TOP > 食べる > 北海道の和菓子が最寄りのお店で手に入る!? 十勝大福本舗の「ひと福」シリーズ
ひと福

北海道の和菓子が最寄りのお店で手に入る!? 十勝大福本舗の「ひと福」シリーズ

2020.10.15

「十勝大福本舗」が、10月1日から和菓子の新ブランド『ひと福』を販売開始! 北海道だけではなく関東のスーパーマーケット等でも販売しており、より多くの方に手軽に北海道のお菓子を味わっていただけるようになりました。

リーズナブルにほっこりできる「ひと福」シリーズ

先行きが見えなくて不安を感じるこのご時世、和菓子のほっこりしたおいしさで食べる人が日々ひとつひとつの小さな“福”を積み上げていってほしいという想いから、手に取りやすい価格でサッと購入できる常温の和菓子ブランド「ひと福」が誕生しました。

今回新しく登場したのは3種類! どれも食べやすい一口サイズで、手軽にパクっと食べられます。

・『ひと福 いそべ餅 マヨ風味』(写真左)

甘じょっぱいいそべ餅とマヨネーズの危険な組み合わせ! 小腹がすいたときに最適です。

・『ひと福 くるみ大福 つぶあん』(写真中央)

香ばしいくるみとつぶあんが奏でる絶妙なハーモニー。これからの季節、あったかいお茶と一緒に食べればホッとする休憩時間を過ごせそう。

・『ひと福 芋まんじゅう 餡入りわらび餅つぶあん』(写真右)

1つの味だけでは物足りないという方には、こちらがおすすめ! 一口サイズなので、2つの味を思う存分楽しめます。

十勝大福本舗の「お福分け」の精神

他者からもらった福を別の誰かに分けてあげる、お福分けの精神。十勝大福本舗はこの理念を大切にしてさまざまな和菓子をつくってきました。『ひと福』シリーズは小さくてかわいいお菓子がそろっているので、相手の負担にならないちょっとしたお礼にも使えそうですね。

 

北海道のみならず関東のスーパーマーケット等でも販売されていますので、あなたの近くのお店でも買えるかもしれません。北海道の味を手軽に楽しむチャンスです!

<商品詳細>

■内容量:5個入り
■価格:オープン価格
■発売日:2020年10月1日(木)
■販売場所:北海道・関東のスーパーマーケット等、一般チャネル

【参考】和菓子を手軽に楽しむ新ブランド「ひと福」シリーズ新発売 / 株式会社十勝大福本舗