生振

【全5問】北海道民ならクリアできる?北海道の難読地名集めました

北海道には、変わった読みの地名がたくさんあります。一見すると、簡単な漢字を使われていて読めそうですが、想像していた読み方とまったく違うことも大いにあります。

『北海道Likers』では、今までたくさんの難読地名を紹介してきました。今回は、なかでも難しい北海道の難読地名クイズを5問出題します。すべて答えられますか?

Q1:白人

十勝幕別町にある地名、「白人」は何と読むでしょうか。「はくじん」ではありませんよ。

A.ちろっと

アイヌ語で「チリロクト(鳥が座る沼)」という意味です。白人村にアイヌ民族が住みはじめたのは1749年と伝えられ、その多くは北見方面から移住してきたといわれています。

幕別町千住には、『蝦夷文化考古館』があり、アイヌ民族の祖先が残した貴重な文化財が残されています。北海道の大自然を感じながら、アイヌ文化に触れてみるのもいいかもしれませんね。

【もっと詳しく】
「白人」ってどんな場所?

Q2:重蘭窮

続いては、釧路町にある難読地名。甘みのある牡蠣が有名です。

A.ちぷらんけうし

由来は、アイヌ語で「船を下ろす所」という意味からきているようです。さすがに読めませんね。

重蘭窮には『仙鳳趾厳島神社』や一面に広がる自然があり、周りにはきれいな海も広がります。そして仙鳳趾産の牡蠣は身が大きく、濃厚で甘味ある味わいが特徴です。

【もっと詳しく】
「重蘭窮」ってどんな場所?

Q3:馬主来

「ばぬし」とは読みません。ヒントはひらがな4文字で、そのうち1文字には半濁音が入ります。

A.ぱしくる

“馬主”を“ぱし”と読むのは難しかったのではないでしょうか。

馬主来は釧路市と白糠町にある地名です。「パシクル」はアイヌ語で「カラス」を意味するんだそう。「馬」が入っているのに、由来はカラスだなんて不思議ですね。

釧路市と白糠町の町境に位置する『馬主来自然公園』は、観光スポットとして有名です。中でも『パシクル湖』は水が満水になると太平洋に流れ出すという、とても珍しい特徴があり、「日本の重要湿地500」にも選ばれているそうですよ。

【もっと詳しく】
「馬主来」ってどんな場所?

Q4:生振

「生振」は、石狩市にある茨戸川と石狩川に囲まれた地域で、札幌市とも隣接しています。漢字は誰もが知るところですが、2つ合わさるとなかなか読みにくい。

A.おやふる

生を“おや”と読むだなんて、びっくりですね。

アイヌ語に由来し、旧石狩川に沿って東西に伸びていた丘を指す「川尻の丘」という意味だそうです。四方を川に囲まれたこの土地では、蛇行した川の流れを直行させるための捷水路(しょうすいろ)を築くなどして開拓移民たちにより開墾が成し遂げられたそう。北海道らしい歴史の詰まった地域です。

【もっと詳しく】
「生振」ってどんな場所?

Q5:入境学

「入境学」は北海道釧路郡釧路町仙鳳趾村にあります。当てられたらすごいかも。

A.にこまない

いくら漢字から想像力を働かせても、正解できないほどの難読地名ですね。

アイヌ語地名解から考えると、「流木の集まる川」という意味なんだそう。付近には太平洋を一望できる『セキネップ展望広場』があり、ビュースポットとなっています。

【もっと詳しく】
「入境学」ってどんな場所?

 

今回ご紹介した難読地名は、かなりの難易度だったと感じる方も多いのではないでしょうか。

道内には変わった読み方の地名がまだまだたくさんあります。道民同士でクイズを出し合うと盛り上がるかもしれませんよ!

※こちら記事は北海道Likersの過去掲載記事をもとに作成しています。

⇒こんな記事も読まれています

さすがに読めない?全問正解できたらすごい「漢字3文字」の北海道難読地名クイズ全5問

道民なら読める?噛むほど旨味があふれてくる北海道の定番おつまみ「冬葉」