TOP > 食べる > あの雪の妖精がパフェになっちゃった!札幌市のインスタ映えカフェ
モリモリエンジニアリング

あの雪の妖精がパフェになっちゃった!札幌市のインスタ映えカフェ

2021.03.18

今や、一大ブームを巻き起こしている、北海道に生息する野鳥“シマエナガ”を知っていますか?

今回はそんな“シマエナガ”をモチーフにしたスイーツを提供しているカフェ「モリモリエンヂニアリング」さんをご紹介。札幌市白石区の住宅街にあるお店ですよ。

シマエナガって?

スズメよりも小さなお団子みたいにまんまるの白いからだに黒目がちのつぶらな瞳、三角の可愛らしいクチバシ。

あまりにも小さくて雪が降り、葉がすっかり落ちた樹木の枝にとまっているところを運良くみつけられるかどうかというマボロシ感から、「雪の妖精」とも呼ばれています。“シマエナガ”で検索すると、萌えキュンな姿の写真がたくさんでてきますよ!

札幌市内ですと有名な北海道神宮のある円山公園にもいるそうなのでバードウオッチングツアーなどいかがですか?

食べるのがもったいない!可愛すぎるスイーツに注目

そんな話題沸騰中のシマエナガをモチーフにしたスイーツを昨年より提供してくださっているのは、2021年11月12日で7周年を迎える札幌市白石区の住宅街にある古民家カフェ「モリモリエンヂニアリング」さんです。

バイク命のご主人、盛本浩一さん(店名にもバッチリ現れていますよね!)と、手先の器用さと店内外に描かれたキュートでポップなイラスト(インスタ映えスポット)や可愛くて美味しいスイーツを考案し調理する奥さま友子さんの二人三脚で営んでいるカフェ。

残念ながらコロナの関係で現在はテイクアウトのみの形態をとっており、お店のなかに入ることはできませんが、実は店内は昭和を象徴するようなレトロ雑貨があふれるほどにたくさんあり、ワクワクがいっぱいのカフェなのです。

今回取材の『シマエナガパフェ』1,000円、『シマエナガいちご』500円(おひとり2本まで)は大変な人気につきなんと! 夏頃までロングラン提供する予定だそう!

ふわふわのマシュマロにひとつひとつチョコレートで手描きされたシマエナガちゃんの表情も、おすましだったりおねむだったりホッコリします。

ボーロの雪だるまちゃんも「モリモリエンヂニアリング」さんパフェのキャラクターで、かなりの可愛さを発揮していますよ。

自慢の味わいも甘さ控えめの生クリーム、杏仁プリン、フルーツソース、アイスクリームなどバリエーション豊かで、ボリユーミーながらも美味しくペロっと食べられちゃいます。決して食いしん坊だからって訳じゃありませんよ〜笑

 

だんだんと春めいて陽ざしも暖かくなってきたので、お店の内外ともに映えスポット完備の『モリモリエンヂニアリング』さんへ可愛い子ちゃんに会いに行ってみませんか?

イートインも始まったらお食事も最高ですよ! ちなみに筆者はロコモコ丼ファンです! ナポリタン、カルボナーラも絶品ですよ。7周年記念では特別なパフェやプレートが提供される予定です。

<店舗情報>

■店舗名:モリモリエンジニアリング
■住所:札幌市白石区栄通7丁目4-27
■電話:011-312-5976
■営業時間:12〜19時
■定休日:水曜、第1, 3火曜
■駐車場:3台

⇒こんな記事も読まれています

地産地消がモットー!地元民が集う恵庭のジェラート店「ジェラテリア ジジ」

大人の顔より大きい!? パリパリとふわふわどっちも味わえる「たい焼中村屋」