TOP > 食べる > 国産ナチュラルチーズNo.1は足寄町の「しあわせチーズ工房」!部門賞も北海道産チーズが多数受賞
チーズプロフェッショナル協会

国産ナチュラルチーズNo.1は足寄町の「しあわせチーズ工房」!部門賞も北海道産チーズが多数受賞

生産者を応援し、国産ナチュラルチーズ最高峰を決める『ジャパンチーズアワード2020』。全国78の工房から、北海道「しあわせチーズ工房」の『幸』がグランプリを受賞しました!

「ジャパンチーズアワード2020」とは

チーズプロフェッショナル協会は、優れた国産ナチュラルチーズを表彰する『ジャパンチーズアワード2020』を10月17日(土)、東京・千代田区の神田スクエアで開催。

本アワードは、国産ナチュラルチーズの生産者を応援すると共に、生産者と消費者をつなぐプロジェクトとして2014年にスタート。国産ナチュラルチーズの最高峰を決めるコンテストとして2年に1度開催するなかで4回目となる今年は、全国78の工房から選りすぐりのチーズ233種類が出品されたそう!

審査を担当したのは、“チーズプロフェッショナル”の資格を有し、本アワード専門の研修を修了した81人。

しあわせチーズ工場の「幸」

厳しい審査を通り抜け、グランプリを受賞したのは、北海道足寄町茂喜登牛にある「しあわせチーズ工房」の『幸』(さち)でした。

協会長本間るみ子氏によると、『幸』は「見るからに外皮はキレイで、中が黄色くて、青草を食べた牛たちが放牧された時に作ったものかと想像が膨らんだ」チーズなのだとか!

北海道産チーズが部門賞を多数受賞

グランプリだけでなく、他にも北海道のさまざまなチーズが部門賞を受賞しています!

気になるチーズを見つけてみて。

■フレッシュ/バラエティ部門
ニセコチーズ工房
『デザートチーズ 二世古 雪花【sekka】ラムバナナ』

■ソフト/バラエティ部門
共働学舎新得農場 チーズ工房
『さくらのアフィネ』

■パスタフィラータ/熟成部門
牧家(Bocca)
『カチョカヴァロ 200g』

■パスタフィラータ/ストリング部門
ASUKAのチーズ工房
『ストリング・しおかぜ』

■パスタフィラータ/バラエティ部門
長沼あいす 酪乳品工房
『北のおいちーず』

■青カビ部門
ニセコチーズ工房
『ブルーチーズ 二世古 空【ku:】』

■非加熱圧搾/4カ月未満部門
ノースプレインファーム
『季節の有機セミハードチーズ』

■非加熱圧搾/4カ月以上部門
ニセコチーズ工房
『二世古 椛【momiji】』

■非加熱圧搾/ラクレット系部門
チーズ工房タカラ
『タカラのトケル』

■加熱圧搾/6カ月未満部門
十勝千年の森チーズ工房
『硬いヤギのチーズ』

■加熱圧搾/6カ月以上部門
しあわせチーズ工房
『幸』

 

国産ナチュラルチーズの最高峰に上り詰めた『幸』。その他部門賞を受賞したチーズも、気になったものからぜひ一度味わってみてくださいね!

表彰式は12月1日(火)に東京・渋谷区のLUMINE 0 (ルミネゼロ)での実施が予定されています。

<法人概要>

■法人名:NPO法人チーズプロフェッショナル協会
■住所:東京都千代田区内神田1-18-1イワカタビル3F
■HP:https://www.cheese-professional.com/https://www.cheese-professional.com/

<イベント概要>

■主催:NPO法人チーズプロフェッショナル協会
■後援:農林水産省
令和2年度国産乳製品等競争力強化対策事業(国産チーズ競争力強化支援対策事業)
独立行政法人農畜産業振興機構
■出品者:国内のナチュラルチーズ生産者(78工房・233点)
■受賞結果一覧:https://www.japancheeseaward.com/pages/1964342/page_201805301044

【参考】「ジャパンチーズアワード2020」しあわせチーズ工房の「幸」(北海道)がグランプリを受賞!/ チーズプロフェッショナル協会