TOP > 食べる > 厳寒の地が生んだ激ウマ豚丼!弟子屈「くまうし」の豚丼をご自宅で
くまうし

厳寒の地が生んだ激ウマ豚丼!弟子屈「くまうし」の豚丼をご自宅で

北海道で忘れてはならないグルメのひとつが“豚丼”。豚丼と聞くと帯広をイメージする方も多いかもしれませんが、弟子屈の豚丼も絶品なんです!

本格的な豚丼がお家で楽しめる、『くまうし』のお取り寄せ豚丼をご紹介します。

全国丼グランプリ金賞受賞の味をご自宅で

くまうし

くまうし

『くまうし』は弟子屈に本店を構える豚丼と摩周そばのお店。店名の由来となっている「クマウシ」はアイヌ語で“鮭の干場”という意味。

弟子屈を流れる釧路川では多くの鮭が獲れ、アイヌの人々はそれを干して通年食べていたとか。段々とそこは鮭を干すだけでなく、山や海の幸、衣装飾りなどを鮭と交換する「人々の交流の場」として栄えていったそうです。

そんな風に多くの人々が集う場所にしたいという想いを込められた『くまうし』では、使う食材は可能な限り弟子屈周辺のものを厳選して使用。厳寒の地が育んだ味は、長らく地元の人に愛されています。

家庭用豚丼ロース3人前

くまうし

くまうし

美味しい北海道産豚を素朴な調理法で焼き上げ、肉のうまみを引き出すよう調合された醤油味の伝承タレ絡めた『くまうし』自慢の豚丼。『第5回全国丼グランプリ(2018年)』では、金賞を受賞したそう。

家庭用豚丼バラ3人前

くまうし

くまうし

5時間の低温調理を施され、香ばしく焼かれて脂がとろける豚肉に甘辛醤油ダレが絡まり得も言えぬ美味しさです。ロースとバラの2種類を販売しており、赤身肉に程よく脂が乗り肉の旨味を感じられるロースか、とろける食感で脂の甘さを存分に味わえるバラか……これはどちらも食べたい!悩んでしまいますね。

山わさびが付いてくるので、爽やかな辛みを添えてお楽しみください! それにしても、どうして肉と山わさびってあんなに合うんでしょう。

お湯で4分温めるだけで簡単に楽しめる手軽さもうれしいですね。

お店からのメッセージ

北海道旅行でこちらに来れない人は是非この商品で気分だけでも味わってください。北海道といえば寿司、ジンギスカン、そして豚丼がソウルフードです。本場北海道の豚丼は『くまうし』の豚丼です。ご賞味を!

<商品情報>
■商品名:家庭用豚丼ロース / バラ 3人前
■価格:1,512円 / 1,404円(税込)※送料別

<店舗情報>
■店舗名:くまうし 弟子屈本店
■住所:北海道川上郡弟子屈町鈴蘭1丁目8-6
■電話番号:015-482-2688
■HP:https://kumaushi.jp/
■オンラインストア:https://kumaushi001.stores.jp/
■販売方法:オンラインストアより注文可能