TOP > 食べる > 高校生の熱意に応えた!北見出店から見えた、スターバックス流の地域貢献とは
北見三輪店(外装)

高校生の熱意に応えた!北見出店から見えた、スターバックス流の地域貢献とは

2020.12.10

今年11月、オホーツク管内初となるスターバックスがついに北見市に誕生!

もともと北見市への出店を進めていたスターバックスですが、それと同時に地元の高校生たちから「北見に出店してほしい」という声があったとか。彼らは地域課題に関する研究で、“北見市へのスターバックスの誘致”を目指して調査をしていました。

大切なのは「地域における存在意義」

これまで道東で、帯広や釧路に店舗を展開してきたスターバックス。道東のお客様に対しては、スターバックスやコーヒーに対する関心や期待の高さを感じていたそうです。

スターバックスらしい店舗空間づくり、サービス提供ができることが、新店をつくる際の重要なポイント。そんな場所を探すなか最適な立地にめぐり合い、北見市への出店が決定しました。

“その地域において、どのような存在になっていけるか”という社会貢献の側面を重視した、スターバックスらしい出店背景です。

地元高校生たちの想いを知って

北見北斗高校の学生たち

スターバックス誘致を研究した北見北斗高校の学生たち(※撮影時にマスクを外す等、感染対策を講じた上で撮影しております)

このように出店を進めていた同社にエールを送ったのは、北見北斗高の生徒たちが行った熱意ある研究です。

授業で地域課題について調べていた彼らは、人口規模がそれなりに大きい北見市になぜかスターバックスがないことに、疑問を抱いたそうです。既存の店舗を参考にしながら出店基準や誘致するための条件を徹底的に調べ、研究成果をまとめあげました。

この取り組みを知ったスターバックスは、若い世代の人々が地域課題を解決する上でスターバックスの必要性を考えてくれたことに感動し、敬意と喜び、そして勇気を感じたといいます。彼らの想いに触れたことで「地域にとって居場所になる存在を作り上げたい」という意欲が会社全体で高まったそう。

待望のオープン初日!

このような経緯でオープンした北見三輪店は、初日からたくさんの人が並ぶなど大盛況! SNS上でも出店を喜ぶ声が多く見られ、地元の方々がスターバックスを心から歓迎している様子がわかります。

オープンから1か月経った現在も客足は止まらず、スターバックス自体を初めて利用する方、散歩がてらにコーヒーを飲みに来る方、学校帰りに友達と立ち寄る方など、それぞれの形でスターバックスを楽しんでいるようですよ。

 

地域の幸せと繁栄を、第一に考えるスターバックス。スタッフと一人ひとりのお客さん、そして地域社会との間に信頼関係が生まれることで、会社は初めて成功する。そんなすてきな理念と高校生たちの熱い想いがつまったのが、北見三輪店です。

北見市に行く機会があれば、ぜひ寄ってみてくださいね!

<店舗情報>

■店名:スターバックス コーヒー 北見三輪店
■住所:北海道北見市東三輪2-36-4
■営業時間:07:00~23:00
■定休日:不定休

【画像】スターバックスコーヒージャパン株式会社

⇒こんな記事も読まれています

【北海道難読地名クイズ】初見で読めたら天才!釧路町の難読地名「入境学」

「ひょうちゃ」じゃないよ!読めそうで読めない北海道の地名クイズ全3問