海鮮丼

もりもりの海鮮丼がこの値段!? 道南で立ち寄りたい「コスパ最強」の人気店5つ

「おいしい海鮮料理を食べたい!」と思ったときにみなさんが足を運ぶのはどのお店ですか? 北海道には新鮮な海の幸を味わえるお店がたくさん。

道南エリアは函館朝市をはじめ、うにやイクラなどの海鮮が手頃な価格でいただけるとあって、たいへん人気です。今回は、コスパが良すぎて大人気の海鮮丼のお店をご紹介します。

1:どんぶり屋 甲 / 七飯町

函館と札幌を結ぶ国道5号線沿いにある七飯町の「道の駅なないろ・ななえ」内に2021年4月にオープンした海鮮丼の食べられるお店、「どんぶり屋 甲」さん。函館駅からは車で40分ほどです。

今回ご紹介するのは、お店の看板メニューの『海鮮 甲』。1日10食限定です。

ご覧のとおり、丼からネタがはみ出す迫力満点のビジュアル。マグロをベースに、サーモン、エビが隙間なく敷き詰められています。さらにその日仕入れたおすすめの海鮮がプラスされることも。

これにお味噌汁と小鉢がついてたったの1,000円。驚きのコスパの高さです。

<店舗情報>
■店舗名:どんぶり屋 甲
■住所:北海道亀田郡七飯町峠下380‐2 「道の駅なないろ・ななえ」内
■電話番号:080‐4519‐7931
■営業時間:9~18時(現在は17時まで。2021年9月現在)
■定休日:なし
■Instagram:@kou_kou041

【もっと詳しく】
七飯町「どんぶり屋 甲」の詳細はこちら

2:うみかぜ食堂 / 松前町

国道228号の海岸線沿いにある「道の駅 北前船 松前」に併設されている「うみかぜ食堂」さん。

写真は、夏期の週末限定で開催される「うにフェア」で提供される数量限定の『松前産生うに丼』。松前町・前浜で獲れたばかりの新鮮なキタムラサキウニを贅沢に使っており、うにの甘みや濃厚な味わいを楽しめます。

うに丼にお味噌汁・小鉢がついて2,800円(税込)という価格設定も嬉しいですね!

<店舗情報>
■店舗名:うみかぜ食堂
■住所:北海道松前郡松前町字唐津379番地 「道の駅 北前船 松前」併設
■電話番号:0139‐46‐2211(道の駅 北前船 松前)
■営業時間:9~17時(うみかぜ食堂 11~15時)
■定休日:年中無休(12月30日~1月2日は除く)
■Twitter:@kitamaematumae
■HP:http://michinoeki-matsumae.jp

【もっと詳しく】
松前町「うみかぜ食堂」の詳細はこちら

3:居酒屋 HAKOYA / 函館市

函館の観光名所である「五稜郭タワー」から徒歩1分の場所に構える「居酒屋 HAKOYA」さん。

お昼の営業開始後すぐに行列が出来てしまうほどの人気店である「居酒屋 HAKOYA」さんの特徴といえば、なんといってもランチタイムに提供しているリーズナブルな価格の海鮮丼。日替わりの海鮮丼の価格はなんと600円(税込)~! 店主さんが鮮魚店を営むからこその価格設定です。

写真は『中トロとびっこいくらかけ彩コロ丼』。サイコロ状にカットされた中トロやサーモンに加え、海老がご飯の上に敷き詰められており、その上にはとびっことイクラがたっぷり。

ネタが豪快にのった華やかな海鮮丼ですが、価格はなんと750円(税込)。

<店舗情報>
■店舗名:居酒屋 HAKOYA
■住所:函館市五稜郭町30‐10
■電話番号:050‐5485‐5608
■営業時間:11~14時、18~23時
■定休日:日曜
■HP:https://h912102.gorp.jp/

【もっと詳しく】
函館市「居酒屋 HAKOYA」の詳細はこちら

函館ってどんなところ?
#函館グルメ #函館カフェ #函館観光

4:民宿 ムラカミヤ / 知内町

美味しいうに丼が食べられることで大人気のお店、知内(しりうち)町にある「民宿 ムラカミヤ」さん。

知内町は函館市内からは車で1時間ほどの距離にある町で、「民宿 ムラカミヤ」さんは知内町中心地から車で約10分の小谷石地区にあります。

写真は知内産のうにを使った『生うに丼』3,500円(税込)。

ご飯とのペース配分を気にせず食べられるようにと、無添加の知内産うにを100gのせた贅沢な一品。ハーフサイズは2,500円(税込)です。

ほかにも仕入れによっては、近海で獲れたマグロを贅沢に使用した『生本鮪丼』がメニューに入ることもあります。

<店舗情報>
■店舗名:民宿 ムラカミヤ
■住所:北海道上磯郡知内町宇小谷石175
■電話番号:01392‐6‐7288
■営業時間:11~14時(4〜9月)
■定休日:不定休
■Instagram:@murakamiya_hokkaido
■HP:https://murakamiya26.wixsite.com/toppage

【もっと詳しく】
知内町「民宿 ムラカミヤ」の詳細はこちら

5:寿し処 かきた / 八雲町

八雲町・熊石地域(旧熊石町)にお店を構える「寿し処 かきた」さん。函館駅からは車で約2時間、最寄りの駅である八雲駅からは約40分のところにあります。

今回ご紹介するのは、『熊石どか盛り海鮮丼』。熊石地域名物のあわびがのった豪華すぎる海鮮丼。あわびだけでなく、海老やサーモン、マグロなど新鮮なネタが丼を埋め尽くします。海鮮丼の隣には、手巻き寿司用のシャリが2貫と豪華なネタの数々が鎮座。うにやイクラ、カニを豪快に使った贅沢な手巻き寿司を堪能できます。

こちらに小鉢、汁物、デザートがついて2,900円(税込)という価格には驚愕です。

<店舗情報>
■店舗名:寿し処 かきた
■住所:北海道二海群八雲町熊石雲石町52‐1
■電話番号:01398‐2‐3148
■営業時間:11~21時(ランチタイム 平日11~14時)
■定休日:不定休
■Instagram:@sushi.kakita
■HP:https://sushi-kakita.com/

【もっと詳しく】
八雲町「寿し処 かきた」の詳細はこちら

 

地元や近郊で獲れた食材を使用した海鮮丼はどれも新鮮でおいしさは折り紙付き。コスパ最強の人気店にぜひ足を運んでみてください。

【画像】民宿 ムラカミヤ

※こちらの記事は北海道Likersの過去掲載記事をもとに作成しています。メニューや営業時間はお店の公式SNS等でご確認ください。

⇒こんな記事も読まれています

わざわざ行く価値あり!地元の食通がおすすめする「週末限定の海鮮丼」(松前町)

こんなの見たことない!写真映え抜群のおしゃれな海鮮丼パフェって…