TOP > 知る > 長万部町まるわかり情報【観光・グルメ】
長万部

長万部町まるわかり情報【観光・グルメ】

長万部町(おしゃまんべちょう)は北海道渡島半島の最奥部に位置する町です。町の東側は「内浦湾」が広がり、西側は「二股山」や「長万部岳」が連なります。札幌市と函館市の中間にあることから、多くの休憩スポットがある町として親しまれています。

長万部町の基本情報

所在地

北海道渡島総合振興局に属する町です。

面積

310.76km2

人口

5,050人・2,879世帯*

*令和3年3末現在

由来

アイヌ語に由来し、直訳すると『オ(川口)シャマンペ(鰈)』、すなわち『鰈(カレイ)のたくさんとれる川口』となる。

引用:長万部町役場

長万部町へのアクセス

長万部町は国道5号線、37号線、230号線の主要幹線道路が通っています。また高速自動車道のインターが2つあります。

<札幌からのアクセス>

車で約3時間です。JRは『特急北斗』で長万部駅まで2時間30分程度です。

<道外からのアクセス>

飛行機は「新千歳空港」か「函館空港」がおすすめです。

「新千歳空港」から車で約2時間。JRで2時間程度です。「函館空港」からは車で約1時間50分です。

長万部町の気候

年間の平均気温は7~8℃です。

<夏>

最高気温は29.5℃(2020年)。盛夏でも平均の最高気温が25℃前後で、30℃を超えることはほぼありません。

<冬>

真冬は平均の最高気温が1℃まで下がりますが、最低気温が‐15℃まで下回ることはほとんどありません。最低気温-16.8℃、合計積雪量373cm(2020年)です。

長万部町のグルメ

長万部町は北海道を代表する駅弁『かにめし』の町として知られています。町内にはたくさんのかにめし販売店があり、食べ比べも楽しめそう。

また、長万部町は貝の色が黒い“黒ホッキ”や毛ガニ、ホタテが特産。豊富な海産物の加工品のお土産も豊富です。

長万部町の観光

長万部町は中心部に温泉が湧き出ており、温泉街があります。日帰り入浴ができるほか、ファミリー向けの宿泊施設もあるので観光にはもってこいです。郊外には『二股らぢうむ温泉』があり、温泉湯華のドームは北海道の天然記念物に指定されています。

またドライブインが多く、車で気軽に立ち寄れる町でもあります。

イベント

・おしゃまんべ毛がにまつり(6~7月)

長万部町の周辺情報

長万部町に隣接する自治体の情報はこちら

八雲町

今金町

黒松内町

豊浦町

 

長万部町は北海道の道南と道央を結ぶ交通の要として発展した町。温泉施設や特産品を楽しめる魅力ある町です。

【参考】長万部町役場長万部町観光協会気象庁

【画像】teturo、STUDIO EST、kai /PIXTA(ピクスタ)