六花亭シュークリーム実演

北海道でしか食べられない!誰もが知る有名店の「本店・直営店限定グルメ」5つ

北海道の人気のお土産といえば、どんなものを思い浮かべるでしょうか? おいしい食べ物が多い北海道には、“名店”と呼ばれるほど、強い人気を誇るお店がたくさんあります。

そんなお店のなかでも、本店や直営店、工場など、実際に足を運ばないと食べられない限定商品もあるんです。今回は、北海道に来たら立ち寄ってほしい、店舗限定の人気グルメをご紹介します!

1:全国にファンが多数!本店だから楽しめるケーキも人気の「ルタオ本店」 / 小樽市堺町

全国的にも有名な小樽発祥の洋菓子店「ルタオ」。小樽市内に6店舗、札幌、千歳、新千歳空港にも店舗を展開している人気店ですが、なかでも小樽本店には限定の商品がたくさんあります。

本店はJR南小樽駅から徒歩約5分、観光名所“メルヘン交差点”にあります。1階はショップ、2階は喫茶店、3階は展望台になっており、街のシンボル的スポットです。

「ルタオ本店」でしか買えないスイーツのなかで、人気の商品を3つご紹介。1つは4種のチーズとクローバーはちみつを練り込んだチーズクッキー『ドルチーナ・クワトロフォルマッジ』。ザクザクとした食感と、塩気と甘みのバランスがいいクッキーです。

2つ目は、ローストしたカラメルアーモンドをホワイトチョコレートで包んだ、香ばしくも甘い『プチショコラ アマンドホワイト』。

そして3つ目は、特製のチーズクリームをたっぷりと使用した『ドゥ・フロマージュロール』です。

『ドゥ・フロマージュロール』は北海道産クリームチーズを使用したベイクドチーズを「ルタオ」こだわりの生クリームで包みこんだロールケーキ。チーズのまろやかな味が口いっぱいに広がる人気の商品です。

2階の喫茶店は、「ルタオ」で人気のケーキをセットで楽しめるメニューが充実しています。ケーキセットのドリンクは、本店限定の紅茶『カリヨンの音色』も選べます。4種の茶葉をブレンドした甘酸っぱさとほろ苦さが引き立つ紅茶は、ケーキとの相性が抜群。「ルタオ本店」の喫茶店でしか楽しめない贅沢な時間を過ごせます。

『カリヨンの音色』は2階喫茶店で購入可能。本店だけの美味しさを、ご自宅に持ち帰るのもおすすめですよ。

<店舗情報>
■店舗名:小樽洋菓子舗ルタオ本店
■住所:北海道小樽市堺町7-16
⇒営業時間など詳細はこちら

もっと詳しく
「小樽洋菓子舗ルタオ本店」に関する詳しい情報はこちら

2:小樽といえば欠かせないお土産。かまぼこの名店「かま栄 工場直売店」 / 小樽市堺町

小樽市にある、かまぼこの「かま栄」。明治38年創業で、100年以上の歴史を誇る「かま栄」は現在、小樽に限らず札幌市内に数店舗、新千歳空港にも展開しています。

小樽運河絶好のフォトスポット“浅草橋”から徒歩5分ほどの場所にある「かま栄 工場直売店」では、無料で製造工程をガラス越しに見学できます。

併設された「かま栄カフェ」では、揚げたての熱々のかまぼこを味わいながら休憩することも可能。工場見学を楽しんだら、必ず立ち寄ってほしいスポットです。

ベーコン、チーズ、玉ねぎ入りのすり身、薄い食パンで巻いて揚げた『パンドーム』は工場直営店だけの限定商品。地元民の間では「かま栄といったらパンドーム」という方も多いほど人気の商品です。「かま栄 工場直売店」を訪れた際にはぜひ手にしてみてくださいね。

<店舗情報>
■店舗名:かま栄 工場直売店
■住所:北海道小樽市堺町3-7

もっと詳しく
「かま栄 工場直売店」に関する詳しい情報はこちら

小樽ってどんなところ?
#小樽グルメ  #小樽観光

3:北海道のお土産といえば!焼き立てが楽しめる人気の菓子店「きのとや白石本店」 / 札幌市白石区

北海道で長く愛される札幌の洋菓子店「きのとや」。北海道の素材にこだわった「きのとや」の焼き菓子やケーキは、お土産にも喜ばれる人気のものばかりです。

そんな人気店の限定商品を購入できるのが「きのとや白石本店」。新食感を楽しめるものから焼きたてのスイーツまでラインナップも豊富です。

『極上生チーズタルト』はチーズ感あふれる“新感覚生チーズタルト”として話題。アーモンドパウダーを使った香ばしいクッキータルトの中に、ふわふわレアチーズムースと直営農場の放牧牛乳、平飼い卵を使用した生チーズスフレがたっぷりと入ったタルトです。フレッシュさにこだわり、“生”を感じさせる食感が特徴。

ザクザクッとした食感にこだわって作られた『焼きたてザクザク』は、まさに名前の通りザクザクとした食感が人気のスイーツ。店内にある工房で生地を焼き上げ、注文を受けてからカスタードクリームを詰めるため、焼きたてのクロッカンシューのおいしさをそのまま味わえるのが特徴です。かねてからの人気商品『クロッカンシューザクザク』に比べ、ひとまわり大きく、カスタードクリームも増量されています!

限定のスイーツに注目が集まる「きのとや白石本店」。これを機にぜひ一度足を運んでみてはいかがでしょうか?

<店舗情報>
■店舗名:きのとや白石本店
■住所:北海道札幌市白石区東札幌3条5丁目1-20

もっと詳しく
「きのとや白石本店」に関する詳しい情報はこちら

札幌ってどんなところ?
#札幌グルメ #札幌カフェ #札幌ラーメン #札幌観光

4:十勝のお菓子ファクトリー!工場見学もできる「柳月 スイートピア・ガーデン店」 / 音更町なつぞら

『三方六』や『あんバタサン』など、北海道のお土産として高い人気を誇るお菓子を販売する「柳月」。そんな「柳月」の工場である「スイートピア・ガーデン」では、ショップだけではなく、工場見学も楽しめます!

「スイートピア・ガーデン」があるのは、「柳月」の本店がある帯広駅前から車で約15分。ドライブの際にも立ち寄りやすい立地です。

店内の工場見学の通路からは、『三方六』や『あんバタサン』など「柳月」のお菓子の製造工程を見学できます。専門の職人さんによって手作業で完成されていくお菓子を見ることも。工場内の様子は見応え抜群で、子どもも大人もワクワクすること間違いなしです。

おすすめの限定スイーツは、きなこをたっぷりと使った『十勝きなごろもソフト』です。コーンの底には十勝産の粒あんが入っており、そのうえにはきなこがたくさん練り込まれたこだわりのソフトクリームが。人気和菓子である『きなごろも』がトッピングされ、ぷるぷるもちもちな食感が楽しめるオリジナルのソフトクリームになっています。

また、お土産マニアに人気なのが『三方六の切れ端』。人気バームクーヘン『三方六』の端を切り落とした部分を集めた『三方六の切れ端』は数量限定。開店前から多くの人が並ぶほど人気ですが、「スイートピア・ガーデン」限定なのでぜひ狙ってみてください。

<店舗情報>
■店舗名:柳月 スイートピア・ガーデン店
■住所:北海道河東郡音更町なつぞら1番地1

もっと詳しく
「柳月 スイートピア・ガーデン店」に関する詳しい情報はこちら

5:地元民がおすすめする名店!限定のシュークリームが人気の「六花亭 西三条店」 / 帯広市西3条

全道各地にお店を構え、全国的な人気を誇る「六花亭」。「六花亭」でおすすめしたい店舗限定のスイーツがあるのは、帯広駅から車で6〜7分ほど進んだ国道沿いにある「六花亭 西三条店」です。車でのアクセスもよく、広々とした明るい店内はたくさんの観光客でにぎわっています。

「六花亭 西三条店」の限定商品は、シュークリーム。常時販売中のプレーンタイプの『シュクレー』と、月ごとに新しい味が加わる『シュー』があり、訪れるタイミングによって違った味わいのシュークリームが楽しめます。

こちらのシュークリームはとにかくシュー生地がサックサク。この食感をおいしく楽しむためにも、購入後は3時間以内に食べることをおすすめしているのだそう。味ごとにシュー生地が異なるのも魅力のひとつですよ。

タイミングがよければ店内で実演の様子が見られることも……。目の前で完成したばかりのシュークリームを食べられるのは嬉しいですよね。

限定のシュークリームは2階の喫茶室で食べることも可能です。ドライブの途中にゆっくりと休憩しながら、おいしいスイーツを食べるのもいいですね。

<店舗情報>
■店舗名:六花亭 西三条店
■住所:北海道帯広市西3条南1丁目1-1

もっと詳しく
「六花亭 西三条店」に関する詳しい情報はこちら

帯広ってどんなところ?
#帯広グルメ #帯広観光

 

名店が提供する限定商品の数々。どれも足を運ばないと食べられないものばかりです。限定の商品を目的に、少し遠くまで足を伸ばしてみてはいかがでしょうか?

【画像】 小樽洋菓子舗 ルタオ、 株式会社きのとや、 株式会社 柳月

※こちらの記事は北海道Likersの過去掲載記事をもとに作成しています。メニューや営業時間はお店の公式SNS等でご確認ください。

⇒こんな記事も読まれています
【PR】「母の影響で馬の虜になった」神戸からやってきて奮闘中!ばん馬の新人獣医師・柴田さんが描く未来

札幌在住ライターが厳選!一度は行きたいカフェ25選

【チーズケーキ特集】人気お取り寄せ&カフェまとめ

LINE友だち追加