TOP > 食べる > 道産子のソウルフード!海鮮を贅沢に使用した北海道の「ご当地めし」3つ【お取り寄せ】
北海道のご当地めし

道産子のソウルフード!海鮮を贅沢に使用した北海道の「ご当地めし」3つ【お取り寄せ】

数ある北海道のグルメの中でも、人気の高い海鮮! 「旅行で食べたあの味が忘れられない」という人も多いはず。

そこで今回は、おうちにお取り寄せできる北海道の海鮮を手軽に楽しめる“ご当地めし”をご紹介します。

1:ホタテをふんだんに使った「北海道ホタテめし」

北海道ホタテめし

出典: 服部醸造

「服部醸造」は昭和2年の創業以来、北海道八雲町で味噌・醤油・麹の製造を一筋に手がける醸造所。時流に流されず、厳選された原料を使用し伝統の技術に裏打ちされた味は、“品質をモットー”とする服部醸造の心意気から生まれたものです。

そんな「服部醸造」の『北海道ホタテめし』は、自慢の『一番だし昆布醤油』をはじめ、噴火湾産のホタテ、ふっくりんこ産米を使用した“オール北海道”の一品です。

具材を一緒に容器に入れて電子レンジで5分温めた後、5分間蒸らすだけで香り豊かでふっくら美味しいお一人用の炊き込みご飯が堪能できますよ。

<商品情報>

■商品名:北海道ホタテめし 250 g × 4個 (化粧箱包装)
■価格:4,320円  (税込) ※送料別

<会社情報>

■会社名:服部醸造株式会社
■住所:北海道二海郡八雲町東雲町27
■電話番号:0137‐62‐2108
■HP:https://maru-8.net/   
■オンラインストア:https://item.rakuten.co.jp/s-hokkaido-shop/22-h2/
■購入方法:オンラインストアより購入可能

【参考】ふっくら美味しい!こだわりの「一番だし昆布醤油」を使った北海道ホタテめし(2020年6月13日掲載)

2:老舗鮮魚卸店の6代目が仕掛ける「糠にしん」のお茶漬け

北海道岩内町の地域ブランド商品『伝統の漁師めし・岩内鰊和次郎』は、北海道・日本海沿岸の港町の岩内町の漁師や鮮魚店の家庭で食べられていた糠ニシンのお茶漬けで、漁師町・岩内町を代表するソウルフード。

ご飯の上にかけてお湯を注ぐだけで本格的な漁師めしをご家庭でも簡単に食べられるうえ、高圧釜で調理しているので小骨も一切気になりません。和次郎の名は明治時代の岩内に実在した漁師の名前から取ったもの。当時から愛されている漁師めしの味を感じることができますよ。

<商品情報>

■商品名:伝統の漁師めし・岩内鰊和次郎 6個セット
■価格:2,920円(税込)※送料込み

<会社情報>

■会社名:合同会社いわない前浜市場
■住所:北海道岩内郡岩内町字野束258-226
■電話番号:0135-63-2110
■オンラインストア:https://www.nipponselect.com/shop/g/gS70360005/
■購入方法:オンラインストアより購入可能

【参考】本格漁師めしをお手軽に!岩内町のソウルフード「伝統の漁師めし・岩内鰊和次郎」(2020年7月3日 掲載)

3:日本の駅弁の代名詞「いかめし」

もはや日本の駅弁の代名詞とも言える阿部商店の『いかめし』。京王百貨店で開催されている元祖有名駅弁大会では、2019年までなんと51回の売り上げ個数1位を記録……!

もはや殿堂入りレベルの人気の裏には、伝統を守り続ける「阿部商店」の“いかめし愛”と、ひとつひとつ丁寧に手作りしている作り手の技があります。

イカを綺麗に洗い、胴に生米を詰め爪楊枝でしっかりと留める。それを強火で煮たのちに“秘伝のタレ”で味付け。この工程が丁寧に行われているからこそ、イカの旨味が引き出され甘辛のタレによってお米に合う最高の駅弁になっているんですね。

オンラインショップで購入できるようになったこの機会に、ぜひ“あの味”をお取り寄せしてみてくださいね!

<商品情報>

■商品名:元祖森名物 いかめし(140g×2、タレ1袋)
■価格:940円(税込)※送料別

<店舗情報>

■店舗名: 株式会社いかめし阿部商店
■住所:北海道茅部郡森町御幸町112
■電話番号:01374-2-2256
■HP:https://ikameshi.co.jp/about/
■オンラインショップ:https://ikameshi.theshop.jp/
■販売方法:オンラインショップより注文可能

【参考】森駅の”あの味”がお取り寄せできる!元祖 森名物「いかめし」(2020年5月20日掲載)

 

どのご当地めしも、見ているだけでお腹が「グ~ッ」となってしまいそう!

家族みんなでおいしいご当地めしを楽しんでみてはいかが?

※こちら記事は北海道Likersの過去掲載記事をもとに作成しています。販売状況は公式サイト等でご確認ください。

⇒こんな記事も読まれています

札幌ラーメンといえばここ!におわない行者ニンニクと、熟成味噌の深いコク「ラーメン札幌一粒庵」

【北大生御用達】スープ―カレーと言えばここ!北大13条門からすぐの「Picante」