澄ラーメン

麺の上には大量の生姜と山わさび!? 寒い冬に食べたい「絶品塩ラーメン」(帯広市)

こんばんは! 食べ歩き大好きライターのオオイです。

帯広市にあるラーメン店「十勝麺処 澄〜sumi〜」さんは、出汁のうまみが感じられるあっさり味のラーメンが食べられると大人気! 看板メニューは、店名通り”澄み”きったスープが特徴の塩ラーメンです。

オーソドックスな塩ラーメンもおいしいのですが、今回は数あるメニューのなかから、生姜と山わさびがのった冬にぴったりの塩ラーメンをチョイス。

実は、こちらのお店には何度も通うほどのファンである筆者。何度も食べたからこそ、塩ラーメン好きの方にきっと気に入っていただけると確信しています! 早速ご紹介します。

十勝産の食材を使用した、こだわりある1杯!「十勝麺処 澄〜sumi〜」

「十勝麺処 澄〜sumi〜」さんは、帯広駅から車で5分ほど走らせた場所にあります。帯広で有名な「高橋まんじゅう店」さんがある電信通りを幕別町方面に向かうと、右手のほうに店舗が見えます。

店内にはカウンター席とテーブル席があり、1人でも家族連れでも入りやすい雰囲気。

テーブル席の窓側はベンチシートになっているので、小さなお子さんのいる家族連れでも安心です。

自慢の塩ラーメンをメインとしたメニュー表。筆者は『塩ラーメン』825円(税込)と『山わさトロロ飯』330円(税込)をセットで頼むことが多いです。

主に十勝の食材を使用。「食・人・繋がり」いい言葉です。店主の温かさが伝わりますね。

生姜・山わさびが塩ラーメンの中で混ざると…?

お待たせいたしました。こちらが今回ご紹介する『塩ラーメン 生姜と山わさびと共に』935円(税込)です。大葉の上に、こんもりとのった山わさびと生姜がインパクト大!

それにしても、澄んだスープが美しいです。函館ラーメンを思い起こさせる見た目ですが、ご店主に伺ったところ、修行した場所は釧路市内のラーメン店とのこと。釧路ラーメンというと“醤油ラーメン”の印象が強かったので少し驚きました。

麺は、透明感のあるスープと相性の良い“細ちぢれ麺”を使用。

筆者は食べる前に心配していたことが一つあります。それは「山わさびが大量に載っていて、咽せたりしないのだろうか?」ということ。山わさびを食べたことがある方ならお分かりかと思いますが、あの鼻にツーンとくる感じです。

ドキドキしながら生姜と山わさびをスープに混ぜて、麺をいただきます!

一口すすったところで筆者の心配は杞憂に終わりました。もちろん、山わさびの辛味は感じます。しかし、スープとブレンドすると鼻にツーンとした感じはほぼなく、マイルドな辛味に変化するのです。そして、生姜と山わさびがスープの中で混ざり合い、よりスッキリとした味へ。

食べ終わるころには、うっすら汗が出てきました。これは寒い冬におすすめの1杯と言っても、過言ではないと思います。

 

他にも、『十勝マッシュアヒージョ塩ラーメン』や『とろろ醤油ラーメン』など気になるメニューがある「十勝麺処 澄〜sumi〜」さん。ぜひ足を運んでみてください。

<店舗情報>
■店舗名:十勝麺処 澄〜sumi〜
■住所:北海道帯広市東4条南6丁目9-7
⇒営業時間など詳細はこちら

⇒こんな記事も読まれています

ラーメン激戦区・すすきので25年以上!二代目店長が守り続ける老舗の味

一度は食べたい、旭川ラーメンの名店9選!道民ライター実食レポ&お取り寄せも




⇒おすすめ記事を編集部がPick UP!【PR】
By 北海道好きが自由に投稿!北海道Likers POST

【西山製麺のめん助が教える】味噌ラーメンの定番トッピング!TOP5+1

知らなかった!? ラーメンと言えば、この一杯「ラーメンのベスト5」

帯広ってどんなところ?
#帯広グルメ #帯広観光