TOP > 知る > 「ありがとう」「ごめん」と言われたらどう返す?汎用性高めな北海道弁はこれ
ありがとう

「ありがとう」「ごめん」と言われたらどう返す?汎用性高めな北海道弁はこれ

2021.04.30

「ありがとう」と言われたら「どういたしまして」と返し、「ごめんなさい」と言われたら「いいよ」と返しますよね。北海道弁にはどちらのシーンでも使える、便利な言葉があります。それが「なんも」です。

汎用性が高い北海道弁「なんも」

「なんも」は、「問題ない」という意味の「大丈夫」「いいよ」「ちっとも」という意味で使われる北海道弁です。

「ありがとう」と言われて返す「なんも」は、「ちっともだよ」「いやいや、とんでもない」といった謙遜の意味に。

「ごめんね」と言われて返す「なんも」は、「いいよ」「平気だよ」「気にしないで」という気遣いの意味になります。

このようにいろんなシーンで使えて、短く言いやすい言葉なので、汎用性が高いです。

秋田県でも使われている方言

秋田県でも「なんも」を同じように使うそう。

とくに感謝されたときの返事として言うため、「どういたしまして」の意味合いが大きいようです。

北海道弁「なんも」の活用を例文で実践!

「なんも」はいろんな言い方をします。例文で活用の仕方を見ていきましょう。

「遅れちゃってごめんね」

「なんもなんも」

意味)大丈夫、気にしないで

「この前は送ってくれてありがとう」

「なんもだよ」

意味)いやいや、ちっともだよ

「プレゼントありがとう!」

「なんもさ~」

意味)いや~どういたしまして

このように「なんも、なんも」と連続させたり、「なんもさ」「なんもだよ」と語尾をつけたりする言い方をよくします。

 

「なんも」は、相手からの気遣いに対して、やさしさで返す言葉です。コミュニケーションにもつながる言葉なので、北海道の人から聞いたときは前向きに受け取ってくださいね。

【参考】北海道の方言 / 北海道外国人相談センター

【画像】PicStyle、kou、mits / PIXTA(ピクスタ)

⇒こんな記事も読まれています

北海道だけって本当?北海道民が標準語だと思いがちな北海道弁4つ

【北海道弁講座】道民が解説!これだけは知っておきたい「基本の北海道弁」14選