焼そばやきっぺ

やき弁だけじゃない!地元民が愛する北海道限定袋めん「やきっぺ」はクセになる味

2021.07.27

北海道にはご当地グルメがたくさん。インスタント麺でいえば『やきそば弁当』や『ホンコンやきそば』が定番ですが、ほかにも知られざるおいしいインスタント麺があるんですよ。

そこで今回は、北海道限定販売のインスタント焼きそばのひとつ、『焼そばやきっぺ』をご紹介します!

東洋水産の「焼そばやきっぺ」

『焼そばやきっぺ』は、『やきそば弁当』で有名な東洋水産の商品。袋めんタイプのインスタント焼きそばです。

『やきそば弁当』はテレビCMも流れており、認知度の高い商品で、北海道土産として道外の人が購入することもあります。一方、『やきっぺ』は地元民が知っているレアな商品といえるでしょう。

パッケージには「北海道限定」と書かれており、北海道工場で作られていることがわかります。スーパーでは5個入りパックで販売されていました。

今回、実際に作って食べてみました!

「焼そばやきっぺ」を作って食べてみた

5個入りパックでも1食ずつ個包装になっています。保存しやすくありがたいですね。

袋を開封した中身はこちら。

乾麺とソース、あおさと紅生姜のふりかけがセットになっています。

作り方はとても簡単。分量のお湯をフライパンで沸かし、乾麺を入れます。

時間になったら裏返し、麺をほぐしていきます。

水気がなくなったら、ソースを加えます。ソースを入れると、湯気と一緒に甘辛いソースのいい香りがぶわっと広がります。

ああ、もうおいしい! お腹が空いてきました。

ムラがないようしっかりと混ぜて、器に盛り付けます。最後にあおさと紅生姜のふりかけをまぶしたら完成です。

香ばしいソースに、あおさと紅生姜が加わることで、また違った香りに変化します。食べる前から、すでにおいしい予感。

それでは、いただきます!

甘辛いソースが口いっぱいに広がり、一口目からおいしい! パンチがありながらも、あおさと紅生姜の和の風味をほんのりと感じるので、ジャンクすぎない品のいい味です。麺は細いですが弾力があるので、食べごたえもあります。腹持ちも良さそうです。これをお腹いっぱい食べられるのは幸せすぎますね。

道産子流アレンジも楽しめる

「焼そばやきっぺ」は麺だけのシンプルな焼きそばなので、いろんなアレンジを楽しめます。たとえば野菜やウィンナーを入れて屋台の焼きそば風に。目玉焼きをのせて贅沢に。卵でくるんでオム焼きそばに。パンに挟んで焼きそばパンに。

筆者は食べている途中で、七味唐辛子とマヨネーズを足し、味を変化させました。即席のアイディアでしたが、激ウマでした。

 

一度食べたらやみつき、また食べたくなるインスタント焼きそば。道内の方はぜひ地元のスーパーで、道外の方は北海道のスーパーに立ち寄って、買って食べてみてはいかがでしょうか。

【参考】焼そばやきっぺ / 東洋水産

⇒こんな記事も読まれています

北海道あるあるネタ!本州の人が驚くローカルフード9選【食べ物編】

全部知ってる?ほぼ北海道にしか売ってない「ご当地インスタント麺」4つ