TOP > 食べる > 北海道、室蘭市の特産品を好きなだけ!「うずらカフェ」が東京でオープン
うずらのプリン

北海道、室蘭市の特産品を好きなだけ!「うずらカフェ」が東京でオープン

2020.11.20

都内在住の北海道ラバーに嬉しいニュース。東京都世田谷区駒沢に『うずらカフェ』がオープン。北海道産のうずらのプリンやアイスなど、うずらの卵を使用したスイーツを中心に楽しむことができます。

昼はスイーツ、夜はお酒を楽しめるバルに

テイクアウトの一番人気は北海道室蘭市で作られた『うずらのプリン』。室蘭市名産のうずらの卵は、うこっけいの卵よりも各種ビタミンが豊富。うずらのような小鳥は早く成鳥になる必要があるため、卵内にビタミン群を多く蓄えているのだそう!

プリンの種類はプレーンだけでなく、いちごやパンプキンなどがあります。

また、うずらの卵を使用した『うずらんアイス』も大人気。牧場で朝採れた新鮮な牛乳を使用しており、一口食べると芳醇な味わいが口の中に広がっていきます。

17時以降は、『うずらバル』としても営業。北海道産のクラフトビール『NORTH ISLAND』やワイン、クラフトジンを飲みながら北海道産のローストポーク、チーズ、うずらの卵の燻製などの料理を楽しめます。

室蘭市のソウルフード「室蘭やきとり」って知ってる?

スイーツだけでなく、ご飯も絶品です。カフェの看板メニューは『うずらの卵かけご飯』。こちらもご飯と卵という組み合わせだけでなく、おかかやクリームチーズ、『室蘭やきとり』などさまざまコンビネーションを楽しむことができます。

室蘭市の名物『室蘭やきとり』は一般的に鶏肉ではなく豚肉を使用しています。あまじょっぱい、やきとりのたれはうずらの卵かけご飯にぴったりです! 一度味わってみては?

<メニュー(一例)>

・うずらのプリン 480円

・うずらんアイス 330円

・うずらんかすていら(キューブ) 340円

・うずらのTKG(たまごかけごはん) 300円

・粗挽きハンバーグ うずらの目玉焼きのせ 670円

・北海道産熟成豚背ロース 1,500円

・北海道産クラフトビール(ビールの種類や醸造所などは週替り) 880円~

・北海道産クラフトジンのジントニック 1,000円

※価格はすべて税込み

 

スタッフには室蘭市出身の方もいらっしゃるので、室蘭市のお話も聞いてみましょう! 北海道、室蘭市ならではの特産品をぜひ『うずらカフェ』で。

<店舗情報>

■店舗名:うずらカフェ
■所在地:東京都世田谷区駒沢1-4-11
■URL:http://www.glgr.co.jp/uzura_menu.html
■営業時間:11:00~23:00(ラストオーダー 22:30)
■定休日:水曜日

【参考】北海道産の食材にこだわった「うずらカフェ」を 東京・駒沢にオープン! 17時以降はお酒を楽しめる「うずらバル」として営業 / 合同会社グローバルグロサリー