TOP > 知る > 上京道産子あるある!北海道民が本州に出るとよく聞かれること3つ
北海道の自然

上京道産子あるある!北海道民が本州に出るとよく聞かれること3つ

2021.04.11

現在札幌市在住・北海道出身の筆者ですが、数年前は関東に住んでいました。

その当時、道外の方に自己紹介をするときには「道産子です」と言えば必ず会話が盛り上がるほど、北海道の話題はウケが良かったのをよく覚えています。

さらに「北海道って本当に○○なの?」と尋ねられることも日常茶飯事。今回はそんな“道産子が本州の方によく聞かれることあるある”をご紹介します。

本当にクマは出るの?

先に答えてしまいましょう。

答えは“本当に出る”です。ただ、野生のクマを実際に見た人は多くないと思います。近所の出没情報を聞いたことがある、という程度の身近さです。

具体的にいえば、札幌駅周辺はさすがに出ませんが、札幌中央区でも山がある辺りでは目撃情報があったりします。住宅地でクマが発見されてニュースになることもそんなに珍しいことではないのです。

しかし、人里にクマが出るのはかなり時期が限られます。多くが秋、冬眠に備えるために人里にやってきます。

なので、筆者はクマ出没のニュースが流れてくると恐怖とともに、もうすぐ冬がやってくるという季節の移り変わりも感じます。

しかし、山道は違いますよ! 山はクマの住処なので、いつでも出くわす可能性があります!

山道を歩く際には必ず、事前にクマの目撃情報が無いかチェックをして、クマよけの鈴を鳴らすなど対策をしっかりしてから歩きましょう! 北海道のヒグマはとっても危険です!

隣の家は何キロ離れてるの?

この質問にはよく困らされていました。

なぜなら筆者の実家は家同士が隣接しているごく普通の住宅地だったので、「お隣さんはすぐ近くだよ」という回答になります。ただ、友人に農家や酪農家もいたので、そういった人たちは家同士がかなり離れていることもあります。

でも、よくよく考えると日本全国そうですよね。北海道に限らず、住宅地と農村地域でお隣さんの距離は変わってきます。なので、この質問に関しては北海道出身だからと、すごい回答ができるわけではないですね。

すごすぎると信じてもらえない

反対に、北海道のすごいところを話したこともたくさんあります。でも、本当のことを話しているのに「そんなにすごいわけないじゃん」と信じてもらえないこともたくさんありました。

一番信じてもらえないのが、やはり“寒さ”に関することです。

「北海道ってどれくらい寒いの?」という質問もとっても多いので、「2月はマイナス10度から20度くらいの気温まで下がるよ」と答えるのですが、たいていそこまで寒いと感覚が伝わりません。

なので、具体的に「息をすると鼻毛が凍るくらい寒い」と答えると「うそだ!」と言われてしまうんですよね。でも、本当の話なんです。

呼吸をすると鼻の中が凍る感覚がしたり、まつげ・まゆ毛・髪の毛は息の蒸気で凍ったりします。今年の冬はずっとマスクをしていたので、マスクも凍ってしまいます。何枚か替えのものを持ち歩かなければいけませんでした。

雪かきをすると汗をかいて、それが氷になってしまうのもよくある話です。

 

筆者が道外で暮らしていて感じたことは、北海道に興味のある人がとっても多いということでした。たくさん北海道に関するいろんな質問をされましたから。

ぜひ、身の回りに北海道出身の方がいたら北海道の気になることを聞いてみてください! 面白い回答が聞けるかもしれませんよ。

【画像】たかきち、884、マハロ、Everything / PIXTA(ピクスタ)

⇒こんな記事も読まれています

北海道あるあるネタまとめ!本州の人が驚く北海道民の常識【日常編】

上京道産子あるある!北海道民が本州に出るとよく聞かれること3つ