ナポリ・ハンバーグ

間違いない美味しさ!北見市民に愛されてきた「老舗の絶品ランチ」3選

北見焼肉はもちろん、おしゃれなカフェも軒を連ね、北海道の人気グルメスポットのひとつとなっている北見。

そんな北見には、地元民に愛されて共に歴史を刻んできた老舗店がたくさん。今回は、北見の老舗でいただけるおすすめランチをご紹介します!

1:レストラン チロル / 北見市・山下町

北見駅から繁華街を抜けて車で5分の場所にある、レトロな雰囲気ある建物が目印の「レストラン チロル」。

創業50年以上の老舗の洋食屋さんで、地元の老若男女に愛され続けてきた名店です。

そんな「レストラン チロル」で昔から人気なのは“ポークチャップ”! 『特製ポークチャップ』と『ポークチャップ』の2種類から選べます。

驚くべきは、その豚肉の分厚さ! しかも分厚いのに簡単に切れてしまうほどやわらかく、ナイフを入れると次から次へと肉汁が溢れ出てきます。

これほどジューシーなのに、深いコクのソースが合わさることで、不思議と脂っこさを感じさせません! ライス付きのボリュームで1,300円。

まさにコスパ良し、雰囲気良しで長年地元民に愛されてきた理由がよくわかります。

<店舗情報>
■店名:レストラン チロル
■住所:北海道北見市山下町1丁目2-10
■電話番号:0157-25-2555
■営業時間:
<昼>11〜14時(L.O.13時30分)
<夜>17時30分〜21時(L.O.20時)
■定休日:月曜

【もっと詳しく】
地元の老若男女に愛されて50年以上!昔ながらの洋食屋さん「レストラン チロル」

2:ディアウェンゲン / 北見市・双葉町

北見駅から夕陽が丘通りを進んでいくと左側に見えるおしゃれな洋館風の建物「ディアウェンゲン」。1987年から30年以上、地元の人に愛されているお店です。

真っ白な壁とチャップリンが描かれた看板が目印で、夜には外灯が灯り、グッとおしゃれな雰囲気に。

そんな「ディアウェンゲン」の魅力のひとつが、メニューの種類の豊富さ。カフェメニューのほかにもフードメニューが多く、ランチタイムやディナータイムには多くの人が訪れます。

ランチタイムの『ナポリ・ハンバーグ』は、ツヤツヤのナポリタンの上に肉感がしっかりあるハンバーグがドドン!とのったボリューム満点の一品。ナポリタンのケチャップ感が絶妙で、肉汁たっぷりのハンバーグとの相性は抜群です!

<店舗情報>
■店名:ディアウェンゲン(Dear WENGEN)
■住所:北海道北見市双葉町1丁目1-6
■電話番号:0157-36-6436
■営業時間:
<火~土>10~22時30分
<日・祝>10~22時
■定休日:月曜

【もっと詳しく】
ボリューミーなランチが絶品!地元住民が愛して30年以上のおしゃれカフェ

3:クリシュナ / 北見市・大町

北見駅から網走方面へ車で3分ほどの場所にあり、黄色いトラック「クリシュナエクスプレス」がトレードマークの「インド料理レストラン クリシュナ北見本店」。

おいしい本場のインドカレーが食べられると、北見市で17年もの長い間地元民に愛されてきたカレーの名店です。

そんな「クリシュナ北見本店」に立ち寄った際にぜひとも食べて欲しいのは、冬のオホーツク海をイメージした『オホーツク流氷カリーセット』。

見た目のインパクト大の青いカレーとかわいいクリオネのナン、バトラー(インドの揚げパン)、サラダがセットになった看板メニューです。

青い見た目からはあまり想像できないですが、その口当たりはまろやか! シェフが試行錯誤してようやくたどり着いたブルーは、さまざまな天然素材やスパイスを使い、海のように奥深い味わいが楽しめますよ。

<店舗情報>
■店名:インド料理レストラン クリシュナ北見本店
■住所:北海道北見市大町15-1
■電話番号:0157-22-5078
■営業時間:11~22時
■定休日:無休

【もっと詳しく】
地元民に愛されて17年!オホーツク海を表現した「クリシュナ」のカレーがインパクト大

 

地元民から愛されてきた、北見の老舗レストランのおすすめランチをご紹介しました。

どのお店も魅力が詰まっていて、何度でも訪れたいなという気持ちになること間違いなしです。お店の歴史やお客さんからの愛を感じられるグルメスポットにぜひ足を運んでみては。

※こちら記事は北海道Likersの過去掲載記事をもとに作成しています。販売状況などは公式サイトでご確認ください。

北見ってどんなところ?
#北見グルメ #北見焼肉

⇒こんな記事も読まれています

口いっぱいにほお張りたい…!絶品の「サンドイッチ」が食べられるおしゃれカフェ6選

トレンドスイーツも!色鮮やかなメニューが揃う「夜までやってる」おしゃれカフェ