TOP > 食べる > それ給食で出るの!? 食文化豊かな「北海道ならでは」のメニュー【札幌編】
給食

それ給食で出るの!? 食文化豊かな「北海道ならでは」のメニュー【札幌編】

2020.12.14

食文化がとても豊かな北海道。その独自の食文化は、小学校・中学校で食べる給食にも反映されています。そこで今回は札幌の給食に登場する、札幌ならではのメニューを紹介していきます。

札幌市民のソウルフード!? みんな大好きスープカレー

札幌のグルメとして、観光客にも有名なスープカレーは、なんと札幌では給食にも登場します。スープカレーは、ダシの旨味とスパイスが効いたさらさらのスープに、大きめに切った肉や野菜がたっぷり入っているのが特徴。食べ方は人それぞれですが、筆者はご飯とスープを交互に食べる派です。

めったに登場しないスープカレーが出た日は、みんなこぞっておかわりをしていた記憶があります。今考えてみると、学校給食でスープカレーが食べられるなんて贅沢ですね。

1970年代前半、札幌市内の喫茶店が薬膳スープにカレーの味をつけて売り出したのがスープカレーの始まりと言われています。

現在では、札幌から全国に拡がっている知名度の高いカレー料理で、『札幌みそラーメン』に次ぐ名物料理に。市内には、本当にたくさんのスープカレー専門店があり、それぞれのお店で味付けや具材が異なる独自のスープカレーを提供しています。

 

ちなみに、“給食のスープカレー”の具材は、鶏肉・じゃがいも・にんじん・しめじ・ブロッコリーなど。栄養もしっかり取れる上にボリューム満点で、改めて北海道らしい料理だなと感じました!

【参考】レシピ・食品管理システム 投稿レシピ:”スープカレー(札幌)” / 公益財団法人 北海道給食会ホームページ

【画像】Fast&Slow、matsun、keiphoto / PIXTA(ピクスタ)

⇒こんな記事も読まれています

なぜ木彫りの熊は北海道土産の定番になったのか?鮭をくわえない熊にも注目

どこにある?海岸に突如現れる巨大なカニの爪【北海道オブジェクイズ】