TOP > 知る > 長沼町まるわかり情報【観光・グルメ】
長沼町

長沼町まるわかり情報【観光・グルメ】

札幌市から車で約50分、新千歳空港からは約30分の長沼(ながぬま)町は、平野や畑など北海道らしい景色が広がる農業の町です。空知の稲作発祥の地でもあり、耕地面積の約8割以上が田んぼです。

長沼町の基本情報

所在地

空知総合振興局に属し、岩見沢市、千歳市、恵庭市、北広島市、夕張郡栗山町、由仁町、空知郡南幌町と隣接しています。

面積

168.52km2

人口

10,490人・4,921世帯

*令和3年2月末時点

由来

本町の西1線北15番地付近に、アイヌ語で「タンネト-」という沼がありました。タンネト-とは和名で“細長き沼”という意味で、ここから「長沼」という地名が生まれ、現在はこのタンネト-の碑が残されています。

引用:町名の由来/まおいネット

長沼町へのアクセス

<札幌からのアクセス>

車では、国道12号、国道274号、道道札夕線経由で約50分でアクセスできます。

JRでは、札幌駅から北広島駅まで行き、JRバスで北広島駅から長沼まで約50分です。

<道外からのアクセス>

「新千歳空港」が便利です。

JR利用の場合、「新千歳空港」から北広島駅まで行き、JRバスで北広島駅から長沼まで約50分です。

長沼町の気候

1年を通して穏やかな気候の長沼町。太平洋と日本海の影響を受け、春から夏は風の強い日があります。

<夏>

夏は最高気温が30℃を超える日もありますが、平均すると20℃前後と過ごしやすい夏でしょう。

<冬>

冬は最低気温が-20℃近くまで下がる日もまれにあります。平均すると-5℃前後の日が多く、雪で吹雪く日もあります。

長沼町のグルメ

空知地方の稲作発祥の地である長沼町は『ななつぼし』『ゆめぴりか』『おぼろづき』『きたくりん』『きらら397』などのお米の栽培がさかんです。

ご当地グルメである長沼のジンギスカンは、タレに漬け込んだ味付きタイプ。どぶろく、大豆、長ネギ、などの特産品もあります。

⇒長沼町のグルメ特集はこちら

長沼町の観光

北海道屈指のオートキャンプ場『マオイオートランド』、源泉かけ流しの『ながぬま温泉』など、北海道らしい体験ができるスポットが多数。パークゴルフやサイクリング、スキー、乗馬なども楽しめます。

長沼町の周辺情報

長沼町に隣接する自治体の情報はこちら

岩見沢市

千歳市

恵庭市

北広島市

栗山町

南幌町

 

札幌からほど近い場所にありながら、大自然の恵みを食と観光で味わうことができる長沼町。北海道らしい旅を楽しめそうです。

【参考】長沼町観光協会公式サイト長沼町公式サイト「まおいネット」長沼うまうま

【画像】HAPPY SMILE、北の七福神 / PIXTA(ピクスタ)