唐揚げはザンギと呼ばれます

北海道に移住してハマった!ボリュームがスゴイ「札幌にあるザンギの名店」3選

2021.07.21

北海道にきて間もないある日、筆者は定食屋さんに行きました。普通の定食屋さんなんですが、なにやら見慣れないメニューを発見。サンマ焼き定食、アジフライ定食、“ザンギ”定食……。当時、この言葉を知らなかった筆者は一体何が出てくるんだろうと不思議に思ったのを今でも覚えています。

もちろん“ザンギ”は、北海道でおなじみのご当地グルメ。鶏肉などに下味をつけて揚げた“唐揚げ”のことですよね。今回は、筆者が北海道に移住してトリコになった“ザンギ”の名店をご紹介します。

1:王道といえばここ!大通りの「布袋」 / 札幌市中央区

筆者は札幌にきてもう3年目になり、たくさんザンギを食べましたが、いわゆる普通の唐揚げに比べて大きいものが多いと感じます。札幌で食べるザンギはこぶしひとつ分くらいの大きさで出てくるので、食べるのも一苦労です。

おすすめする1軒目は札幌・大通りにある中華料理「布袋」! 「布袋」はいわば王道。味、量、店の雰囲気どれもハイレベルです。

ここのザンギはとにかく大きい! どれくらい大きいかというと、このくらいです。

これは本当におなかいっぱいになります。つけダレも特徴的ですごくおいしいので、ぜひ一度足を運んでみてください。

<店舗情報>
■店舗名:中華料理 布袋 本店
■住所:札幌市中央区南1条西9丁目1-3
■電話番号:011-272-4050
■営業時間:2021年7月25日まで 11~21時
■定休日:水曜
※新型コロナウイルスの影響により、営業時間・定休日等が記載と異なる場合がございます。ご来店時は、事前に店舗へご確認をお願いします。

2:カレーとザンギの相性抜群!北17条の「デタラメノカレートザンギ」 / 札幌市北区

次にご紹介するのは、札幌・北17条西の「デタラメノカレートザンギ」。ここはカレー屋さんなのですが、『ザンギカレー』が看板商品です。

「布袋」と比較するとそこまでサイズは大きくありませんが、ぎゅっと身が詰まっていておいしいです。そしてなんといってもザンギ用のマヨネーズが絶品。

<店舗情報>
■店舗名:デタラメノカレートザンギ
■住所:札幌市北区北17条西3丁目2-25
■電話番号:011-792-8456
■営業時間:11時30分~15時、17時30分~21時L.O.
■定休日:日曜・祝日
※新型コロナウイルスの影響により、営業時間・定休日等が記載と異なる場合がございます。ご来店時は、事前に店舗へご確認をお願いします。

3:ボリューム感は断トツ。西野の「東方明珠飯店」 / 札幌市西区

続いてご紹介するのは札幌・西野にある「東方明珠飯店」です。

このお店はなんといってもザンギの量! メニューにはただの『ザンギ定食』とあるのですが、頼んでみると、こぶし大のザンギがなんと8個も出てきます!

筆者は苦戦の末に完食しましたが、なかなか食べきることは難しいのでご注文の際は気を付けてくださいね(お持ち帰り用の袋がもらえるので食べきれなくても大丈夫です)。

<店舗情報>
■店舗名:東方明珠飯店
■住所:札幌市西区西野2条3丁目1-1 シエロ西野1F
■電話番号:011-664-6661
■営業時間:11~21時
■定休日:火曜
※新型コロナウイルスの影響により、営業時間・定休日等が記載と異なる場合がございます。ご来店時は、事前に店舗へご確認をお願いします。

 

以上、ザンギの名店をご紹介しました。ほかにも札幌にはおいしいザンギのお店が眠っているはずなのでどんどん発掘していきたいと思います!

札幌ってどんなところ?
#札幌グルメ #札幌カフェ #札幌ラーメン #札幌観光

⇒こんな記事も読まれています

口いっぱいにほお張りたい…!絶品の「サンドイッチ」が食べられるおしゃれカフェ6選

トレンドスイーツも!色鮮やかなメニューが揃う「夜までやってる」おしゃれカフェ