報【観光・グルメ】
かみゆうべつチューリップ公園

湧別町まるわかり情報【観光・グルメ】

湧別(ゆうべつ)町はサロマ湖とオホーツク海を臨み、春にはチューリップが美しく花を咲かせる町でもあります。紋別市、北見市、紋別郡遠軽町、常呂郡佐呂間町の4自治体と隣接しています。

湧別町の基本情報

所在地

オホーツク総合振興局に属する町。オホーツク海沿岸に位置する。

面積

505.79 km2

人口

8,474人・4,101世帯*

*令和3年2月末時点

由来

湧別(ゆうべつ)とは、アイヌ語で「鮫(サメの意味で、ユペと発音)の住む川(ペツと発音)」の意味で、これは昔、湧別川河口から近海にかけて相当数のチョウザメが生息していたことから、この名で呼ばれていたと言われています。

※諸説あり

引用:湧別町の概要

湧別町へのアクセス

<札幌からのアクセス>

JR札幌駅からJR遠軽駅まで約3時間40分、遠軽町から湧別町までバスで約20分。

車では約3時間45分。

<道外からのアクセス>

「女満別空港」の利用がおすすめ。

東京から「女満別空港」まで約1時間40分、「女満別空港」から湧別町まで車で約1時間40分です。

また「オホーツク紋別空港」も利用でき、湧別町まで車で30分。

湧別町の気候

オホーツク海型気候地帯であり、内陸部は四季を通じて比較的気温が高いですが、沿岸部は冷しい日が続きます。オホーツク海高気圧の停滞によっては霧が発生し、作物の生育を阻害することもあります。

<夏>

最高気温は38.5℃まで上がったことも。雨の量は少なめです。

<冬>

最低気温-24℃前後まで下がります。降雪量は少なく、快適な生活がおくれます。

湧別町のグルメ

ホッカイシマエビ、ホタテ、殻付きカキ貝、毛ガニなど、海の幸が豊富。そのほか、たまねぎ、かぼちゃ、ジャガイモ、とうきび、アスパラ、リンゴ(日本最北のリンゴ産地)乳製品などが特産品としてあげられるほど、農業、酪農もさかんです。

湧別町の観光

およそ200種類・70万本のチューリップが咲き誇る『かみゆうべつチューリップ公園』、全国で3番目に大きい湖『サロマ湖』、日帰り入浴のできる道の駅『かみゆうべつ温泉チューリップの湯』など、みどころ、あそびどころが多くあります。

イベント

・チューリップフェア(5~6月)

・サロマ湖100kmウルトラマラソン(6月)

湧別町の周辺情報

湧別町に隣接する自治体の情報はこちら

紋別市

北見市

遠軽町

 

春はチューリップ、夏はからりとした過ごしやすい天気、秋は新鮮な海の幸や山の幸、冬は流氷と自然に恵まれた湧別町。オホーツク海とサロマ湖に隣接した農業と漁業が盛んな、魅力ある町です。

【参考】湧別町公式ホームページ 湧別町観光協会

【画像】kiki、gontabunta、hiro cafe / PIXTA(ピクスタ)