めるかーど「ベーコンジャーキー」

地元の人が教える「北海道の本当に珍しくておいしいもの」

『北海道Likers』がお届けする新ラジオ番組『北海道Likers Voice〜北海道をもっと好きになるラジオ〜』。

「北海道でいちばん聴かれているラジオ局」として支持される『株式会社STVラジオ』と連携し、毎週土曜22:15〜22:30に放送。北海道を盛り上げている人や次のトレンドを創る人(=ライカーズ)をゲストに迎え、あふれる北海道愛を声(=Voice)で伝えます。

今回は2024年1月20日の放送回をご紹介します!

メインパーソナリティー

田村みなみさん(以下、田村さん):『株式会社STVラジオ』
柳澤美空(以下、柳澤):『北海道Likers』プロデューサー

今回のゲスト

馬渡竜弥(以下、馬渡)さん・吉田匡克(以下、吉田)さん:「北海道電力株式会社」が運営するECサイト『きらめくストア』担当

「北海道電力」がECサイトを運営することになった理由

今回は、「北海道電力株式会社(以下、北海道電力)」の馬渡竜弥さんと吉田匡克さんをゲストに招き、同社が運営するECサイト(ネット通販サイト)について語っていただきました。

田村さん:今夜のゲストは、ECサイト『きらめくストア』を運営している「北海道電力」の馬渡竜弥さんと吉田匡克さんです。

馬渡さん・吉田さん:よろしくお願いします。

田村さん:お二人は『きらめくストア』でバイヤー兼ライターをされているそうですが、どういったお仕事なのでしょうか?

馬渡さん:「北海道電力」と言えば電気のイメージしかなく、「突然どうしたんだ!?」と思われるかもしれませんが、2023年8月に『きらめくストア』というネット通販サイトをスタートさせ、本格的にECサイト事業に参入しました。

今まで電気のエネルギー事業で培ってきたお客様との接点を基盤として、お客様や事業者のご要望を踏まえ、双方向でコミュニケーションを取りながら、食やヘルスケア、保険、医療といった分野でもサービスを打ち出していこうというものです。

田村さん:始まった経緯は何だったのでしょうか?

吉田さん:電気の会社ですので、「みなさんに“きらめく時間”をお届けしたい」という想いがまずありました。

田村さん:電気から来ているのですね!

吉田さん:『きらめくストア』は、希少性や安心・安全、良質素材を使っていくこと、地産地消といった観点から、「本当に珍しくて良いものを取り扱っていこう」というコンセプトで運営しています。

柳澤:「北海道の良いものを北海道内外の方に知っていただきたい、届けたい」というコンセプトを聞いたときに、『北海道Likers』としてもとても共感しました。

吉田さん:ありがとうございます。実は、サイトの取材や撮影、執筆も全て自分たちで行っています。

柳澤:すごい。

馬渡さん:締め切りに追われて、いろいろな仕事をしながらね(笑)

吉田さん:電力会社の社員が突然カメラマンになったり(笑)

柳澤:カメラマンもされているのですね!

吉田さん:料理をして、「今だ、美味しいところだ!」と写真を撮って、「ピントがずれてた!」となることも(笑)

田村さん:入社したときには想像もつかない仕事内容ですよね。

吉田さん:そうですね。そもそもこんな仕事もありませんでした。

馬渡さん:このような経緯で、バイヤー兼ライターをさせていただいています。

北海道の「まだ知られていない特産品」を知ってほしい

柳澤:馬渡さんと吉田さんのなかで、とくに気になる“北海道の食”はありますか?

馬渡さん:小樽の「めるかーど」というベーコンの事業者をご存じですか? 小樽は桜がきれいに咲く都市で、その地元の桜のチップを使って燻したベーコンがとても美味しいんです。『きらめくストア』では、ここだけの限定商品として燻す時間を長くして水分を飛ばした“ベーコンジャーキー”があります。

田村さん:美味しそう~! じゅるりとなりました(笑)

馬渡さん:ベーコンだけでも、燻した匂いが鼻からふわ~っと抜けていくのですが、ベーコンジャーキーはもっと濃いんです。

柳澤:小樽でベーコンは意外かもしれません。

田村さん:吉田さんはいかがでしょうか?

吉田さん:オホーツク地方に津別町という町がありまして、そこで作っている“一味”です。『朱乃一振(あかのひとふり)』といいます。

田村さん:何だか辛そう!?

吉田さん:辛いといえば辛いのですが、普通の一味よりもアミノ酸(うま味成分)が多く、うま味のある“ハッピーな辛み”が溢れる一味です。『朱乃一振』はどこでも買えるわけではなく、もともとは道の駅や近くの空港などの地元で販売されていました。そこをなんとかご依頼して数量限定で取り扱わせていただき、リリースした日に完売となりました。“珍しくて美味しい”という『きらめくストア』のコンセプトにぴったりの商品で、おすすめしています。

田村さん:とても気になりますね。

馬渡さん:一度食べたら、あらゆるものにかけたくなってしまうので、そこだけ気をつけてくださいね(笑)

柳澤:「北海道電力」だからこその情報収集力もあると思うのですが、それを“通販サイト”として事業化したきっかけは何だったのでしょうか?

馬渡さん:全道にある事業所で、いろいろな事業者との関わりがあるので、まだあまり知られていない特産品を見つけやすいことはあると思います。ネットワークの広さが強みですかね。

柳澤:アンテナを広く張っているのですね。

馬渡さん:もともと「北海道電力」では、『ほくでん エネモール』というウェブサービスで選りすぐりの商品を紹介するコラムを掲載していて、「ECサイトで販売してほしい」というお客様の声がありました。

吉田さん:「毎回紹介してくれるけれど、買えないのか」「どこで売っているのかも紹介してほしい」というユーザーのニーズがあったんです。また、『きらめくストア』を作る前に100社ほどの事業者にお話を聞いたところ、「販路を増やしたい」「自分たちは生産に一生懸命で営業ができていない」という声もありました。

そこで、まずはユーザーと事業者のニーズを確立するために、ECサイトというかたちで繋がりを作ることにしました。ゆくゆくは「北海道電力」だからこそできる付加価値を提供できればと思っています。

田村さん:2023年8月にスタートしたばかりとはいっても、「北海道電力」が始めたので、これからいろいろな展開があるのではないかと期待も湧いてきますね。

来週はそのあたりを詳しく聞いていきたいと思います。どうぞよろしくお願いします!

馬渡さん・吉田さん:よろしくお願いします!

ゲストからコメント!馬渡竜弥さん・吉田匡克さんより

Q. あなたの北海道“LIKE”は?

A. 北海道民として誇れるものがたくさんあることです。魅力的な温泉地やパウダースノーが楽しめるスキー場、美しいダイビングスポットもあります。そして何より圧倒的な“食”の美味しさが大好きです!(馬渡)

“四季”をしっかりと感じられるところです! 春はお花見でジンギスカンを楽しんだり、夏は海水浴はもちろんビアガーデンも楽しめます! 秋は紅葉にオータムフェスト。冬は北海道らしい美しい雪景色イルミネーションを楽しんだり……って、何かと大通公園をイメージしながら考えてしまいましたが、季節によってその表情を変えるところが大好きです。(吉田)

Q. ラジオに出てみての感想や伝えたいメッセージがあればお願いいたします!

A. 北海道が大好きな4人で北海道を盛り上げるお話ができ、とても楽しかったです。これからも『きらめくストア』を通じて、北海道の素敵な事業者さまと商品の魅力をお伝えしていけるよう頑張ります。(馬渡)

“北海道が好き”という共通言語があるから、こんなにも話が盛り上がるんだなと思いました! それほど北海道が魅力的なのだとしみじみ感じました。これからも、そんな北海道の魅力をどんどん発掘して、発信し北海道を盛り上げてきたいです!(吉田)

 

『北海道Likers Voice〜北海道をもっと好きになるラジオ〜』は、『STVラジオPodcast』でも聴くことができます。次回分の公開もお楽しみに!

【画像】株式会社STVラジオ、北海道電力株式会社

⇒こんな記事も読まれています
【PR】6年半ぶり&初の冬季開催!「札幌国際芸術祭2024」の見どころ3選【Likersレポ】

札幌在住ライターが厳選!一度は行きたいカフェ25選

【チーズケーキ特集】人気お取り寄せ&カフェまとめ

LINE友だち追加