TOP > 食べる > オホーツクでカンパーイ!進化を続ける「網走ビール」そのお味は
網走ビール

オホーツクでカンパーイ!進化を続ける「網走ビール」そのお味は

2021.01.17

全国各地で飲まれているご当地限定のクラフトビール。一口含めば、その土地独自の味わいが身体を駆け巡るとして各地のビールファンを虜にしています。その中でも網走で作られている網走ビールは、見た目も味も特徴的なビールが多いんです。

今回は、数ある網走ビールの中から厳選して3種類の紹介と気になるその味をレポートしていきます。

実は全国で楽しめる網走のビール

オホーツク中でも屈指の観光地として有名な網走市。世界中から旅行客が訪れるこの地で直接ビールを味わうこともできますが、道内のホテルや道の駅、空港、そしてお土産屋さんなどさまざまな場所で買うことができます。また、オンラインショップもあるため、手軽に手に入れられるクラフトビールなのです。

さらに、網走ビールさんのHPを見ると、北海道だけではありません。本州でも扱っている場所があるので、網走ビールの公式HPをチェックしてみると良いでしょう。

一度は網走に行ったことがある人、また行きたい人、行ってみたい人も手軽に網走のビールを味わえるのは嬉しいですよね。

そして今回紹介するのはこちら! キラキラ黄金に輝くゴールデンエール、飲みやすさバツグンのホワイトエール、新緑を思わせてくれる知床ドラフトの3種類です。

1:ゴールデンエール

伝統的な「ステップインフュージョン」製法で作られたまさに黄金色のビール。厳選素材を使用しシンプルイズベストで作られたビールは何杯でも飲みたくなるような味わいです。

2:ホワイトエール

ホワイトとは網走で生産された秋播小麦「きたほなみ」の色のこと。大麦ではなく小麦を使い、ベルギーの伝統的な製法で製造されたビールです。無濾過製法でビール酵母が含まれています。

やさしい味わいとその飲み口から女性にも人気が高い逸品です。

3:知床ドラフト

見た目が緑色のインパクトバツグンな発泡酒。新緑の知床を思わせるような色は天然色素でつくられたものです。味もさることながら“香り”をテーマに開発された逸品。

イメージは知床の大自然!気になるお味は…

個性的な品揃えの網走ビール。今回紹介する中でも一番気になっていた『知床ドラフト』をリポートしていきたいと思います。

ドキドキしつつグラスに注ぐと、知床の新緑をイメージしたという緑色が目を惹きます。そして、気になるその香りはというと、ビール特有の香りではなく、どちらかというと清々しい香りがします。

そして、いよいよ口の中へ。さっぱりとした口当たりの中に甘味が感じられます。そして、鼻からは緑の中で深呼吸をしたかのような爽快な香りがしました。

今回は『知床ドラフト』ということで、知床のお知り合いから譲ってもらったソーセージとのマリアージュを楽しんでみることに。

ジューシーなソーセージと口当たりさっぱりの知床ドラフトの相性はバッチリでした。後味がさっぱりしているので、ビールの匂いが苦手な人にもおすすめの逸品です。

 

プシュッ!と開けると鼻をくすぐる網走の香り。網走ビールは一口飲むごとに自分の時間を贅沢に変えてくれるような気がします。

網走ビールは現在全部で7種類! 自宅でゆっくり楽しむならすぐに楽しめるグラスセットもおすすめです。今日はゆっくり網走ビールでカンパイしてみませんか?

<企業情報>

■企業名:網走ビール
■住所:網走市南6条西2丁目2番地
■TEL:0152-45-5100
■公式サイトURL:https://www.takahasi.co.jp/beer/

【画像】網走ビール

⇒こんな記事も読まれています

60年愛される続ける伝統の味!「小樽なると屋」の若鶏半身揚げを自宅でも

札幌に行ったら立ち寄りたい!地元の人に愛される「札幌グルメ」3つ