神恵内村の窓岩とジュウボウ岬

神恵内村まるわかり情報【観光・グルメ】

神恵内(かもえない)村は、北海道西部、積丹半島に位置する村です。日本海に面しており、近年はホタテやウニの養殖が盛んで、新鮮な海の幸が楽しめます。

また、積丹半島有数の秘境の地としても有名で、日本海の絶景を一望できるスポットが豊富。村全体がパワースポットと称されるほど神秘的な自然が多く残っており、のんびり過ごす観光地として最適です。

神恵内村の基本情報

所在地

後志総合振興局管内、古宇郡に属しています。

面積

147.79km2

人口

802人・462世帯*

*令和3年4月末現在

由来

アイヌ語の「カムイ・ナイ」(美しい神の沢)からきたもので、「地形がけわしく、人が近づきがたい神秘な沢」を意味しています。

引用:神恵内村の概要 / 神恵内村公式HP

神恵内村へのアクセス

<札幌からのアクセス>

・車

国道利用で約2時間15~30分です。

・バス

『北海道中央バス』で札幌~岩内まで約2時間45分、岩内~神恵内まで約1時間5分です。

<道外からのアクセス>

「新千歳空港」が最寄りです。

「新千歳空港」から車(高速道路経由)で約2時間30分です。

神恵内村の気候

年間の平均気温は9.1℃前後で、北海道のなかでは温暖な気候です。夏と冬の寒暖差も大きくありません。

<夏>

真夏の最高気温は25℃前後と、非常に冷涼です。

<冬>

真冬でも最低気温は-9.7(2020)℃と、北海道のなかではかなり暖かい傾向にあります。

神恵内村のグルメ

サケ、ウニ、ホタテの養殖が盛んで、村内の飲食店では新鮮な海の幸が楽しめます。

神恵内村の観光

竜神伝説の残る『当丸沼』を囲む『神恵内2000年の森公園』は、多くのハイキング客が訪れます。神恵内村の秘境を楽しみたいなら、『竜神岬』や『西の河原』『中の滝』などがおすすめです。そのほか、『珊内ぬくもり温泉』では日本海の夕日を眺めながらくつろげます。

イベント

・神恵内沖揚げまつり(7月)

神恵内村の周辺情報

神恵内村に隣接する自治体の情報はこちら

古平町

泊村

 

美しい自然と美味しいグルメが豊富な神恵内村。積丹半島が誇る秘境の地に、ぜひ一度訪れてみてはいかがでしょうか。

【参考】神恵内村 神恵内村商工会 神恵内 平年値(年・月ごとの値) / 気象庁

【画像】CRENTEAR、tsukat / PIXTA(ピクスタ)