TOP > 食べる > 北海道民も意外と知らない?ザンギと唐揚げの違いをズバリ検証してみた
ザンギ

北海道民も意外と知らない?ザンギと唐揚げの違いをズバリ検証してみた

2020.12.12

北海道民の好物といえば……あつあつジューシーなザンギ! 北海道旅行で食べたことがある、という方も多いと思います。本州の唐揚げと混同されることが多いですが、いったい何が違うのでしょうか? 北海道民も意外と知らない、ザンギの秘密にせまります!

道民の大好物「ザンギ」って何?

ザンギとは、醤油やしょうが、ニンニクなどで濃厚に味付けした唐揚げのことです。衣はパリパリ、中はふっくら。北海道では居酒屋の定番メニューなので、注文時に迷ったら「とりあえずザンギ頼む?」なんて流れになることも多いです。揚げる具材は鶏肉に限らず、シーフードや他のお肉など、なんでもあり。タコザンギやイカザンギ、ジンギスカンザンギなんて変わり種もありますよ。

実はザンギという呼び名は、北海道内だけのものではありません。中国・四国地方や愛媛県の一部でも鶏の唐揚げをザンギと呼び、山形県でも「ザンギ」もしくは「ザンキ」という名前が使われているそうです。北海道特有の名称かと思っていたので、驚きです!

「ザンギ」の呼び名の由来って?

どこか不思議な響きのザンギですが、その語源はなんと中国語だとされています。ザンギ発祥の店である釧路の『鳥松』のご主人によると、中国語で”鶏の唐揚げ”を意味する「ザーギー(炸鶏)」に、”運がつくように”と「ウン(ン)」が間に入って「ザンギ」と名付けられたとか。

そのほか、鶏肉を骨ごと切る“散切り”が由来という説や、中国語の「ジャーズージー(炸子鶏)」が訛って「ザンギ」になったという説など、さまざまな説が唱えられています。

唐揚げとの違いは○○だ!

ザンギと唐揚げの大きな違いは、味付けの方法だと言われています。ザンギは食材に下味をつけてから揚げたものですが、唐揚げは食材に小麦粉や片栗粉などを薄くまぶして油で揚げたもの。下味をつけるか否かがキーポイントのようです。

ただ最近では下味をつけて作る唐揚げも存在するため、基準はあいまい。味の濃い方がザンギ、薄い方が唐揚げ、と自らの味覚で判断する人もいます。ザンギと唐揚げの違いは明確ではなく、主観的に区別されていることが分かりました。

このように、ザンギと唐揚げのあいだに明確な違いはないそうです……。とはいえ、ザンギが北海道で進化を遂げた、独自のグルメであることには変わりありません。ビールと一緒にいただくザンギは、まさに至福の味わい。本州の唐揚げとの食べ比べをしても、楽しいかもしれませんね。

 

道民イチオシのザンギ、レモンをぎゅっと絞って、ぜひ食べてみてください!

【参考】
日本唐揚協会ホームページ
くしろザンギ推進協議会

【画像】gontabunta、kai / PIXTA(ピクスタ)

⇒こんな記事も読まれています

「とりあえず妙夢でいい?」って、それどこ?札幌駅の待ち合わせで白い石が選ばれるワケ

我らが北海道はやっぱりデカすぎた!海外、国内…北海道と大きさ比べてみた