TOP > 知る > 置戸町まるわかり情報【観光・グルメ】
夏の置戸町鹿の子沢の糸ひき滝

置戸町まるわかり情報【観光・グルメ】

置戸(おけと)町は、北海道東部・オホーツク総合振興局管内の南西端に位置し、面積の8割以上を森林が占める町です。地域ブランド『オケクラフト』の木工芸品が人気。

置戸町の基本情報

所在地

オホーツク総合振興局に属する。隣接する市町村は陸別町、足寄町、上士幌町、北見市、訓子府町。

面積

527.27km2

人口

2,733人・1,400世帯*

*令和3年3月末現在

由来

アイヌ語の「オケトウンナイ」(鹿の皮を乾かすところの意)より転じたもの。

引用:市町村名の由来 / オホーツク総合振興局

置戸町へのアクセス

<札幌からのアクセス>

車で約4時間30分。

<道外からのアクセス>

「女満別空港」を利用しましょう。

・車

「女満別空港」~置戸町まで車で約1時間30分。

・バス

「女満別空港」~北見バスターミナル(北見市)まで約40分、北見バスターミナル~置戸町まで約60分。

置戸町の気候

夏冬、昼夜の寒暖の差が大きく、積雪降雨が少ない典型的な大陸性の気候です。2020年の平均気温は6.4℃*1

<夏>

2020年8月の平均気温21.1℃、最高気温36.1℃*1

<冬>

2020年2月の平均気温-8.4℃、最低気温-25.5℃*1。

*1 参考地点:境野

置戸町のグルメ

置戸の厳しい自然の中で育ったぶどうでつくられた、赤・白・山ぶどうワイン『炎の里』や、しろ花豆焼酎『おけと』などの特産品があります。

置戸町の特産品のひとつであるヤーコンは、南米アンデスの原産の植物。ヤーコン茶、手作りジャムなどに加工されています。

置戸町の観光

置戸町の景勝地『鹿の子沢風景林』は市街地から車で30分の距離にあります。『鹿の子沢風景林』には約200種類の植物の生育が確認されており、森を歩きながら植物観察が楽しめます。

『オケクラフトセンター森林工芸館・どま工房』は、置戸の地域ブランド『オケクラフト』を見て、触れて、購入できるショップ。館内の工房では、オケクラフトの製作風景をガラス越しに見ることができます。

『置戸町郷土資料館』は置戸町の歴史を知りたい方にぜひ訪れてほしいスポット。約2万年前の旧石器時代のものから、ごく最近まで使用されてきた生活用具や産業機具などが展示され、とくに林業に関する資料、黒曜石の石器などが充実しています。

イベント

・おけと夏まつり・人間ばん馬大会(7月)

・おけと湖水まつり(7月)

・もっと馬力だすべぇ祭(9月)

置戸町の周辺情報

置戸町に隣接する自治体の情報はこちら

足寄町

上士幌町

北見市

訓子府町

 

置戸町は豊かな自然に囲まれ、ゆっくりと過ごせる魅力ある町です。

【参考】置戸町 おとけの観光 境野 年ごとの値 / 気象庁

【画像】栁沼 雅貴、jazzman、ueda / PIXTA(ピクスタ)

※訂正(2021/4/27)…記載に誤りがありました。記事内容を修正・変更いたしました。