TOP > 知る > 打倒、北海道は送料別!お取り寄せの送料を安く済ませるお得術
通販

打倒、北海道は送料別!お取り寄せの送料を安く済ませるお得術

いいものを見つけて会計へ進んだら「あれ? 商品代より送料の方が高い!」なんてがっかりした経験はありませんか? 北海道では“道民あるある”としてもはや定番のネタになっているほど、よく遭遇する出来事ですよね。

オンラインショッピング歴約16年、そんな悔しい思いをしてきた筆者が編み出した北海道でも送料お得に済ませる技をご紹介します。

全国送料無料サービスを徹底

オンラインショッピングのサイトによっては、会費を支払って会員登録することで一定期間送料無料といった特典を受けられるというサービスがあります。普段からよくインターネットで買い物をする場合は、会費を支払ってもお得になる場合がありますよ。

たとえば『アマゾンプライム』もそのひとつ。通常だと北海道では2,000円未満のお買い物には送料が450円かかりますが、プライム会員ならなんと無料です(一部異なる場合があります)!

日用品や食品など、低額でよく使うものも気軽に注文できて便利ですね。

送料が安くなるお店をリサーチしてから購入

買うものが決まっていても、まずは他のお店もリサーチしてみましょう。

同じ商品でも、販売しているお店によって送料が無料、もしくは安くなる場合があります。

さらに『楽天』や『ZOZOTOWN』などのサイトでは、ポイント還元やお得なクーポンが発行される場合も。実質送料分が無料になったり、場合によってはさらに安くなることもありますよ。

店舗受け取りで送料無料

全国展開しているような大型のチェーン店だと、自宅までの配送ではなく“店舗での受け取り”を選択することで送料が無料になる場合があります。近くに店舗がある場合は、オンライン限定のサイズやデザインのものを購入したり、店舗で売り切れているものを取り寄せたりするのにも便利。

『ユニクロオンラインストア』や『セブンネットショッピング』、『ワークマン』など店舗受け取りできるお店は意外とたくさんありますよ。

 

オンラインショッピングの需要が高まる今、「なんとか賢く安くお買い物を楽しみたい!」、まずは送料の見直しをしてみるといいかもしれませんね。

【参考】
ZOZOTOWN 商品のお届けについて
Amazon 商品の配送について
ユニクロ ユニクロ店舗受け取りについて
セブンネットショッピング 店舗受け取りについて

【画像】Natee Photo、stockfour、Elena Butor、Koshiro K / Shutterstock.com

⇒こんな記事も読まれています

「とりあえず妙夢でいい?」って、それどこ?札幌駅の待ち合わせで白い石が選ばれるワケ

我らが北海道はやっぱりデカすぎた!海外、国内…北海道と大きさ比べてみた