TOP > 食べる > 煙まで旨いって本当!? 道内随一の焼肉の街で堪能したい「北見焼肉」【肉好き必見】
網の上で焼けるお肉

煙まで旨いって本当!? 道内随一の焼肉の街で堪能したい「北見焼肉」【肉好き必見】

2020.12.09

北海道でも屈指の焼肉の街といえば北見市。全国的に見ても、人口比率に対して焼肉店が多いことで有名です。ですが、他の地域の焼肉と一体何が違うの?と思う方も多いはず。

今回は北見焼肉のヒミツと、おすすめの焼肉店をご紹介いたします。遠赤外線でふっくらジューシーにやけたお肉。後を追うようにごはんやお酒を流し込めば幸せいっぱいになること間違いなしです!

七輪の上の宇宙!肉汁がたまらない「北見焼肉」のヒミツ

2018年にマイボイスコム(株)が発表した「焼肉に関するアンケート」では、全国では牛カルビや牛ロース、牛タンとなり、北海道全体で食べられているお肉はラム肉という回答がありました。しかしここ北見市では、ラム肉も食べるものの内臓肉が主流なんです。

「北見焼肉」の真髄はここにあり!炭火七輪とサガリ&ホルモン

北見市民の焼肉好きのルーツには諸説あるようですが、一説によるとその昔、北見市の駅裏にと畜場があり、当時はさほど主流ではなかった内臓肉が新鮮でお手頃な値段だったため食べられるようになったという説があります。

本州の方ではあまり馴染みがないサガリですが、本州ではハラミと呼ばれる部分が同じ横隔膜内のお肉です。しかし、北見で食べるサガリはまさにカットステーキサイズのようなぶ厚さ! おまけに脂身も少ないので、ヘルシーです。

また、数多くあるホルモンの中でも北見市では豚ホルモンをよく食べます。鮮度が良くないと美味しくないとされる豚ホルモンですが、ここ北見市では、鮮度の良いホルモンが手に入り、カリッと焼いて食べるのが主流です。

そして、七輪も欠かせないアイテム。

少ない炭で火力も強く、おまけに遠赤外線のおかげでお肉がジューシーに仕上がる。煙は出ますが、それもまた焼肉を楽しんだ証としてしまうのも北見焼肉の真髄でしょう。手軽に使える七輪で仲間と一緒に肉を焼いてワイワイ楽しむ。そんな光景が今に伝わる北見焼肉のルーツとなっています。

鮮度バツグン!北見市には肉屋直営の焼肉店が多い

北見焼肉の特徴として、お肉屋さんが経営している焼肉店が多いことがあげられます。なので、焼肉は美味しくて基本的にリーズナブルなお店が多いのです。

北見市民は焼肉屋さんでも焼肉を楽しみ、さらにお肉屋さんでお肉を買って自宅のガレージや外で焼肉をして楽しみます。

北見焼肉を堪能できる「味覚園」ではオホーツクエリアの牛肉が食べられる

筆者おすすめのお店といえば、(株)坂口精肉店が運営する『味覚園』です。国道39号線沿いにあり、いつでも美味しい焼肉を楽しめます。このお店の特徴は、オホーツク管内の美味しい熟成和牛が食べられること。そして、家族みんながゆっくりと楽しめる空間がブランドコンセプトとなっているお店です。

もちろん七輪で食べるのですが、無煙ロースターなので、モクモクとした煙に包まれることなく、はじめて北見焼肉を楽しむ方でも焼肉を思う存分堪能できるでしょう。こちらでいただける希少な熟成焼肉は、北見に来たなら一度は食べて欲しい逸品です。

煙もごちそう!「北見焼肉」で肉汁とろける贅沢なひとときを

七輪で焼くお肉。北見で焼肉を食べると、ジューシーで美味しい焼肉が食べられます。まずは基本のサガリやホルモンから食べてみてください。そして、日本有数の生産量を誇る北見タマネギとお肉の相性がバツグン! お店によってオリジナルで作っている生タレにも注目です!

 

ジュージューと思う存分お肉を焼いて肉汁で気持ちもほどける贅沢な時間を過ごしてみてはいかがでしょうか。

【参考】
焼肉に関するアンケート調査(第3回)/ マイボイスコム株式会社