サイズ縮小版 マルセン6

函館で「至高のカレー」が食べられるお店4つ!スパイスの香るルーが絶妙…

函館といえば、イカ刺しや塩ラーメンなどおいしいグルメがたくさん! そんな函館に訪れた際には、何を食べようか迷ってしまいますよね。ご当地グルメを味わうのもいいですが、たまにはカレーをチョイスしてみてはいかがでしょうか?

そこで今回は、函館でカレーが食べられるお店を4つご紹介します。

1:ホロホロのチキンがたまらない…。煮込み時間にこだわったカレー店「尾木咖喱」 / 函館市末広町

函館の観光地であるベイエリアにお店を構える「尾木咖喱」。金森赤レンガ倉庫群から徒歩2分ほどの場所にあるので、観光の際にも立ち寄りやすいですよ。オープンしたのは平成29年12月。観光客だけでなく、地元民にも愛されています。

店内に入るとカフェのような雰囲気が広がっていますよ。カウンター席とテーブル席があり、座席数も十分。さまざまなシチュエーションに合わせて利用できます。

「尾木咖喱」で注文する際は、まずベースとなるカレーを3種類のなかから選びます。その次に、ご飯のサイズと辛さをチョイス。そしてさらに、お好みでブロッコリー、レンコン、唐揚げなどのトッピングを選びます。トッピングを注文した人には、嬉しいことにサラダがサービスでついてきますよ。

なかでもおすすめは、『特製 尾木チキンカリー』。低温の油でじっくり煮込んだチキンレッグコンフィがのった一番人気のメニューです。スパイスのブレンドや煮込み時間にこだわったカレールーは濃厚。ホロホロになった鶏肉がルーのなかに溶け込み、旨みをたっぷりと感じられます。じっくり煮込まれたチキンレッグコンフィは、スプーンだけで身がほぐれてしまうほどのやわらかさ! 食べる手が止まらなくなるほどのおいしさですよ。

金森赤レンガ倉庫群周辺で何を食べようか迷った際には、「尾木咖喱」でおいしいカレーを味わってみてはいかがでしょうか?

<店舗情報>
■店舗名:函館 尾木咖喱(おぎかりー) 本店
■住所:北海道函館市末広町14‐3
⇒営業時間など詳細はこちら

【もっと詳しく】
「函館 尾木咖喱(おぎかりー) 本店」に関する詳しい情報はこちら

2:絶品ラムカレーが気になる!昭和初期の建物のなかでくつろげる「Cafe&Deli MARUSEN」 / 函館市大手町

函館駅から歩いて10分ほどの場所に位置する「Cafe&Deli MARUSEN(以下、マルセン)」は、地元民からも観光客からも人気のお店。昭和のはじめに建てられたという歴史ある建造物「ニチロビルディング」の一画で営業しています。

店内に入ってまず驚くのがその広さ! 広いだけでなく、きれいでセンスのいい空間が広がり、ゆったりとした時間を過ごせますよ。

「マルセン」の特徴は、メニューの種類が豊富であること。ランチタイムでの食事はもちろん、パンケーキやパフェなどのデザートメニューもたくさん揃っています。

イチオシメニューは、『ラムカレープレート』。スパイスが効いていて、ラムの味をしっかり感じられるおいしいカレーです。カレーが盛り付けられたお皿には、サラダや数種類のピンチョスが添えられているので、お得感がありますよ。

昼飲みをすることもできるので、お酒を楽しみながらカレーを味わって、至福のひと時を過ごしてみてください。

<店舗情報>
■店舗名:Cafe&Deli MARUSEN
■住所:北海道函館市大手町5-10 ニチロビル1F
⇒営業時間など詳細はこちら

【もっと詳しく】
「Cafe&Deli MARUSEN」に関する詳しい情報はこちら

3:リピート間違いなし!多くの人の胃袋をつかむカレーの名店「印度カレー 小いけ 本店」 / 函館市宝来町

金森赤レンガ倉庫群から徒歩10分の場所にある「印度カレー 小いけ 本店」は、創業昭和23年の老舗カレー店。夜景で有名な“函館山”からも近く、観光ついでに立ち寄りやすい立地にあります。函館市電・宝来町駅からは徒歩3分、駐車場もあるので、電車でも車でもアクセスしやすいですよ。

創業当時から続く伝統の味は、地元民からも大人気! カレーの名店として多くの人の胃袋をつかんでいます。

「印度カレー 小いけ 本店」は、とにかくカレーの種類が豊富。『焼きカレー』や『キーマカレー』などさまざまなカレーがそろっており、何度お店を訪れても楽しめるのが魅力です。やや辛口のカレーですが、『お子様カレー』もあるので、小さなお子さまでも安心しておいしくいただけますよ。

こちらは『エビフライカレー』にチーズフォンデュをトッピングしたもの。お皿の上にのっているエビフライは、大ぶりで食べごたえ抜群。チーズはたっぷりで、心が躍ります。

独自の“空こがし”をベースに、厳選された豚骨スープを混ぜ合わせたこだわりのカレーで、チーズのコクとまろやかさが絶妙にマッチ! 一度味わえば、リピートしたくなるような味わいです。

金森赤レンガ倉庫群や函館山の散策を楽しんだあとに、「印度カレー 小いけ 本店」でお腹を満たしてみてはいかがでしょうか?

<店舗情報>
■店舗名:印度カレー 小いけ 本店
■住所:北海道函館市宝来町22番5号
⇒営業時間など詳細はこちら

【もっと詳しく】
「印度カレー 小いけ 本店」に関する詳しい情報はこちら

4:SNSでも話題!函館でスープカレーを味わうならここ「KING BEAR 函館店」 / 函館市本町

北海道の代表的なグルメのひとつ、“スープカレー”。そんなスープカレーを味わえるお店が、令和5年、函館の繁華街である本町にオープンしました。その名も「KING BEAR 函館店」。名寄に本店を構える人気のスープカレー店で、函館店は2号店である東川町の店舗に続き3店舗目です。

店内にはカウンター7席、4人掛けのテーブル席が3つありますよ。カフェのようなおしゃれな雰囲気で、つい長居したくなってしまうことでしょう。

スープカレーのラインナップは10種類と充実。トッピングの種類がとにかく豊富で、お好みのスープカレーにアレンジできるのも嬉しいポイントです。なかでも、北海道のザンギとジャークチキンの良さを引き出し合ったお店のソウルフード『ジャンギ』がおすすめですよ。甘辛な味付けがたまらない……! ご飯は普通盛りで180g。大盛りへの増量は無料です。

10種類のスープカレーのなかで一番人気を集めているのは、『ベアバーグと彩り野菜』。自慢の肉々しいハンバーグと野菜がたっぷりで豪華な見た目。スープはベースの鶏ガラに玉葱やトマトを加えたもので、とても濃厚な味わい。じゃがいもやにんじん、ブロッコリーなど野菜が12種類も入っており、味はもちろん栄養バランスも抜群です。

「KING BEAR 函館店」は夜遅くまで営業しているので、飲んだあとの〆に訪れてみてもいいかもしれませんね。

<店舗情報>
■店舗名:KING BEAR 函館店
■住所:北海道函館市本町11‐1 大島ビル1F
⇒営業時間など詳細はこちら

【もっと詳しく】
「KING BEAR 函館店」に関する詳しい情報はこちら

 

どのお店のカレーも、それぞれに特徴があってとっても魅力的。函館に来た際は、ぜひ味わってください!

※こちらの記事は北海道Likersの過去掲載記事をもとに作成しています。メニューや営業時間はお店の公式SNS等でご確認ください。

⇒こんな記事も読まれています
【PR】6年半ぶり&初の冬季開催!「札幌国際芸術祭2024」の見どころ3選【Likersレポ】

札幌在住ライターが厳選!一度は行きたいカフェ25選

【チーズケーキ特集】人気お取り寄せ&カフェまとめ

LINE友だち追加