TOP > 食べる > 食べすぎ注意!? 晩酌のお供にしたい「北海道のやみつきチーズ」3つ
ASUKAのチーズ工房

食べすぎ注意!? 晩酌のお供にしたい「北海道のやみつきチーズ」3つ

大地の恵み豊かな北海道には、さまざまなブランドのチーズがあります。今回は、地元でも愛されるご当地チーズをご紹介。

小腹が減ったときやお酒のお供にぴったり! 本場の絶品チーズをぜひ試してみて。

1:ASUKAのチーズ工房のオリジナルチーズ

むかわ町にある「毛利牧場」では、3代目が2009年にオープンした直営の「ASUKAのチーズ工房」でオリジナル商品を販売しています。新鮮な生乳を使用した手作りのチーズは、種類ごとに個性が異なる風味豊かなラインナップです。

中でも、『ししゃもストリングチーズ』は、むかわ町の特産品である『鵡川ししゃも』を練りこんだ一品。粉末にした『鵡川ししゃも』の旨味がチーズにマッチ。むかわ町の牧場ならではのオリジナルチーズです。

<商品概要>
■商品名:ASUKAのチーズ詰め合せS
■価格:6,730円(税込) ※送料込み
■セット内容:セミハードチーズ トム、ししゃもストリングチーズ、カマンベールチーズ 雪の音、生乳だけのストリングチーズ、カチョカバロ、秘密のチーズ
■オンラインストア:https://chef.cololukun.com/gen001008/

【参考】ししゃものチーズ!? むかわ町・毛利牧場が直営する「ASUKAのチーズ工房」(2020年6月20日掲載)

2:長沼あいすの「北のおいちーず」

国産ナチュラルチーズの最高峰を決めるコンクール『ジャパンチーズアワード2020』にて金賞を受賞した『北のおいちーず』。

子どものおやつやおつまみとして人気があり、ストリングチーズをほぐしたものからインスピレーションを得て作られました。チーズを醤油に漬けた後に乾燥させることで、さきいかのような見た目と食感に仕上げています。

原材料にもこだわり、北海道の農場で採れた新鮮な生乳と北海道産の丸大豆醤油を使用。発酵食品同士で相性が良く、口の中に広がる醤油の風味と生乳の甘味とうま味が“バター醤油”を思い起こさせるチーズです。

<商品概要>
■オンラインストア:https://aisunoie-ice.easy-myshop.jp/

【参考】おうち時間のお供に!金賞・銅賞を受賞した「長沼あいす」の絶品チーズ2種(2021年1月23日掲載)

3:井原水産の「カズチー」

カズチー

出典: 井原水産

数の子生産量日本一のマチ・留萌市にある「井原水産」が辿りついた、新感覚おつまみ『カズチー』。燻製にした数の子のプチプチ感と、チーズの旨味がマッチしたたまらない一品です。

かわいらしいパッケージで個包装になっているので、小腹が空いたら手軽につまめるのも嬉しいポイントです。おつまみやおやつにも持ってこいですね。日常の疲れを癒してくれるプチ贅沢品です!

また、『カズチー』に一工夫加えたアレンジレシピもおすすめのようです。詳しい情報は公式サイトに掲載されています。ぜひともチェックしてみてください!

<商品情報>
■商品名:カズチー
■価格:6袋セット…2,988円(税込) ※1袋あたり498円(税込)、10袋セット…4,980円(税込) ※1袋当たり498円(税込)、20袋セット…9,760円(税込) ※1袋当たり488円(税込)
※3,000円(税込)以上の購入で送料無料。3,000円(税込)未満の場合は商品代金とは別に、送料400円(税込)がかかる(公式サイトからの申し込みの場合)。
■オンラインストア:https://kazuchee.com/

【参考】話題沸騰中!留萌が生んだ、かわいいお手軽贅沢品「カズチー」(2020年7月27日掲載)

 

今回はおつまみにもってこいな“やみつきチーズ”をご紹介しました。あなただけのお気に入りチーズを探してみてくださいね。

※こちら記事は北海道Likersの過去掲載記事をもとに作成しています。販売状況などは公式サイトでご確認ください。

⇒こんな記事も読まれています

60年愛される続ける伝統の味!「小樽なると屋」の若鶏半身揚げを自宅でも

札幌に行ったら立ち寄りたい!地元の人に愛される「札幌グルメ」3つ