海鮮丼

ここなら間違いない!地元民が通う「網走のおすすめグルメ」5つ【カフェ・ラーメン・海鮮】

オホーツク海の流氷でも有名な網走。「網走監獄」などの観光地を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか?

実はカフェやラーメン屋さんなど、おすすめしたいグルメがたくさんある場所でもあるんです。

今回は地元民も通う、網走のおすすめグルメをご紹介します!

1:食事&喫茶トロッコ / 網走市字藻琴

北海道には国鉄時代から使用されている駅舎がたくさんあります。藻琴駅の駅舎もそのうちの一つ。

大正時代から続いている駅舎で、まさに“レトロ”という言葉がぴったり。駅のホームを出ると、季節によっては流氷を眺めることもできます。

そんな藻琴駅の駅員室を改装して営業しているのが「食事&喫茶トロッコ」。

外観はもちろんですが、店内も暖色系の丸形電球やアンティーク調の備品があってとても落ち着く雰囲気です。カレーライスやコーラフロートなど、喫茶店らしいメニューを楽しむことができます。

イチオシは『トロッコランチ』。カレーライス、エビフライ、とんかつ、スパゲティ、などが入ったボリューム満点のメニューです!

食事も雰囲気も大満足のすてきなスポットですよ。

<店舗情報>

■店舗名:食事&喫茶トロッコ
■住所:北海道網走市字藻琴 JR釧網本線 藻琴駅構内
■電話番号:0152-46-2750
■営業時間:10:00~17:00
■定休日:不定休

【もっと詳しく】大正時代にタイムスリップ!オホーツク海を臨む駅舎カフェ「トロッコ」で一休み(2021年1月25日掲載)

2:Salt&Sun / 網走市海岸町

こだわりがたくさん詰まったカフェ「Salt&Sun」。

1階では古物やたくさんの作家さんの食器類やハンドメイド雑貨、アクセサリーが並んでいます。2階へ上がると、本日の焼き菓子やキッシュたちが並んだショーケースが目に入り、笑顔でお店の方たちが出迎えてくれます。

大きなショーケースを眺めながらお菓子を決める時間はまさに至福のひと時。旬の食材を使ったキッシュや、夏のコーヒーゼリー、秋のかぼちゃプリンといった季節限定のおやつなどが楽しめます。

写真は『自家製ベーコンとほうれん草のドリア』。グルテンフリーで、ホワイトソースには小麦粉は使わず米粉を使用しているそうです。

このように食材も体に優しいものを使用しているところが特徴。食器類も店主さんのこだわりが詰まっていて、味のある可愛いものばかりです。

<店舗情報>

■店名:Salt&Sun
■住所:北海道網走市海岸町5番1-4
■電話番号:080-6094-0003
■営業日:火曜〜金曜
■営業時間:10時30分〜15時L.O.
■Instagram:@salt.and.sun

【もっと詳しく】オホーツク海を眺めながらカフェタイム。網走の人気店「Salt&Sun」(2021年3月13日掲載)

3:煮干しらぁめん 有頂天 / 網走市潮見

住宅街にあるけれど、いつも大勢のお客さんでにぎわっている人気店「煮干しらぁめん 有頂天」。

メニューはあっさりの『煮干らぁめん』750円(税込)、こってりの『背脂らぁめん』800円(税込)。そのほかに『つけめん』や『油そば』などもあります。

写真は『味玉背脂らぁめん』に皮ワンタンのトッピング。スープはふわっと煮干しの香りがして、旨味がたっぷり詰まっています。麺は中細麺でほどよく弾力があり、箸が止まらなくなるおいしさ。

具材ももちろん一級品! チャーシューは肉厚だけれどやわらかく、炙ってあるので香ばしいです。岩のりやとろとろの煮卵、つるんとした皮ワンタンとスープの相性も抜群。

麺、スープ、具材、すべてにこだわりが詰まった絶品煮干しラーメン。煮干しラーメンが好きな方も、そうでない方も一度は食べてほしい逸品です。

<店舗情報>

■店名:煮干しらぁめん 有頂天
■住所:網走市潮見10丁目8-15
■電話番号:0152-67-9004
■営業時間:11〜15時、17〜21時(20時30分L.O.)
■定休日:月曜(祝日の場合は営業)

【もっと詳しく】スープも麺も具材も魅力的!網走市のラーメン店「煮干しらぁめん有頂天」(2021年3月17日掲載)

4:さかなの金川 / 網走市南4条西

網走といえば海鮮! なかでも有名なのは流氷明けの毛ガニ、藻琴湖の至宝牡蠣、釣りきんきなど。そのほかにもおいしい魚介類がたくさんあります。

そんなオホーツクで人気の魚屋といえば「さかなの金川」。網走の商店街にあり、ご夫婦で営業されている老舗のお店です。

魚の調理の仕方など優しく教えてくれるところもファンが多い理由のひとつ。

大人気の『海鮮丼』の価格はなんと500円! きれいに盛り付けられたえび、サーモン、まぐろ、イカ、たこ、などが入っています。その日の入荷によって入っている種類が変わるので内容は行ったときのお楽しみなんだとか。

鮮度抜群な海鮮丼がワンコインで楽しめてしまうなんてびっくりですよね!

そのほかにも、三升漬や松前漬など北海道ならではのメニューもたくさん。ぜひ足を運んでみてくださいね。

<店舗情報>

■店名:さかなの金川
■住所:北海道網走市南4条西1丁目11番地
■電話番号:0152-43-2927
■定休日:日曜
■営業時間:9時〜18時30分(海鮮丼が並ぶのは11時前後)
■Facebook:https://www.facebook.com/kanagawa/

【もっと詳しく】海鮮丼が500円!? 胃袋をつかまれる網走の魚屋「さかなの金川」(2021年4月10日掲載)

5:フードコート キネマ館 / 網走市南3条東

ちゃんぽんといえば長崎を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか? 実は網走にも『網走ちゃんぽん』というご当地グルメが存在するんです!

網走ちゃんぽんのルールは以下の3つ。

1.雲仙小浜ちゃんぽん用スープをベースに、オホーツクの恵みを加え独自性のある演出をする。

2.網走市内のかまぼこ業者の魚肉加工食品を具材に使う。

3.網走市内「竹中製麺」さんが特別に開発した『網走ちゃんぽん専用麺』を使用する。

引用:網走ちゃんぽん / 網走市観光協会

海鮮を意識した、長崎とは一味違うちゃんぽんが楽しめそうですよね!

「道の駅 流氷街道網走」の2階にある「キネマ館」さんで味わえる『網走ちゃんぽん』も海鮮がたくさん! アサリやホタテの貝柱、そのほかにも玉ねぎや豚肉、キャベツなどたくさんの具材が入っています。

スープはコクがあり、魚介の旨味も溶け出していて最高! 一味違ったちゃんぽんを楽しみたい方にはぴったりですよ。

<店舗情報>

■店名:フードコート キネマ館(道の駅 流氷街道網走内)
■住所:網走市南3条東4丁目
■電話番号:0152-44-0688
■営業時間:11時〜15時30分
■網走観光協会HP:https://www.abakanko.jp/food/abashirichampon.html

【もっと詳しく】ちゃんぽんといえば北海道!? 意外と知られていないご当地麺「網走ちゃんぽん」(2021年4月24日掲載)

 

海鮮はもちろん、意外なご当地グルメも多い網走。

ぜひ旅行で訪れた際には、観光だけでなくグルメも存分に楽しんでくださいね!

※こちら記事は北海道Likersの過去掲載記事をもとに作成しています。メニューや営業時間はお店の公式SNS等でご確認ください。

⇒こんな記事も読まれています

地元民おすすめ「洞爺湖畔カフェ」3つ!落ち着く空間でのんびりカフェタイム

わざわざ行きたくなる!店内の雰囲気にテンションが上がる「道東カフェ」8つ【北見・網走・美幌】