介党鱈

北海道名産の魚、なんて読む?実はマクドナルドのハンバーガーに使われている「介党鱈」

2021.10.10

筆者が漢字クイズの記事を書くたびに言っていますが、北海道はとにかく名産品が多いです。北海道の大自然のイメージに違わず、野菜や魚介などの生鮮食材が多数、名産品として名が上がります。

そんな名産品の中から、難読漢字のものを紹介していくシリーズ。今回は魚介です。もしかしたら、分かる人も多いかも?

【こちらもおすすめ!】
【全5問】読めそうで読めない!? 北海道民なら正解したい「特産品漢字クイズ」

どこかで聞いた名前かも?「介党鱈」

というわけで今回の漢字はこちら。

“党”はそのまま読むとして……“鱈”が分かれば勢いで読めるかもしれません。

ちなみに。”鱈”は単体だと「たら」と読みます。ここまでくれば、分かる人も多いかも?

さて正解発表。正解は……“スケトウダラ”でした。読みとしては比較的そのままですね。“スケソウダラ((介宗鱈・助惣鱈など)”と呼ばれることもあります。

介党鱈(スケトウダラ)ってどんな魚?

スケトウダラはその名前からわかる通り、タラの一種。たらこや明太子に使われているのは、一般的にスケトウダラの卵なんです。

また、ちくわやさつま揚げなどに使われる魚のすり身や、さらには、マクドナルドの『フィレオフィッシュ®』に使われている原料の一部も、実はスケトウダラであったりします。

意外にも、私たちになじみ深く、身近な魚なのです。

このように、スケトウダラはさまざまな加工食品の原材料となっていますが、近年ではそのまま店頭に並ぶこともあるそうです。

ちなみに旬は地域によって差がありますが、北海道内に限れば、真夏以外はほとんどが旬のようです。いわれてみれば、たらこやちくわって1年通じて安定して供給されている気もしますよね。

道内有数のスケトウダラの町「岩内町」

道内でもとくにスケトウダラが有名なのが岩内町。昭和期には「スケトウダラ王国岩内」や「岩内・全国一のスケトウダラの加工地」と評され、町のカントリーサインなどに、スケトウダラモチーフのマスコットキャラクター『たら丸』が使われているほどです。この『たら丸』、「ゆるキャラ®グランプリ」準優勝の実績があり、「岩内町=スケトウダラ」のイメージを強めるキャラクターなんだそう。

さらに、岩内にはスケトウダラの白子をかまぼこにした『たつかま(たちかま)』という名産品があります。まさに、「スケトウダラ王国」の名に恥じない、スケトウダラ推し度合いです。

スケトウダラを満喫してみたい方は、岩内町を訪れてみるといいかもしれません。

【関連記事】
岩内町まるわかり情報【観光・グルメ】

 

今回は介党鱈について紹介してきました。意外にも、身近な食品に使われていましたね。

そう思うと、たらこや明太子も今までとは見方が変わるかも?

【参考】水産林務部水産局水産経営課、北海道ぎょれん、McDonald’s Japan、岩内海産商協同組合、岩内町 観光サイト、石塚水産
スケトウダラ[介党鱈] -水産林務部水産局水産経営課-
/ 北海道のすけとうだら | 北海道の魚 | 北海道ぎょれん
フィレオフィッシュ® | メニュー情報 | McDonald’s Japan
history -岩内海産商協同組合-
たら丸 | 岩内町 観光サイト
幻の【たつかま(3個入)】-石塚水産-

【画像】keiphoto、kikisorasido、ttn3 / PIXTA(ピクスタ)

⇒こんな記事も読まれています

さすがに読めない?全問正解できたらすごい「漢字3文字」の北海道難読地名クイズ全5問

道民なら読める?噛むほど旨味があふれてくる北海道の定番おつまみ「冬葉」