TOP > 食べる > お花が咲いているパフェ?ノスタルジックなおしゃれカフェでいただくスイーツ【北見】
カスタードパフェ

お花が咲いているパフェ?ノスタルジックなおしゃれカフェでいただくスイーツ【北見】

2020.12.28

大きめのグラスの中に色とりどりのクリームや果物が折り重なって幸せを運んでくれるパフェ。最近はシメパフェも有名ですが、カフェでいただくパフェは日本に根付いたデザート文化の象徴的存在です。

北見駅から車で5分。私設庭園の中に「遊牧民族」というカフェがあります。ここには、ちょっとめずらしいお花が咲いたパフェがあるんです!

まさに1つひとつに驚きがあるパフェ。さらに食感が不思議でハマってしまいそうなダッチベイビーもご紹介します!

私設庭園の中にある緑豊かなおしゃれカフェ

「遊牧民族」は、川西ぼたん園という私設庭園内にあります。北見市ではめずらしい古民家カフェで、白壁に瓦屋根という風貌が庭園と見事にマッチしています。

お店の入り口から見えるのは、レトロなオブジェたち。ところ狭しと置かれていて、初めて来た人でもどこか懐かしく、隠れ家的な雰囲気を演出してくれています。店内は木のぬくもりがあり、落ち着いた空間です。

パフェに咲くカシスのお花

パフェといえば、チョコレートパフェなどが一般的ですが、筆者のおすすめは『温州みかんの焦がしカスタードパフェ』820円(税抜)。テーブルに置かれるとパッと華やぐパフェに上に咲いた一輪の花。まず、見た目の美しさにしばし見惚れてしまいます。

そして、お花は上だけではありません!

周りを見るとグラス内にもお花があるんです。

これは温州みかんをお花に見立てたもの。まるごと1個分が入っています。色のコントラストも紫とオレンジ色でとってもおしゃれです。あまり崩さないように外側から食べてみると、カシスシャーベットの甘酸っぱい味が口に広がります。

お花がパフェの上に咲いていられるヒミツは、その下がクリームブリュレのように、アメ状になっているから。スプーンを入れると、パリパリッと割れて濃厚なクリーム層が現れます!

食べ進めるほどに新しい美味しさに出会えるのがパフェの醍醐味。温州ミカンも程よい酸味と甘さで、ペロッと完食してしまいますよ!

シュワッモチッの不思議な食感!ダッチベイビー

次にご紹介するのは、ダッチベイビーというちょっと聞きなれないスイーツ。ドイツで食べられているパンケーキの仲間です。ここ、「遊牧民族」で食べられる筆者のおすすめは『ベリーダッチベイビー』820円(税抜)。スキレットの上でプクーッっと膨れた生地の上に、手作りベリーソース、アイスクリームが乗っていてふんわり甘い香りが漂います。

周りはシューのようなサックリとした食感と、底のほうはモチッとしたクレープのような食感。アイスクリームが程よく溶けて、お口の中はリッチな美味しさが溢れます。

今回、ベリーダッチベイビーを注文しましたが、オレンジとチョコレートのハーモニーがたまらない、チョコレート味もおすすめです。ただし少しお時間がかかるスイーツなので、コーヒーを楽しみながら待つのが良いでしょう。

スイーツを楽しむ時間は、心を贅沢な気分にさせてくれます。

今回ご紹介した「遊牧民族」では、スイーツの他にも食事やコーヒーも楽しめ、こちらも人気です。夜はライトアップされ、さらにムード満点な空間。気の合うお友達と美味しいスイーツと共にステキな時間を楽しみませんか?

<店舗情報>

■店舗名:遊牧民族
■住所:北見市花月町6-3
■TEL:0157-33-1324
■営業時間:11:00~23:00(※12月22日現在は11:00~22:00の時短営業を行っています)
■定休日:月曜/第3火曜※祝日の場合は翌日振替
■URL:https://www.yubokuminzoku.com/

⇒こんな記事も読まれています

札幌ラーメンといえばここ!におわない行者ニンニクと、熟成味噌の深いコク「ラーメン札幌一粒庵」

【北大生御用達】スープ―カレーと言えばここ!北大13条門からすぐの「Picante」