朱鞠内のクイズ画像

まるで海外の絶景が広がる!圧巻の四季が楽しめる町「朱鞠内」【北海道難読地名クイズ】

2021.06.21

さぁ、やってまいりました。北海道難読地名クイズのお時間です。

これまでたくさんの地名をご紹介してきました。紹介する漢字の難易度もどんどん上がってきています。

でも、道民なら読めて当然ですよね! 今回ご紹介する難読漢字はこちら。

高貴そう…「朱鞠内」

みなさんは、「朱鞠内」という地名を聞いたことはあるでしょうか?

この地名の読み方を知ったときの筆者の感想は、「なんだか、高貴な感じがする!」でした。ヒントになっているでしょうか(笑)

A.しゅまりない

正解は、「しゅまりない」でした。正解することができたでしょうか~。

こちらの地名の語源はアイヌ語といわれています。諸説はあるのですが、「石・高い・川(スマ・リ・ナイ)」という意味があるそうです*。

圧巻の景色がそこに。「朱鞠内湖」

朱鞠内は、国内屈指の美しさと豊かさを誇る湖「朱鞠内湖」が有名です。

広大な原生林に囲まれ、フィヨルドのように切り込んだ地形に島々が点在する湖は、ほかでは見られない景観です。四季折々・刻一刻と変化するその景色には、訪れるたびに新しい発見があることでしょう。

渡り鳥が姿を見せると、春の到来です。エゾエンゴサクやカタクリなどの花々が咲き、山には黄緑から深い緑と壮観な緑のグラデーションが広がります。

夏・秋にはキャンプをすることができ、焚火やカヌーを楽しめるそう。テントやBBQ道具はレンタルできるので気軽に体験できそうです! 大自然に囲まれ、澄んだ空気の中でのキャンプは、心が和みそうですね。

なんと、冬にはワーケーションツアーもおこなっており、極寒の「朱鞠内湖」でリフレッシュしながら、お仕事ができます。ほかにも、『EXPLORE THE SHUMARI』というアクティビティでは、湖上カフェやスノーモービル、アイスフィッシングなどの体験ができます。朱鞠内にはイトウ、アメマス、サクラマスなどの魚が生息しており、無限のフィッシングポイントで釣りを楽しむことができるそう。

 

ぜひ、ご友人に、朱鞠内の読み方と魅力を教えてあげてください!

【参考】*アイヌ語地名リスト シベ~セツ P61-70 / アイヌ政策推進局アイヌ政策課北海道 朱鞠内湖 公式ウェブサイト

【画像】ほっかいどう、nyanordiska / PIXTA(ピクスタ)

⇒こんな記事も読まれています

さすがに読めない?全問正解できたらすごい「漢字3文字」の北海道難読地名クイズ全5問

道民なら読める?噛むほど旨味があふれてくる北海道の定番おつまみ「冬葉」