五目焼きそば

普通サイズが超大盛!? クセの強いメニューが並ぶ「行列が目印の中華食堂」(小樽市)

2021.10.12

小樽駅から徒歩10分ほどのところに、飛びぬけたボリュームとユニークなオリジナルメニューが名物の「中華食堂 龍鳳(りゅうほう)」があります。並ぶこと必至、麺は売切れ次第終了なので、すんなり入店することが難しい超人気店をご紹介します!

【こちらもおすすめ!】
行列でも並ぶ価値あり!地元に愛されて50年以上、小樽のソウルフードの名店

並んでいるお客さんが目印!? いつも混み合う「中華食堂 龍鳳(りゅうほう)」

小樽駅から徒歩10分ほどの“梁川(やながわ)商店街”に「中華食堂 龍鳳」はあります。黄色い屋根に赤い文字で「中華食堂 龍鳳」、中華料理人のイラストが目を引きます。いつでも行列ができているので、並んでいるお客さんが目印! そのくらいの人気店です。

店内は街中の大衆食堂という雰囲気。

昔懐かし卓上ゲームも!

「中華食堂 龍鳳」は、小樽のソウルフードである“あんかけ焼そば”をPRする団体“あんかけ焼そば親衛隊”の協力店であり、本来の“あんかけ焼きそば”の味を大切にしながらも、洋食を取り入れた斬新なメニューが多くあることで有名です!

見たことがない!超大盛「あんかけ焼きそば」

「中華食堂 龍鳳」のあんかけ焼そばは、“超大盛”! 普通サイズで麺2玉分、ハーフサイズで麺1玉(100引き)。さらに大盛りは麺3玉分(プラス100円)のボリューム! シェアは禁止ですので、小食な方はハーフサイズをおすすめします。

「中華食堂 龍鳳」の店主、太田友樹さんはニューオータニ札幌で洋食を修業したのち、お父様のあとを継いでお母様と2人でお店を経営しています。創業したのは昭和52(1977)年、当初は“大盛のあんかけ焼きそば”はなかったとのことですが、常連の学生さんから要望を受けてはじめたそう。

こちらは『五目あんかけ焼きそば (普通サイズ)』。大きさに唖然……レンゲの大きさと見比べてください!

「麺に辿り着くまでにお腹がいっぱいになりそう」と思うかもしれません。しかしくどくなく優しい味なので、すいすい食べられて気づいた時には完食! それほど美味しい“あんかけ焼きそば”です。

全23種類!独創的なあんかけ焼きそば

「中華食堂 龍鳳」の驚きは“あんかけ焼きそば”のボリュームだけではありません。なんと“あんかけ焼きそば”の味が23種類あります! 『江頭第10使徒焼きそば』『幸せの黄色いあんかけ焼きそば』『ピンクフロイド焼きそば』など……どのメニューも気になります。

店主の太田さんは洋食の修業をしてきたので、中華に洋食を取り入れたメニューがたくさんあるんだそうです!

追加でトッピングもできます。

こちらは『腹黒あんかけ焼きそば(ハーフサイズ)』。“腹黒”なだけあって餡の色が真っ黒! 黒の正体は黒胡椒ソースです。

餡を一口食べてみると黒胡椒の香りが鼻にツンときます。たっぷりの餡が、ほどよく焦げ目のついたちぢれ麺とよく絡みます。油っぽくなく黒胡椒が際立つあっさり味なので、やみつきになる一品!

 

店主の太田さんは日々新しい味を研究し続けています。地元の方はもちろん、観光客にも人気なお店。ボリュームとユニークな味を求める方は、迷うことなく向かいましょう!

<店舗情報>
■中華食堂 龍鳳
■住所:北海道小樽市稲穂4-4-9
■電話番号:0134-23-9918
■営業時間:11~17時(麺がなくなり次第終了)
■定休日:木曜
■駐車場:あり
■Facebook:@otaru.ryuuhou

小樽ってどんなところ?
#小樽グルメ  #小樽観光

⇒こんな記事も読まれています

帯広・十勝ならではの味がクセになる…!一度は食べてほしい「絶品B級グルメ」3選

行くたびに食べちゃう!地元民がリピートする北海道「道の駅グルメ」4つ