さかなの金川

海鮮丼が500円!? 胃袋をつかまれる網走の魚屋「さかなの金川」

2021.04.10

オホーツク海に面した網走市。海だけではなく湖もあり、漁業がさかんな街です。

代表して有名なのは流氷明けの毛ガニ、藻琴湖の至宝牡蠣、釣りきんき。そのほかにもおいしい魚介類がたくさんとれるんです!

そんな街にある大人気の魚屋、「さかなの金川」さんを今回ご紹介いたします!

海鮮丼が500円!?

「さかなの金川」さんは網走の商店街にあり、ご夫婦で営業されている老舗のお店です。

魚の調理の仕方など優しく教えてくれるところもファンが多い理由のひとつ。

大人気の『海鮮丼』の価格はなんと500円! きれいに盛り付けられたえび、サーモン、まぐろ、イカ、たこ、などなど。その日の入荷によって入っている種類が変わるので内容は行ったときのお楽しみ。

新鮮なネタがたくさん入っているのに、ワンコインで買えるのはうれしいですね!

時期によっては『鯨のユッケ丼』も。生の鯨肉はなかなか食べられないので、鯨の入荷を心待ちにしているファンがたくさんいます!

『サーモン丼』、『マグロ丼』、『海鮮ちらし』を販売している日も! また、丼だけではなくお刺身もありますよ!

入荷があったので『網走産ふぐのお刺身』が買えました! 歯ごたえがよく甘みもあり、自然と笑顔になるおいしさでした。

一度食べれば病みつきに!

筆者のおすすめは、手作りの三升漬! とっても辛いんですがあとを引くおいしさなんです! ガツンと辛さがくるけれど、えびの甘さも感じるのでクセになりますよ。

ご飯にのせても、冷奴にのせても、お酒のおつまみにしても相性ばっちりです。

この日は『えびの三升漬』でしたが『イカの三升漬』のときもあるようで、そちらも味わってみたくなりました。

発送もしてくれますよ!

三升漬のほかに、松前漬や切り込みも丁寧に作られていてとてもおいしいので一度食べてもらいたいです!

お店で作られている一夜干しやたらこはリピーターも多く、商品によっては地方発送もしてくれるので各地にファンがたくさんいます!

魚のおいしさがぎゅっと詰まった一夜干しは必食です!

先ほど紹介した三升漬など手作りの商品を冷凍したものも店頭に並べられているので、お店に行った際はそちらも見てみてくださいね。

 

人気の『海鮮丼』は午前中に売り切れてしまうことがあるので、先に電話で取り置きしてもらうことも可能です(ご夫婦2人で営業されているので電話に出られない場合があります)。

どんな丼や魚介類が並ぶかは毎日Facebookに投稿されているので、ぜひチェックしてみてください!

<店舗情報>

■店名:さかなの金川
■住所:北海道網走市南4条西1丁目11番地
■電話番号:0152-43-2927
■定休日:日曜
■営業時間:9時〜18時30分(海鮮丼が並ぶのは11時前後)
■Facebook:https://www.facebook.com/kanagawa/

網走ってどんなところ?
#網走グルメ  #網走カフェ #網走観光

⇒こんな記事も読まれています

網走おすすめカフェ5選!地元民が厳選、こだわりのランチ・スイーツを楽しめるお店まとめ

札幌から2時間で海外旅行気分!一度は行きたい、ニセコ・ヒラフエリアの「おすすめカフェ」3つ