TOP > 知る > 歌志内市まるわかり情報【観光・グルメ】
北海道 道の駅 うたしないチロルの湯

歌志内市まるわかり情報【観光・グルメ】

人口3,000人に満たない日本一小さな“市”、歌志内(うたしない)市。北海道の中心部に位置する空知郡の街です。札幌市内や旭川市内から車で1時間程度の歌志内市の情報をご紹介します。

歌志内市の基本情報

所在地

空知総合振興局に属し、芦別市、赤平市、砂川市、上砂川町と隣接しています。

面積

55.95km2

人口

2,994人・1,786世帯*

*2021年3月31日現在

由来

市内を西に向かって二分して流れる「ペンケウタシュナイ川」の名に由来しており、アイヌ語で、「砂のたくさんある沢」という意味です。

明治24年に北海道炭砿鉄道株式会社の鉄道開通の際、その意をとって歌志内と称し、これを地名としました。

引用:歌志内市公式サイト

歌志内市へのアクセス

<札幌からのアクセス>

公共交通機関利用の場合は、札幌からバスで砂川市内まで約1時間、砂川からバスで歌志内まで約30分です。

車の場合は、札幌市内から「道央自動車道」経由で約1時間30分です。

<道外からのアクセス>

「新千歳空港」をご利用ください。

「新千歳空港」から歌志内まで車で約1時間50分です。

歌志内市の気候

歌志内市の気候は内陸性で、北海道らしく四季の変化がはっきりしています。天候は安定しているため、生活しやすい気候です。

<夏>

真夏の平均気温は21℃ほどと冷涼な気候です。最高気温は32℃ほど。

<冬>

厳冬の平均気温は-7℃程度と冷え込みが厳しくなります。最低気温は-20℃前後。

年間平均降雪量は約10mに達します。

歌志内市のグルメ

郷土料理は『なんこ』という馬のホルモンの味噌煮込み。それぞれ家庭の味があるそうですが「道の駅うたしないチロルの湯」でいただくことができますよ!

特産品には、水耕栽培の『チロルレタス』、『うたしないワイン』などがあります。

歌志内市の観光

歌志内市には道の駅に天然温泉『チロルの湯』があります。また昭和59年に倉本聰氏のテレビドラマの舞台となった『悲別ロマン座』も人気のスポット。「かもい岳」の山頂からは雲海が見られることもあるとか!

歌志内市の周辺情報

歌志内市に隣接する自治体の情報はこちら

芦別市

赤平市

砂川市

上砂川町

 

日本一小さな市である歌志内市は、「かもい岳」山麓の景観を活かし、ヨーロッパ・スイス風の景観も特徴の1つです。コンパクトながら山間にある美しい街を訪れてみませんか。

【参考】歌志内市公式サイト Google マップ

【画像】ueda、kuni、ttn3 / PIXTA(ピクスタ)