TOP > 知る > ニセコ町に「ICOR」初の店舗兼カフェがオープン!美しい公園のようなデザインに
施設のイメージ画像

ニセコ町に「ICOR」初の店舗兼カフェがオープン!美しい公園のようなデザインに

2020.12.04

国産ビューティーケアブランド『ICOR (イコ)』を展開する株式会社ICORが、店舗兼カフェ施設を、2021年5月北海道虻田郡ニセコ町にオープンします。国内外で活躍する新進気鋭の建築家、長谷川豪氏がその設計を手がけました。

「ICOR」のコンセプトを体感できる、自然と融和したカフェ

羊蹄山の雪解け湧き水や白樺樹液など、北海道の自然の恵みをふんだんに取り入れることをコンセプトに掲げる『ICOR』。そんな『ICOR』のブランド発信拠点となるこの店舗兼カフェ施設では、スキンケア等のオリジナルプロダクトの販売はもちろん、美容を意識した軽食やドリンクをいただくことができます。

ニセコの雄大な自然の中で美味しいものに囲まれて、贅沢なひとときを過ごすことができそうです。

『ICOR』ってどんなブランド?と気になった方は、この記事で詳しく紹介しているのでぜひ読んでみてください!  記事内には、筆者が実際に『ICOR』を使ってみたレビューも掲載されています。

ニセコ羊蹄山の湧き水を使ったスキンケアシリーズが話題!男性にもおすすめな理由

こだわり抜かれた建築デザイン。ここに座って一息つきたい

『ICOR』初となる店舗の建築設計は、長谷川豪氏が担当。Airbnbとコラボレーションした「吉野杉の家」や、メキシコのルイス・バラガン邸庭園空間設計など、国内外で幅広く活躍する建築家です。『ICOR』の施設は、長谷川氏によって、土地の魅力を最大限に引き出した、まるで自然のためのギャラリーのような建築と空間がデザインされています。

長谷川氏は、昨年の春にニセコを訪れた際、町を走る車の音を遮り、羊蹄山の雪解け水が注ぎ込む小川のせせらぎだけが聞こえるような土手を発見。まさに“ポケットのような空間”で、ここに施設を建てることを決めたと言います。

そんな小川のせせらぎを優に楽しめるように、屋根の一部に座って食事を楽しめる縁側のような半外部空間があるとのこと。ぜひここに座って、北海道の涼しい風に吹かれながらゆっくりとした時間を楽しみたいですね。

 

翌年5月のオープンに向けて、カフェの詳細やランドスケープデザインなど、段階的に情報解禁されていきますのでお楽しみに!

 

<ICORニセコ店舗兼カフェ 施設概要>

■名称:未定
■場所:北海道虻田郡ニセコ町羊蹄
■運営会社:株式会社ICOR
■開業日:2021年5月(予定)
■施設概要:ICOR店舗(物販・飲食)、カフェ、ボタニカルガーデン等

■ABOUT ICOR:
今年2月にブランドリリースを発表したICORは、自然や人にとって、かけがえのない宝物である「水」に着目し、ホリスティックな肌・身体・心のケアを提案する新ビューティーブランドです。ICORというブランドネームは、アイヌ語で「宝物」を意味する言葉からつくられました。地球、自然、水、あなた、すべてかけがえのない宝物。それらの美しさに感謝し、魅力を引き出し、育み、輝かせる─ それがICORの原点です。わたしたちは、この世界を創造する美しい自然の輝きとともに、ホリスティックな肌と身体と心のケアをかなえます。

■公式HP:https://icor.jp/
■公式Instagram:https://www.instagram.com/icorbeauty/
■公式Facebook:https://www.facebook.com/icorbeauty/

【参考】2021年5月、北海道ニセコにビューティーブランドICOR初の店舗兼カフェ施設がオープン! / 株式会社ICOR