パン

【新店】意外な場所にパン屋さんが誕生…!十勝食材にこだわったお店の想い

十勝といえば“どこまでも続く広大な畑”をイメージされる方も多いと思います。今回はそんな広大な十勝の畑のそばに、2023年12月にオープンしたパン屋さん「ベーカリー シュマン」へ取材に伺いました。

広大な畑のそばにある「ベーカリー シュマン」

「ベーカリー シュマン」は帯広駅から車で約30分、帯広空港からは約20分の場所にあります。

以前取材させていただいた「カンノンサウナ」のすぐお隣。店名の「シュマン」はフランス語で“道”を意味しています。「畑と食卓をつなぐ道になるように」という想いが込められているのだそう。

畑のそばに建てられたコンテナがお店です。

こぢんまりとした店内には、焼きたてパンのいい香りが漂います。お店の営業は17時までですが、売り切れ次第閉店となります。取材日も、開店前から並ぶお客様がたくさんいました。近くには店舗がなく、地元の方にも喜ばれています。

売り場に置けるパンの数は限られていますが、売り切れたら違うパンに入れ替えたり、焼き上がったら随時新しいパンを並べたりしているそう。そのため、来る時間帯を変えると違うパンに出会えます。全部で15種類ほどのパンがあり、売り場に並ぶのは8種類ぐらいです。

食卓に生産者さんの声を伝えたい

店主の岡田さんにお話を聞きました*。

岡田さんは北海道岩見沢市のご出身。岩見沢のパン菓子店で7年間働いたのち、30歳のときに十勝に移住してきました。

十勝を訪れたきっかけは、「それまで行ったことがなくて、一度行ってみたかったから」だそう。「十勝に住んでみて、雪の少なさと食べ物のおいしさに感動しました」と言います。

十勝に移住後は「満寿屋商店」に15年勤めました。「満寿屋商店」時代は東京出店や新商品開発にも参加。以前筆者が取材させていただいた「麦音(むぎおと)」の高級食パン『みのりの恵み』の開発にも携わり、大変苦労したのだそう。そのころから、生産者さんのリアルな声を聞いてきました。

3、4年前から独立を考え、2023年12月に生産者の顔が見える畑の近くに店舗を出店することに。「生産者さんの声や生産物に込めた想いを、リアルに伝えられれば」と話します。

パンに使う小麦はもちろん、十勝産の黒豆から起こした自家製酵母や、ビーツやあんこなど十勝産の素材にこだわったパンの数々。こだわりながらも、普段使いできる飽きのこないパンを目指したのだそう。

出店に際しては、場所探しにとても苦労したとのこと。場所を貸してくれる農家さんがなかなか見つからず、「満寿屋商店」時代に知り合った「合同会社 十勝とやま農場」の奥様・暁子(あきこ)さんの紹介で、とやま農場にてお店を出すことになったのだとか。

* 詳しい自己紹介はInstagramに投稿されています。

笑顔が素敵な暁子さんは「ベーカリー シュマン」の広報を担当しています。Instagramの発信も暁子さんの担当だそう。Instagramを見て、遠方から来られるお客様もいるのだとか。

十勝の素材にこだわった魅力的なパン

こちらは「ベーカリー シュマン」で販売されている『十勝チーズパン』です。外は香ばしく中はふわふわ。十勝産のチーズがゴロゴロと入っています。

お店の名前がついた食パン『シュマンブレッド』。お店で一番人気のパンだそう。十勝産の『キタノカオリ』『ゆめちから』『みのりのちから』という3種類の小麦をブレンドし、同じく十勝産の牛乳と生クリームを練り込んでいます。

そのままで食べると、しっとりとした食感に小麦の風味を感じられます。外側の耳までやわらかくふんわり。

軽くトーストすると表面が香ばしくなり、中のもっちり感がアップ。牛乳や生クリームの甘みも感じられ、何もつけずにそのままで食べたい食パンです。

お店で一番人気というのも納得。毎日でも食べたくなります。

頭の中のアイデアを形にしたい

「このお店が上手くいったら、モデルケースとして、パン屋さんがない地域に出店していきたいですね」と岡田さん。今後は、岩見沢の菓子店で働いていた経験を生かし、あんこも自家製にしてお菓子も販売したいと考えているそう。

「頭の中に新しいパンのアイデアがたくさんあるので、それをどんどん形にしていきたい」

お隣にある宿泊施設「ファームイン ビエイ」とのコラボ企画なども考え中だそう。

 

みなさんもぜひ「ベーカリー シュマン」を訪れてみてください。おいしそうなパンの香りに、ついついパンを買いすぎてしまうこと間違いなしです。

お店では、一緒に働いてくれるスタッフを絶賛募集中だそう。最新情報はInstagramで発信しているので、気になる方は要チェックです。

<店舗情報>
■ベーカリー シュマン
■住所:北海道帯広市美栄町西7線127-3
■電話番号:080-1883-5568
⇒営業時間など詳細はこちら

※2024.01.05・・・内容を一部修正いたしました。

⇒こんな記事も読まれています
【PR】6年半ぶり&初の冬季開催!「札幌国際芸術祭2024」の見どころ3選【Likersレポ】

札幌在住ライターが厳選!一度は行きたいカフェ25選

【チーズケーキ特集】人気お取り寄せ&カフェまとめ

LINE友だち追加