『ちくわパン』ポップ

ちくわぱん発祥の店!札幌市民御用達「どんぐり」のパンを食べてみた

2021.06.17

いや~、北海道も暑くなってきて、夏が近づいているのを感じますね。

今回は道民に大人気、「どんぐり」のパンをご紹介します。筆者も大好きで、今まで数えきれないほど食べてきました。

全国的にも有名な『ちくわぱん』と、筆者のお気に入り『シナモンロール』をご紹介します!

道民大好き!「どんぐり」とは?

「どんぐり」は、札幌市に9店舗、江別市に1店舗を持つ、大人気のパン屋さんです。

その魅力は、なんといってもボリュームたっぷりで、種類豊富なパンの数々。たくさんのパンがかわいいポップとともに陳列されていて、お店に一歩入れば幸せな気持ちになること間違いなしです。

筆者は、大学近くの「桑園店」によく行っていました。

定番の大人気商品!「ちくわぱん」

「どんぐり」といえばやっぱり『ちくわぱん』! 税込167円です。

その名の通り、パンの中にちくわが1本まるまる入っています。そして、ちくわの中にはツナサラダが!

「パンとちくわって合うの?」と思われる方も多いと思いますが、それは愚問! 一口食べれば、そんな疑問は一瞬で吹き飛びます。ほんのり甘くてきめ細かいパン。そして、ちくわとツナサラダのハーモニーがたまりません。

実は、筆者はちくわが苦手であまり進んでは食べないのですが、『ちくわパン』ではとってもおいしく感じられます。

シナモンとくるみがたっぷり!「シナモンロール」

続いてご紹介するのは、『シナモンロール』です。この大きさが伝わりますか?

なんと高さ約7センチ! こんなにボリューミーなのに、税込194円です。

“シナモンロールLOVE”な筆者ですが、「どんぐり」の『シナモンロール』も大好きです。これでもかとたっぷり入ったシナモンとくるみ。さらにアイシングがかかっており、しっかり甘いです。そして、生地はデニッシュなので、カロリーは爆弾級でしょう。

カロリーなんて気にしない。「食べたいときに食べたいものを」が筆者のモットーです(笑)

 

今回は、「どんぐり」のパンの中から2種類のパンをご紹介しました。

ほかにもたくさんのおいしいパンがあるので、ぜひ自分のお気に入りを探してみてください。

<詳細情報>
■会社名:株式会社どんぐり
■本社:札幌市白石区南郷通8丁目南1-7
■電話番号:011-867-0636
■ホームページ:https://www.donguri-bake.co.jp/

<店舗情報>
「Bakery&Cafe」
■山鼻店:札幌市中央区南22条西7丁目1-20(アクロスプラザ南22条 敷地内)
■大通店:札幌市中央区大通西1丁目13 ル・トロワ1F
■琴似店:札幌市西区琴似2条4丁目2-2 イオン札幌琴似店1F
■新さっぽろ店:札幌市厚別区厚別中央2条5丁目7 サンピアザB1F
■西岡店:札幌市豊平区西岡3条3丁目4-1 イオン札幌西岡店1F
■大麻店:江別市大麻213-2(ジョイフルAK大麻店敷地内)
■アリオ札幌店:札幌市東区北7条東9丁目2番20 アリオ札幌1F

「Bakery」
■森林工房:札幌市厚別区厚別北4条5丁目1-5
■桑園店:札幌市中央区北8条西14丁目28 イオン札幌桑園店1F
■本店:札幌市白石区南郷通8丁目南1-7

「おむすび」
■てづくりおむすびの店 どんぐり:札幌市中央区大通西1丁目13 ル・トロワ1F(どんぐり大通店 隣)

札幌ってどんなところ?
#札幌グルメ #札幌カフェ #札幌ラーメン #札幌観光

⇒こんな記事も読まれています

口いっぱいにほお張りたい…!絶品の「サンドイッチ」が食べられるおしゃれカフェ6選

トレンドスイーツも!色鮮やかなメニューが揃う「夜までやってる」おしゃれカフェ