TOP > 知る > 海外旅行気分を味わえる!北海道で見つけた「お城みたいな」スポット4つ
マリンパークニクス

海外旅行気分を味わえる!北海道で見つけた「お城みたいな」スポット4つ

広大な土地に豊かな自然が溢れる北海道。食や体験、さまざまな魅力がありますが、異国のお城に訪れたような気分になれるスポットもあるんです。

そこで今回は、北海道各地にある海外旅行気分を味わえるスポットをご紹介します。自然やグルメだけでない、新しい魅力を発見できるかも……!?

1:白い恋人パーク / 札幌

札幌を代表する銘菓『白い恋人』。その製造工程を見学できる施設やお菓子作り体験が楽しめるのがこちらの「白い恋人パーク」です。

「白い恋人パーク」には、お菓子作りだけでなく思わず写真におさめたくなるスポットがいっぱい! 『ショップ・ピカデリー』が入っている『チュダーハウス』には赤い絨毯が敷かれたお城のような階段があり、写真スポットとして人気です。

その他にも、バラの花が咲き誇るローズガーデンのほか、石造りの建物など、本当にお城にいるような気分を味わうことができますよ。

<施設概要>

■名称:白い恋人パーク
■住所:札幌市⻄区宮の沢2-2-11-36

2:登別マリンパークニクス / 登別

デンマークに実在するイーエスコー城をモデルにした『登別マリンパークニクス』。なんと、お城の中が丸ごと水族館!

約400種、20,000点の生き物が展示されており、さまざまな海の世界を、見て、触って、感じながら楽しめる施設です。光と音楽で演出された北海道最大級のクラゲ水槽では、神秘的な雰囲気を味わうことができますよ。

<施設概要>

■名称:登別マリンパークニクス
■住所:登別市登別東町1丁目22

3:道の駅サンフラワー北竜 / 北竜

豊かな大自然に包まれて、心も身体もリラックスできる『道の駅サンフラワー北竜』。温泉保養センターと物産販売、宿泊研修施設を兼ねた施設です。

道の駅とは思えない外観に思わずテンションが上がってしまいますね!

この施設の目玉は“ひまわり”! 季節には駅の裏手に一面のひまわり畑が見えるほか、ひまわりグッズの販売やひまわり湯、ひまわりアイスなど、さまざまな“ひまわり”を満喫することができます。

<施設概要>

■名称:サンフラワー北竜
■住所:雨竜郡北竜町字板谷163番地2(国道275号沿い)

4:旧函館区公会堂 / 函館

明治43年に建てられた、洋風建築の代表的建物『旧函館区公会堂』はブルーとイエローの華やかな建造物。昭和49年には国の重要文化財に指定もされている、函館の貴重な財産のひとつです。

皇族が実際に利用したこともある貴賓室は、外国製の壁紙やシャンデリア、暖炉も! 内装の高貴な色遣いに思わず目を奪われてしまいます。

2021年4月頃*までは保存修理工事中ですので、中には入れませんが、インパクトのある外観は見ることができますよ。

*2021年2月17日時点

<施設概要>

■名称:旧函館区公会堂
■住所:函館市元町11-13

 

北海道の広大な土地に建てられたお城のような建物。異国を旅している感覚に浸ることができそうですね!

海外旅行をするのが難しい今だからこそ、いつもとひと味違う北海道を楽しんでみてはいかが?

【参考】
白い恋人パーク / 札幌観光協会
ニクス城 / 登別マリンパークニクス
サンフラワー北竜 / 北の道の駅
旧函館区公会堂 / 函館市公式観光情報

【画像】
kazukiatuko、はっさく、makkuro-kurosuke、小野真志、muhi / PIXTA(ピクスタ)

⇒こんな記事も読まれています

日本で最も美しい通学路。現役生が撮りためた「北海道大学の四季」

幻想的な雪と氷の世界!非日常を体験できる北海道のおすすめスポット3つ