cafe 津別珈琲

どこか懐かしい!レトロな雰囲気をのんびりと味わえる北海道各地のカフェ・喫茶11選

どこか懐かしさを感じるレトロな雰囲気のお店。居心地のよさに思わず、時間を忘れてくつろいでしまう……ということも。

たまには、どこか懐かしくなる落ち着いた空間でゆっくりと自分の時間を楽しんでみるのはいかがでしょうか。今回は、今まで『北海道Likers』でご紹介した北海道各地のカフェ・喫茶の中から、レトロな雰囲気を味わえるお店を厳選してご紹介します!

1:固めのプリンが看板メニュー!シックなカフェ「Cafuné(カフネ)」 / 札幌市豊平区

地下鉄東豊線・学園前駅、南北線・中島公園駅から徒歩10分ほどの場所にある「Cafuné(カフネ)」。黒を基調としたシックな雰囲気が落ち着くカフェです。

お店の看板メニューは、『地蔵プリン』。しっかりとした少し固めの食感に甘みのあるカラメルソースがおいしい「Cafuné」のプリンは、自慢の一品です。プリンの横には少し苦みのあるコーヒーミルクゼリーが添えられており、一皿で大満足のボリュームですよ。

スイーツメニューは、焼き菓子や『珈琲ゼリー』などのほか、季節限定で登場するものもあります。おいしいコーヒーと一緒に、いろいろなスイーツを試してみてはいかがでしょうか?

<店舗情報>
■店舗名:Cafuné
■住所:北海道札幌市豊平区水車町2-3-25 メープル・リバービュー1F

もっと詳しく
「Cafuné」に関する詳しい情報はこちら

2:明治時代にタイムスリップ!ノスタルジーカフェ「和洋折衷喫茶 ナガヤマレスト」 / 札幌市中央区

⁡札幌中心部の大型施設「サッポロファクトリーアトリウム」に隣接する「永山記念公園」。その敷地内で営業する「和洋折衷喫茶 ナガヤマレスト」はまるで明治時代にタイムスリップしたかのような歴史を感じる建物が印象的なカフェです。

有形文化財として大切にされている旧永山邸は、現代までの歴史が詰まった趣の深い建築物。そんな貴重な場所で、かわいらしいスイーツを楽しめる「和洋折衷喫茶 ナガヤマレスト」は、開業当初から非常に人気の高いお店なのです。

和洋折衷をテーマにしたお店の内装は上品で落ち着いた雰囲気が特徴です。1階には北海道開拓史に関する展示物もあるので、待ち時間も飽きることなく過ごせますよ!

お店でとくに人気なのは、十勝新得町「北広牧場」のソフトクリームを使用したパフェ。カラフルな色合いと、きれいに盛り付けられたソフトクリームやトッピングがとてもかわいらしいですよね! SNSでは写真映えすると話題になっていました。

スイーツのほかにも、お食事メニューも充実しています。シーンに合わせていろいろな楽しみ方ができるカフェですよ。

⁡<店舗情報>
■店舗名:和洋折衷喫茶 ナガヤマレスト(旧三菱鉱業寮1階)⁡※入館料無料
■住所:北海道札幌市中央区北2条東6丁目2番地

もっと詳しく
「和洋折衷喫茶 ナガヤマレスト」に関する詳しい情報はこちら

3:お目当てはプリンパフェ!大正ロマンを感じる「アイスクリームパーラー美園」 / 小樽市稲穂

小樽駅から徒歩5分ほどの場所にある「アイスクリームパーラー美園」。入口にはのぼりやソフトクリームのオブジェが置かれ、外観だけでも昔の喫茶店の雰囲気を感じるお店です。

店内に入ると、レトロな家具や置物の数々……。まるで時が止まっているかのような、大正ロマンを感じられる内装です。

「アイスクリームパーラー美園」のソフトクリームは大正時代から引き継がれる、伝統の製法で仕上げたこだわりの味わい。そんなソフトクリームを使用した『プリンパフェ』は、お店の一番人気なのだそう! 数量限定で、販売している時間帯も決まっていないため、事前に「今日はプリンパフェありますか?」と電話で確認することをおすすめしています。

固めで弾力のあるプリンと、すっきりさわやかなソフトクリームの相性は抜群。シンプルに飾られたフルーツが、古きよき喫茶店の雰囲気を醸し出しています。

<店舗情報>
■店舗名:アイスクリームパーラー美園
■住所:北海道小樽市稲穂2丁目12-15

もっと詳しく
「アイスクリームパーラー美園」に関する詳しい情報はこちら

4:懐かしさたっぷりのノスタルジックカフェ「ヒゲとハナウタ」 / 中標津町東35条

中標津空港から車で10分ほどの場所にある「ヒゲとハナウタ」。ノスタルジックな佇まいの店内では、レトロ感あふれる食器なども販売しています。

照明やイス、テーブルなどひとつひとつにこだわりが感じられ、どこを眺めてみても楽しい店内。振り子時計の鐘の音が響く店内は時間がゆっくりと流れ、時を忘れて癒されてしまいます。

そんな「ヒゲとハナウタ」のおすすめメニューはぷるぷるのオムレツがのった『オムライス』。チキンライスのうえには、自家製トマトソース、半熟とろとろのオムレツがのっています。

お食事を楽しんだあとはコーヒーを飲みながらゆっくりと過ごすのもおすすめ。定期的に新しくなるスイーツメニューからも目が離せませんよ。素敵なカフェタイムを過ごしてみてくださいね。

<店舗情報>
■店舗名:ヒゲとハナウタ
■住所:北海道標津郡中標津町東36条北1丁目12番地1

もっと詳しく
「ヒゲとハナウタ」に関する詳しい情報はこちら

5:一度じゃ足りない!雑貨がたくさん並んでいるカフェ「山本商店 cafe&zakka」 / 北見市春光町

北見市春光町の住宅の並びに1軒だけ店舗名が書かれているのが、「山本商店 cafe&zakka」。一般家庭と同じ玄関なので、思わず「お邪魔します」といいたくなってしまうようなアットホームさです。

店内に入るとカラフルでかわいらしい雑貨がずらりと並んでいます。1階は雑貨とカフェスペース、2階も手前はカフェスペース、奥には雑貨スペースと、取り扱うレトロ雑貨の量の多さに驚いてしまいますよ。

種類が揃っているうえ、新しく入荷したものもあるので、何度訪れても楽しく雑貨を見られるのも魅力のひとつ。ここにしかない一点ものに次々と出会えるのです。

そんな「山本商店 cafe&zakka」のおすすめスイーツは『カスタードプリン』(写真左)。固さのちょうどいいプリンはぜひ一度は食べていただきたい逸品です。

お得なセットメニューにできたり、週替わりで新しいスイーツが出たりと、楽しみ方もたくさんの「山本商店 cafe&zakka」。かわいらしい雑貨と一緒に、ゆっくりとカフェを満喫してみてくださいね。

<店舗情報>
■店舗名:山本商店 cafe&zakka
■住所:北海道北見市春光町7丁目1-12

もっと詳しく
「山本商店 cafe&zakka」に関する詳しい情報はこちら

6:お花が咲いているパフェ?私設庭園のなかにある「遊牧民族」 / 北見市花月町

北見駅から車で5分。私設庭園のなかにある「遊牧民族」はちょっと珍しい、お花が咲いているかのようなパフェを提供している古民家カフェです。

白壁に瓦屋根という風貌が庭園と見事にマッチしたお店の外観。入口にはレトロなオブジェが並べられ、店内はどこか懐かしさを感じる落ち着いた空間が広がります。

そんな「遊牧民族」が提供する『温州みかんの焦がしカスタードパフェ』は、なんと見た目もそのままお花のようなパフェ! テーブルに置かれるとパッと華やぐパフェのうえに咲いたカシスシャーベットの一輪花。そしてグラス内には、お花に見立てた温州みかんがまるごと1個分入っているんですよ。色のコントラストもとってもおしゃれですよね。

パフェの表面はクリームブリュレのようにアメ状になっており、割ると中から濃厚なクリームが……。食べ進めるほどにおいしい、かわいさ満点のパフェを癒しの古民家カフェで楽しんでみてくださいね。

<店舗情報>
■店舗名:遊牧民族
■住所:北海道北見市花月町6-3

もっと詳しく
「遊牧民族」に関する詳しい情報はこちら

7:オホーツク海を望む駅舎カフェ!「食事&喫茶トロッコ」 / 網走市字藻琴

網走市にある釧網線・藻琴駅構内の喫茶店「食事&喫茶トロッコ」。ここでは大正時代開業の駅舎を利用したノスタルジックな雰囲気のなかでおいしいカフェメニューを楽しめます。

藻琴駅は、まさに「レトロ」という言葉が似合う現役の駅舎であり、その佇まいからは大正、昭和の面影を感じずにはいられません。目の前に広がるオホーツク海と相まって懐かしく、癒される風情あふれるスポットなのです。

そんな藻琴駅の駅員室を改装して営業している「食事&喫茶トロッコ」では、当時の雰囲気を感じながらお食事を楽しむことが可能。ランチメニューからカフェメニューまで充実しており、ボリュームも満点で満足すること間違いなしですよ。

ちなみに机に敷き詰められているのは名刺。お店を訪れた方が記念にと置いていくのが名物となっているんだとか。

タイムスリップしたかのような昔ながらの空間で、のんびり過ごしてみてはいかがでしょうか。

<店舗情報>
■店舗名:食事&喫茶トロッコ
■住所:北海道網走市字藻琴 JR釧網本線 藻琴駅構内

もっと詳しく
「食事&喫茶トロッコ」に関する詳しい情報はこちら

8:ずっとここにいたい…リノベカフェ「cafe 津別珈琲」 / 津別町幸町

JR石北本線・美幌駅から車で約20分の場所にある、ひと際レトロ感がただよう建物。“新山機械店”と書かれていますが、こちらが「cafe 津別珈琲」です。

お店の中央には薪ストーブがあり、インテリアや装飾はどこを見てもうっとりしてしまう素敵さ。なんと店主さんが築53年の建物をセルフリノベーションして作られたお店なんですよ。

落ち着いた空間のなかで味わうコーヒーは絶品……! 自家焙煎した挽きたてのコーヒー豆をていねいにハンドドリップで淹れてくれるので、コーヒー好きにはたまらないおいしさです。

また、日替わりのスイーツも楽しみのひとつ。コーヒーと一緒に本格的なデザートを楽しむのも非常におすすめです。

<店舗情報>
■店舗名:cafe 津別珈琲
■住所:北海道網走郡津別町幸町11

もっと詳しく
「cafe 津別珈琲」に関する詳しい情報はこちら

9:ハンバーグが絶品すぎる!レトロ空間で純喫茶を楽しむ「明治パーラー」 / 函館市本通

有名な観光地・五稜郭から車で10分ほどの閑静な住宅街にある、歴史のあるお店「明治パーラー」。カフェとはまた違う、純喫茶のよさがたっぷりと詰まったお店です。

店内に入ると、やさしく出迎えてくれる店主さんと各々の時間を楽しんでいる地元の人の姿が見えます。「明治パーラー」は地元の人たちの憩いの場となっており、函館らしさを感じられる素敵な純喫茶ですよ。

メニューでとくに気になるのが、ハンバーグ。喫茶店のクオリティーをはるかに超える肉々しさとソースの濃厚さを誇るハンバーグは、そのおいしさが話題になるほど……! 一度は食べてみてほしい自慢のメニューです。

ほかにも、種類豊富でリーズナブルなパフェなど、「明治パーラー」には人気のメニューがたくさん。函館を訪れた際には、ぜひ立ち寄ってみてくださいね。

<店舗情報>
■店舗名:明治パーラー
■住所:北海道函館市本通2丁目29−1

もっと詳しく
「明治」に関する詳しい情報はこちら

10:函館で愛されて30年!店主のトリコになってしまう「コーヒーショップ・トレール」 / 函館市本町

函館市本町にある老舗中の老舗「コーヒーショップ・トレール」。観光地とはまた違った、喫茶店ならではの落ち着いた空間が心地よいカフェです。

路面電車・五稜郭公園前から徒歩3分というアクセスのよさも嬉しいポイント。ひとりでも複数でも立ち寄りやすい喫茶店で、店内には思い思いに自分の時間を楽しむ人や、コーヒーを味わう人の姿がありますよ。

「コーヒーショップ・トレール」といえば、店主さんの人柄のよさもファンを集める理由のひとつ。はじめてのお客さんにも常連さんと同じような接客をしてくれ、時には人生相談までも……。

ドリンクの種類も多く、食後のデザートもあるので何時間でもいたくなってしまうような喫茶店で、ゆっくりと自分の時間を楽しんでみるのはいかがでしょうか。一度訪れれば、トリコになること間違いなしですよ。

<店舗情報>
■店舗名:コーヒーショップ・トレール
■住所:北海道函館市本町4−10

もっと詳しく
「コーヒーショップ・トレール」に関する詳しい情報はこちら

11:明治45年築造!居心地が最高なリノベカフェ「cafe&dining LITT(カフェ&ダイニング リット)」 / 函館市大手町

函館駅前から続く路面電車が走る大通りから一本通りに入ると見えてくる、白い立派な外観の土蔵。明治45年築造の土蔵をリノベーションしたカフェ「cafe&dining LITT」です。

歴史と現代がマッチするおしゃれな外装が印象的なこちらのお店。店内に入るとドライフラワーやウッド調のインテリアなど、こだわりが詰まった素敵な空間が広がります。

「cafe&dining LITT」の特徴はメニューが豊富なこと。スープ、サラダ、ドリンクがセットになったお得な『週替わりのランチ』はとくにおすすめです。デザートやドリンクもバラエティ豊かにそろえられていますよ。

座席数も多く、落ち着いた雰囲気なので、さまざまなシーンに利用しやすい「cafe&dining LITT」。ついつい長居したくなってしまう居心地のよさです。

<店舗情報>
■店舗名:cafe & dining LITT
■住所:北海道函館市大手町3-8

もっと詳しく
「cafe & dining LITT」に関する詳しい情報はこちら

 

時間を忘れて、ゆっくりと過ごせるレトロな空間。そんなカフェや喫茶店で、癒しの時間を楽しんでみてはいかがでしょうか?

【画像】旧永山武四郎邸及び旧三菱鉱業寮、@hakodate_pan – Instagram

※こちらの記事は北海道Likersの過去掲載記事をもとに作成しています。メニューや営業時間はお店の公式SNS等でご確認ください。

⇒こんな記事も読まれています
札幌在住ライターが厳選!一度は行きたいカフェ25選

【チーズケーキ特集】人気お取り寄せ&カフェまとめ